信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

2009年07月

富士見町の夏祭り、富士見OKKOH (オッコー)祭り

7月25日は、富士見町の夏祭り、富士見OKKOH (オッコー)祭りが開催されました。

このお祭りは町の商工会議所が企画した町の夏祭りで、子どもからお年寄りまで多くの人が足を運びます。昼間は特設ステージで子どもや色々なグループがダンスや演奏を披露したりし、夕方からは踊り連として、職場や地域のグループが数多く参加します。

"オッコー" は、富士見の方言で、「仰々しい」とか、「大変にぎやかだ」とか、そういう意味なのです。子どもの頃、おじいちゃんおばあちゃん世代が使っていたのをよく耳にしましたが、最近は耳にしませんね。東京から引っ越してきて2ヶ月の間、そういえば、まだ聞いたことないです...(^_^;)

富士見OKKOH (オッコー)祭り














我が家も子ども2人が甚平さんに着替え、昼間のお祭りに足を運びました。

"こんなに富士見町には人がいるの…?" というぐらい、普段の生活の中では見かけないほど多くの人がいてビックリでした。

上の子も、アンパンマンのお面に大喜び♪
 ビール片手に、富士見に引っ越してきて初めてのお祭りを楽しみました♪富士見OKKOH (オッコー)祭り


他の方も、富士見OKKOH のことをブログに掲載しています♪

朝の虹に、子どもは興味津々。

7月10日のことですが、朝7時30分ぐらいに虹が現れました!
高台にある自宅からちょうどきれいに虹が見え、思わずカメラで撮影です。
何年ぶりに、こんなしっかりとした虹を見たんだろう…。

0歳と1歳の子どもも、空にかかる虹に興味津々。
子どもを両脇に抱えてしばし一緒に眺め、
これは虹だよ、とお話しすると、上の子は「にじ、にじ」といいながら指を差していました。

朝ごはんを食べる頃には見えなくなってしまい、上の子は「みえないねえ、みえないねえ」ととっても残念そう…。

また現れてくれるのでしょうか…?

富士見町の虹

ここは標高約1,000mの信州・富士見高原。

東京でお世話になった多くの方々に「元気です!」をお伝えしたくて、また、このブログで、この場所の魅力を少しでもお伝えできたらと思ってブログ立ち上げることにしました。
書きたいネタは山のようにありますが、あせらずにのんびりと、「時々更新」で行こうと思います。時々でかまいまんせので覗いてみてください。


■ここは標高約1,000m。

ここは長野県の富士見町という標高約1000mのところです。 名前の通り、晴れた日には富士山が遠くに見え(今はなかなか見えませんが)、富士見パノラマスキー場と八ヶ岳が目の前にあります。東京に比べると圧倒的に寒いですが、今の季節、晴れた日はとても気持ちがいいです。

信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住(Uターン)しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作
QRコード
QRコード