信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

2009年12月

東京から信州へ移り住んだ、今年2009年。

朝日のパノラマスキー場
我が家の目の前に見える富士見パノラマスキー場。朝日が出る直前、山の頂上だけが赤く朝日に照らされて、とてもきれいです。(スキー場も、近頃の寒さで全面滑走可能になり賑わっています。)この景色を見ると子が、夜明け前の富士山と合わせて、朝起きる際の楽しみの一つです。

# もちろん寒いですが、なぜかちゃんと起きられてしまいます。
# 東京にいた時は朝、全然起きられなかったのに…(^_^;)

いただいた門松先日、親戚のおじさんから門松をいただきました。写真を見ていただければお分かりいただけるかと思いますが、とてもとても立派な門松です!!






いただいた門松この大きさの門松を購入したら何万円するんだろう…?というぐらいの立派な門松、実はなんと!親戚のおじさんの手作りなんです。
ワラを束ねて、紐でひとつひとつ丁寧に編み込んであって、その模様がとても美しいです。
忙しい中、我が家のために作っていただきました。本当に感謝感謝です。この立派な門松に負けないように、来年2010年も頑張らないといけないですね!

# 東京にいた時は、さすがに門松を飾るスペースがありません
# でした。こんなに大きな門松を飾ることができるのも、田舎
# に引っ越してきたからですね。そういえば我が家のクリスマ
# スツリーも、180cm の大きなものを飾りました。もちろん、
# 子どもも大喜びでした!

さてさて、今年2009年は、家族で東京から信州・富士見高原に思い切って引っ越しました。不安なこと心配なことを色々考えたらきりがありませんでしたが、我が家族にとってはそっちの方がより幸せな暮らしができるだろうなぁ…という家族での決断です。そして半年あまりこちらで暮らしてみて、やっぱりこっちに来てよかった!というのが感想です。そうやって思えるのも、東京でお世話になった方々が応援してくださったり、こちらの方々が大変よくしてくださるおかげで、本当に感謝です。

来年2010年はあれもやろう!これもやろう!と、今からワクワクが募るばかりです。もちろん、お父さんは頑張って稼がないといけませんが(^_^;)、引き続きこのブログで、家族の元気な姿をお伝えできればいいかなぁと思っています。のんびり更新のブログですが、お暇な時にぜひお立ち寄りください。

# 仕事のことは訳あって書きませんでしたが、
# 来年は別なブログで書く予定…。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さん、よい年をお迎えください。

標高2240mの空中散歩。 ピラタス蓼科ロープウェイ

ピラタス蓼科ロープウエイ

本格的な冬が始まって、ここに書きたいこともたくさんあるのですが、のんびりということでご容赦ください。

12月上旬に、家族でに行ってきました。ここは標高2240mまでロープウェイゴンドラで行くことででき、夏場は観光・登山・トレッキングで賑わいます。冬場も冬登山の足になりながら、スキー場のロープウェイとして活躍します。

ピラタス蓼科ロープウエイ夏に続き2度目のロープウェイ乗車の子どもたちも、目の前に広がる絶景に興味津々。南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳、霧ヶ峰高原の山々を見ながらしばしの空中散歩です。





ピラタス蓼科ロープウエイ頂上は一面の雪。暖かいこの日でしたが、頂上は気温が低いし風も強くて本当に寒い!長野県の中でも雪があまり降らないこの地域ですが、ここ蓼科山周辺ではGWぐらいまでは雪が積もっています。




ピラタス蓼科ロープウェイ
ちなみに、夏場の頂上は道が整備されていて、気軽に散歩が楽しめるようになっています。(1周、1時間ぐらいかな)

奥の建物は、ロープウェイの頂上駅です。




ピラタス蓼科ロープウエイこの日は、スキー場オープン2日目。シーズンを待っていた多くの人で賑わっていました。あまりにたくさんの人がいてビックリ。






信州に引っ越してきて何が良いって、やっぱりスキー場が近くにあること。東京から車で3時間かける必要もなく、「ちょっと行って来る」の感じで行けるのが本当にうれしいです♪我が家族が東京から信州に引っ越してきた大きな理由の一つも、すぐにこうやって山に出かけることができることです。
今シーズン、子どもは「そり滑り」デビューです。


■信州 富士見高原(周辺) お出かけ情報

■ビラタス蓼科ロープウェイ(茅野市) http://www.pilatus.jp/

中央自動車道 諏訪インターから車で40分。
広い駐車場(無料)がありますので心配は無用。
※途中の看板がちょっとわかりづらいので地図をよく見てくださいね。
そうそう、ロープウェイに乗った後は、富士見高原にもぜひお立ち寄りください♪

薄っすらですが、一面の雪景色

一面の雪今朝は本当に寒い。天気予報では、最低気温−6度 / 最高気温 −1度と言っていましたので、本当に冬本番です。

3日前の朝、窓を開けると、薄っすらですが一面の雪景色になっていました。我が家の庭もこの通り、雪化粧。子どもがバシャバシャ遊びをする水たまりも、ハートマークに氷がはっています。

子どもは一面の雪に大喜び。長靴で雪の上をサクサクと歩いて楽しんでいました♪

ここは長野県と言ってもあまり雪の降らない場所なのですが、年に何回かはドカンッ!と大雪が降ります。この冬は何回あるんでしょう。雪が降ったら大変なのですが、ちょっと楽しみでもあります。

こちらで食べている一番おいしいおそばは・・・

信州と言えば、おそば。
ここ富士見町にも、観光客向けや地元の人向けも含めて何件かのおそば屋さんがあり、我が家も子どもと一緒に時々おそばを食べ出かけます。

# 我が家の子どもは、おそばが本当に好きなのです。

出かける時は手打ちそばのお店に行くのですが、やっぱり東京のおそばに比べると圧倒的においしい感じがします。東京では「手打ち風」のおそばもたくさんあるので、さすがに本当の手打ちにかなわないのは仕方ないとは思いますが…。(もちろん手打ちもありましたが、東京の手打ちは、なんかおしゃれすぎちゃって…(^_^;))

あるクオリティ以上の手打ちそばが何軒もあることは、そば好きにとっては贅沢な環境です。実際、他の地に観光に行っておそばを食べたりすると、うん...?ということもたまにありますから。

その中でも圧倒的においしいのは、我が家のおじいちゃんが打ってくれたおそば。そば打ち仲間でそば打ち小屋を持って、楽しみとして蕎麦の栽培から蕎麦打ちまでやっているそうで(大人の趣味ですね!)、時々そばを打っては「そば打ったよ〜」と届けてくれるのです♪

そばが届いた日の夕食はもちろん、おそば (^O^)。
子どももアッという間にペロリと食べてしまいます。
何が違うのかうまく表現できないのですが、とにかく圧倒的にそばの香りと味がするんです。「うわ〜。これがそばだ!」という感じ。何だろう...?

ちなみに、もらったそばを翌日にもゆでて食べると、これがまったく前日と比べて味が落ちているのがよくわかるんです。そばは、挽きたて、打ちたて、ゆでたてが一番とよく言いますが、本当にそうなんだなぁ…と実感です。もちろん翌日でも、普通からすると圧倒的においしいおそばなんですけどね。(贅沢な環境です...)

農繁期はなかなかそばを打つ時間がないのですが、これからしばらくは絶品のおじいちゃんのおそばをたくさん味わえそうで、我が家では、おじいちゃんに弟子入りしてそば打ちを習おうと盛り上がっています。

# 富士見高原(富士見町)のおそば屋さんの紹介は、また今度。
信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作