信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

2010年09月

冷蔵庫の中に、トマトがコロコロ♪

20100917_001
我が家の子どもは、トマトが本当に大好き。
朝起きるとパジャマ姿のまま、「畑に行く♪」と言っては、私の手を引っ張って行き、大きい赤いトマトを採ってペロリと食べてしまいます。

おじいちゃんの家からも、たくさんのトマトをいただきます。
ですので冷蔵の中はご覧の通り、トマトコロコロ♪
販売しているトマトのパック詰めではなく、こんなにたくさんトマトあると、フルーツのような、M&M のような、なんか不思議な光景。

たくさんのトマトも、もうすぐ終わっちゃうかな。

我が家の食卓には、畑の野菜が満載♪

20100914_001
もう、空気が完全に秋になったここ信州・富士見高原。冷え性の自分にとっては、こうやってキーボードで入力している手が冷たくなっています…(^_^;)。


我が家では妻が畑で野菜を育ててくれていて、我が家の食卓には本当にたくさんの野菜が並びます。
本当に頭が下がります。m(__)m。
その様子は妻のブログで日々紹介されています。

トマト、レタス、インゲン、ナス、ピーマン、キュウリ、かぼちゃ、オクラ、枝豆、トウモロコシ、ブロッコリー、ツルムラサキ、ニンジン、小松菜、などなど…。

さらに、おじいちゃんの家からもらった野菜やお米(玄米でいただいています。)も加わり、いつも我が家は野菜たっぷりの食卓です♪

食事の最中、子どもに「このナスはお母さんが育ててくれた家のナスだよ」と言えば、1歳の息子は「うん、うん」と言っては畑の方を指差します。「そうだね、あっちの畑で育ててるね!」


20100914_002子どもたちは毎朝、起きるとすぐ窓の外を見て、妻が畑で作業しいるのを見つけると、パジャマのままで畑に出て行き、
「イチゴあるかなぁ…?」(まだ、小さいイチゴができます)
「ほおずきあるかなぁ…?」(食用ほおずき栽培中)
などと、畑の中を探検探検。

そして、「お父さん、あったよ〜!」と、イチゴや食用ほおずきや、キュウリなど、今日の収穫を見せてくれます。キュウリをそのまま丸かじりしたり、小さいイチゴを、子どもの小さい手の中で大切に握り締めていたり、朝から本当に元気一杯です。

「絶対に無農薬野菜じゃないといけない!」とか、「誰が作ったかわかる野菜じゃないとダメ!」とか、そういうことを意図しているわけではありませんが、我が家では自分たちで作った(妻やおじちゃんが作った)野菜がいっぱい。それをおいしいおいしいって食べられるって、本当に幸せなことです。

妻に感謝♪




家の目の前では、そばの花が満開♪

20100906_001
家の目の前の畑では、今、そばの花が満開。畑一面が真っ白です。残暑厳しい青空の下、風にゆらりゆらりと揺れる白い花は、とってもいい感じ♪

この畑に限らず、富士見町では、今、至るところにそばの花が咲いていていて、カメラ片手の観光客の方も多くいらしています。

もう少しすると花が黒っぽい実に変わります。白い景色は終わってしまいますが、今度は、新そばの季節!

残暑の中でも、確実に秋が近づいていることを実感する信州・富士見高原。我が家の食卓には、毎日、妻が畑で育ててくれたたくさん野菜が並びます。
季節の移り変わりを身近に感じながら、畑で育てた野菜がふんだんに食卓に並ぶということは、実はとても贅沢な暮らしなんだろうなぁ…と、改めて実感しています。さらに、そこに子どもの元気な笑顔が加わるわけですから!


信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作