信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

2010年01月

家から10分で、大パノラマのゲレンデ! 〜富士見パノラマスキー場〜

パノラマビューのゲレンデ
家族で東京を離れてここ信州に引っ越してきた理由はいくつかあるのですが、その一つに「気軽にゲレンデに行ける」というものがあります。我が家は、冬はゲレンデで雪遊びをしたい人たちなので。

東京でスキーに行くには、気合を入れて朝早く起きて、3時間かけて(時に渋滞につかまりながら)スキー場に行かなくてはいけませんでしたが、今シーズンは何と!家から10分でゲレンデ♪ 東京にいた時の感覚からすると、「ちょっとスポーツクラブに行ってくる」ぐらいの感覚でスキーやスノーボードをすることができます。ちょうど、神奈川県に住むサーフィン好きの人が、朝出勤前に1時間サーフィンを楽しむような、そんな感じです。

富士見パノラマスキー場は、その名前の通りゲレンデからの大パノラマが楽しみの一つ。眼下に八ヶ岳の裾野が一望でき、その景色を見るだけでも本当に来てよかったなぁ…と思えます。写真を撮影したこの日は残念ながら雲が少し出ていましたが、雲ひとつない真っ青な空の日は、山々がクッキリと見えて思わず「うわぁ〜!」と声が出てしまうほど。そんな絶景を見ながら、頂上から3キロのコースを降りてくるのは、本当に最高の気分です!(^O^)

そのようなわけで、気兼ねなく思い立ったらゲレンデに行けるように、我が家ではシーズン券を購入。これでスポーツクラブ感覚でゲレンデに Go! です。

スノーマシーン信州北部の白馬とは違って、ここはあまり雪がたくさん降るところではありませんので、ゲレンデではスノーマシーンが大活躍。
この日も、スノーマシーンが雪を作っていました。確か、気温が-3度以下にならないと雪が作れなかったような記憶がありますが、最近は毎日寒いので大丈夫ですね。

■信州 富士見高原 お出かけ情報

富士見パノラマリゾート (富士見パノラマスキー場)
http://www.fujimipanorama.com

冬は、スキー場。
夏は、マウンテンバイクやパラグライダーを楽しめます。
絶景を楽しみながら滑る頂上から3キロコースは、滑り応え十分!もちろんボードもOK。子どもが大喜びのスノーパークもあります。

中央自動車道 諏訪南インターチェンジから車で10分。
大駐車場があるので、駐車の心配無用。(無料)

レストハウスで販売している 牛乳ソフトクリーム(生乳ソフトって書いてあったかな?)がおすすめです。地元の牛乳で作られているそうです。
また、この冬から、ルバーブの赤いソフトクリームも登場しています。(まだ私は食していませんが…)

# スキー場入り口売店のソフトクリームとは違いますのでご注意を。
# レストハウス内で販売しているソフトクリームです。

大きな地図で見る

「地域資源を生かしたまちづくり」に関する講演会のご案内

突然ですが、引っ越して間もない私もご一緒させていただく機会に恵まれましたので、このブログでご紹介です。

我が信州富士見高原(富士見町)でもそうですが、気候風土を生かした特産品づくり、こだわり育成による野菜づくり、景観保全など、旧来の大型開発とは異なる「地域資源を生かしたまちづくり」が随所で行われています。今回、このような地域資源を生かしたまちづくりに関係して、2つのテーマで講演会&ワークショップが、信州富士見高原(富士見町)で開催されることになりましたので、ご案内です。

富士見町・八ヶ岳山麓の
宝物発見・発信によるまちづくり 講演会&ワークショップ
(主催 知ってもらざあ おらちほーのまち会)


■第1回 こだわりの「食」「ものづくり」によるまちづくり


日時:2010年1月25日(月)13:30〜16:30
場所:長野県富士見町 グリーンカルチャーセンター 大ホール
講師:朝田くに子氏((株)風土倶楽部代表)

都会と地域をつなげるプロジェクト「ローカルジャンクション21」や「風土倶楽部」の活動の紹介をいただき、都会と地域との交流や、食を中心とした地元学やこだわりのものづくりを通じた地域活性化、まちづくりの取り組み事例などについてお話いただく予定です。


