101113_001
仰々しいタイトルで申し訳ないです…。
9月頭、我が家はある決断を下しました。それはなんと! 毎日露天風呂に入ろう♪というもの(笑)。

もちろん我が家にもお風呂はあるのですが、冬場はどうしても寒くて寒くて…。そこで調べてみると、富士見町にある道の駅 信州・蔦木宿のお風呂「つたの湯」で年間パスポートを販売しているじゃありませんか!しかも、大人一人50,000円/年。我が家の子どもはまだ金額がかからないので、大人二人分、つまり10万円で1年間広い温泉のお風呂や露天風呂に入れるということなんです。
妻の計算によると、1日100円というイメージ。

計算してみたところ、家で入るのと費用としてはあんまり変わらないようですし、子どもも喜んで「お風呂行こう〜!(^o^)/」と外のお風呂を楽しみにしてくれるので、いきなりの出費はちょっと痛いですが、思い切って「決断」しました。

それから約2ヶ月間、毎日、子どもと一緒にお風呂に入りに行っているのですが、寒くなるにつれて、ポカポカの露天風呂で毎日幸せ気分です♪これって本当に贅沢だなぁ…と感じています。

101113_002子どもも、毎日通う大きなお風呂が大好き。ブクブクと泡の出るジャクジー風呂で泡を手にすくったり、露天風呂で空を見上げて、「あっ、お月さまだ!」「飛行機だ!」と、毎日が発見の日々。また、つたの湯のスタッフの皆さんも、毎日お邪魔する子どもに声をかけてくだいますし、同じように頻繁にいらっしゃる他のお客さんも子どもに声をかけてくださって、本当に感謝感謝です。

ある日、赤ちゃんがお父さんと一緒にお風呂に入っていることがあったのですが、そんな時は、一生懸命赤ちゃんに話しかけてくれました。子どもにとって、そのお風呂は、単に体を洗ったり温まったりする場所なのではなく、また遊び場でもなく、きっと、色々な方々と触れ合う楽しみの場になっているんでしょうね。


思えば、自分も大学に通っていた8年間、風呂なしアパートに住んでいて毎日銭湯に通っていました。(当時では珍しい部類です) お風呂に通いはじめると、そんな当時の銭湯のことも、ふとよみがえってきたりします。

寒くなるにつれて、ますます夜のお風呂が楽しみになる、そんな我が家です。


■信州 富士見高原 お出かけ情報


■道の駅 信州蔦木宿 http://www.tsutakijuku.jp/

道の駅 信州蔦木宿中央自動車道 小淵沢インターから車で6分。国道20号線沿い、山梨県から長野県に入って少しのところにあります。
道の駅には、温泉、野菜や物産の直売所、レストランが併設されています。
道の駅ですので、もちろん駐車場の心配は無用。

餅つき大会やそばの早食い競争マスつかみ大会、流しそうめんなどなど、頻繁にイベントを開催していますのでサイトでチェックしてみてくださいね。

また、レストランのソフトクリームもおすすめ。川原で水のせせらぎを聞きながら食べると最高です!