■第2回 特産品の流通・都会への発信を通じたまちづくり
日時:2010年1月31日(日)
場所:長野県富士見町 グリーンカルチャーセンター 大ホール
講師:竹本徳子氏(東北大学大学院教授、元カタログハウス取締役)

カタログハウスの流通の仕組み、商品のこだわり、カタログハウスにおける地域のこだわりの食の扱い事例、地域活性の取組事例などについてお話いただく予定です。

■当日スケジュール(第1回、第2回とも)
13:30〜14:10 おらほのまちを知ってもらざあ会&特産品づくり活動紹介
14:10〜15:10 講師による講演会
15:10〜15:30 休憩&特産品の試食・販売
15:30〜16:30 参加者・講師を交えた意見交換・ワークショップ

■参加費 : 無料(第1回、第2回とも)
■参加申し込み
「知ってもらざあ、おらほーのまち会」事務局
エンジェル千代子 chiyokoa@po19.lcv.ne.jp
1回限りの参加、当日の参加も可能です。

■知ってもらざあ おらちほーのまち会
「知ってもらざあ おらほーのまち会」は、富士見町で特産品づくり(ルバーブ、ほおづき、ひまわり油、古代米など)に取り組む人たち、それを応援する人たちによって、富士見町の宝物の発見し、発信することを目的に立ち上げられた団体です。当面は、富士見町の特産品を中心とした富士見町の宝物を紹介するWebサイトやちらしの作成等を行っています。


※地元の方だけでなく、日本全国各地、まちづくりに関わっている方に共通のテーマかと思いますので、お気軽にご参加くださいね♪



朝は、凍った窓をドン!ドン!ドン!

凍った窓ここのところ、厳しい寒さの日が続いています。(今日は暖かいんですけどね♪)

朝、我が家では雨戸を開けるのが一苦労。部屋の中がマイナスになっていますので、寝ている間に写真のように窓が凍ってしまいます。ドン!ドン!と叩いて開く時もあれば、まったく開かずにあきらめるしかない時も。

子どもたちは、朝起きて凍った窓ガラスを見ると「お父さん、ドンドンして!」と一緒にドンドンしてくれ、それはそれで楽しいみたいです♪

日中は太陽が出ていると解けるので、開かなかった窓もちゃんと開くようになるのですが、夕方、日が落ちる前に雨戸を閉めないとこれまた大変…。アッという間に凍って、今度は雨戸を閉めたくても閉まらないことに(笑)。

こんな寒い日が続いていますが、我が家の子どもたちは、風邪もひかずに元気に走り回っています♪ ありがたいことですね。


我が家はただいま、"天然冷蔵庫"で生活中…。

冬の八ヶ岳
今年もどうぞよろしくお願いします。

ここのところ毎朝−7度ぐらいの気温になりますが、この写真のように気持ち良く晴れわたった日は、雪を頂いた八ヶ岳や南アルプスなどがとても輝いて見えます。夏の風景とは違って、パキッ!とした濃いブルーの青空に雪の白色が映え、キリッ!とした風景です。凍りそうな空気のキリリとした感じが、風景にも感じられます。

# すみませんね、パキッ!とか、キリッ!とか、キリリとか…(笑)

ところで我が家では、昨年11月から冷蔵庫の調子があまり良くなくて、一度電源を抜いて止めてみようということになりました。冷蔵庫を止めている間、冷蔵庫の中にあったものは、クーラーボックスなどに入れて勝手口の外(ここにも屋根があって、物置みたいになっているのです)に置くことになりました。

と、そんなことで数日冷蔵庫を使わないでいたのですが、「冷蔵庫いらないじゃん…」という結論になりました(笑)。勝手口の外の方が冷蔵庫よりも温度が低いんです…(^_^;)。ビールなんかも圧倒的に冷えています。むしろ、朝になると野菜が凍ってしまっているぐらい。(凍ったは甘みが増して、またまたおいしいんです♪わざわざ凍らす文化もあるぐらいですから。)

お世話になっている「サンキュー農場さん」のブログにも、「この季節、我が家の冷蔵庫は凍らせないためにあるのだ。」って紹介されています。

それ以来、我が家ではずっと、冷蔵庫ではなくて"天然冷蔵庫"で生活しています♪ 寒い冬の間だけの素敵な知恵(?)で楽しんでいます。
信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住(Uターン)しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作
QRコード
QRコード