信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

信州・富士見高原

蕎麦通は一度は訪れてみたい蕎麦屋。"新次そば三井"

120114_001
今年もよろしくお願いします。

全国的にそうなのだそうですが、ここ十年の間に各地に乱立した蕎麦屋さん。確かに自分が子供の頃には蕎麦屋さんってあんまりなかったのですが、蕎麦屋さんブーム(?)の影響でたくさんの蕎麦屋さんができました。最近は店舗が多くなってしまって、以前ほどはお客さんが入らないところもあるのだと、誰だったかなぁ…お話ししているのを聞きいた記憶があります。

さて、ここ富士見町には何軒ものおいしい蕎麦屋さんがあります。

いくつもオススメはあるのですが、今回は、我が家から徒歩数歩分のところにあるお蕎麦屋さん、"新次そば三井"。

写真のような蕎麦が食べられる蕎麦屋さんです。
いや、言い方を間違えました…。写真の蕎麦「しか」食べられません。
そう、新次そば三井さんには、「蕎麦」というメニューしかないんです!
本当に「蕎麦を食べる」ためのお店。当然ですが、とてもおいしいお蕎麦をいただけます。
(きりだめ蕎麦 1人前 1,000円)

色々と地のものを食べて観光気分も味わいたい方向けというよりも、蕎麦が好きという「蕎麦通」の方向けのお店ですね。ですから観光気分で行くと、もしかしたらガッカリする方がいるかもしれませんね。
(人それぞれ好みはあるでしょうが、私は大好きです♪)


お店もご自宅の一部を店舗として利用していて、古くからある古民家の家はまるで「おばあちゃんの家」。席に座ると、(何にします?ではなく、)「何名分にしますか?」というオーダーになります。

お茶をいただきながら自家製の野沢菜をいただいていると、茹でたての絶品蕎麦が到着♪
その ”うまい!” ことといったら♪
蕎麦が大好きな我が家の子供たちも、あっという間に完食。


私は、東京などから来た方においしいお蕎麦屋さんない?と聞かれると、「蕎麦しかないけど絶品のお蕎麦が食べられるお店と、天ぷらやビールなども一緒に食べられるおいしいお蕎麦屋さんとどっちがいい?」と聞きます。もちろん前者は新次そば三井さん。


そんな、新次そば三井さん。
もともとは、新次さんという地元で大変有名な蕎麦打ち名人さんのお店でした。
地元で大切な来賓がいらっしゃったりすると新次さんにお願いして来ていただき、その場で絶品の蕎麦を茹で、来賓の方に食べていただいていたのだそうです。新次さんは、大きな道具箱を背負ってきてくださったとか。(ここぞ!の時のお蕎麦屋さんなんですね♪)

遠い親戚にあたる我が家。おやじ様も、職場に来賓がいらした時に新次さんにお願いしてお蕎麦を茹でていただいたとのこと。そしたら、「お前がいるのか。じゃぁ、お前も茹でろ」と一緒になって茹でたとか…。そんな話をこのお正月に聞きました。

近隣には、その新次さんに蕎麦打ちを教わった方のお店も何軒かあるようですね。
この前上諏訪駅の近くを歩いていたら、「この蕎麦屋は、蕎麦名人の新次そばに学び…」みたいなことをお店の看板に書いてある蕎麦屋さんもありました。「新次そば」って書くことがおいしい蕎麦の証となるくらいの蕎麦打ち名人だったということですね。

現在、新次さんの腕と看板を引手いでいるのが三井さん。
我こそは!という方は、新次そば三井さんに行ってみてくださいね。

お昼のみの営業で、不定休です。
電話で確認 or 予約してからが安心ですね♪

※もしお休みの時は、車で4分ほどの「おっこと亭」にどうぞ♪

※以前、家族で近隣に出かけた際に立ち寄ったとあるお蕎麦屋さん。(富士見町ではないです(笑))
店構えもいかにもこだわりあるという蕎麦屋さんで、店内にも「うちはそばの実にもこだわり…」などと色々と説明がありました。きっと色々とこだわっているんでしょうね。でも出てきたお蕎麦は...。ソバの香りもない、えっ...?というお蕎麦。妻もやっぱり、えっ...?確か 1,200円だったかなぁ。
いや、マズイということではなくて、あるレベルに達してないと言いますか…。自分は決してソバ通ではないですが、東京にいた頃に比べて明らかに求めるレベルが高くなりました(笑)。そのぐらい、レベルの高いお蕎麦屋さんが近隣にはたくさんあるってことです♪



■信州 富士見高原 お出かけ情報


■新次そば三井

とてもおいしいお蕎麦屋さん。
自宅の古民家の一部が店舗になっていて、メニューは「きりだめ蕎麦」(1人前1,000円)のみ。

田舎のおばあちゃんのちでお蕎麦(だけ)を食べたい方にお勧め。おいしいですよ♪

●お昼のみ営業
●不定休
●電話 : 0266-62-3468
●住所 : 長野県諏訪郡富士見町乙事5177


大きな地図で見る

富士見町にも春は来ていますよ。

20100508_001
訳あってブログの更新を止めていましたが、更新を再開です。
ブログが更新されないので、「大丈夫…?」と心配してくださった方々からたくさんご連絡をいただきまして、失礼いたしました。家族ともども元気にしています♪

東京では桜が満開だそうですが、我が家の庭では、まだ梅の木がご覧のようなつぼみ…。梅が咲くまではもう少しです。

ここ富士見町は、同じ町内でも標高600m〜1300mととても幅広く、600m付近まで梅が満開前線が来ています。我が家のところまではもう少しですね。でも確実に、富士見町にも春が来ています。

>> 我が家に来ている春の模様はこちら


ところで、富士見町に引っ越してきてもうすぐ2年が経つ我が家は、この4月から新しいライフステージに変わり、生活スタイルが少し変わりました。

4月から子供たちが保育園に入園です。
子供の成長にとっては喜ばしいことですが、反面、少しさみしいものですね。毎日、朝ごはんの前や、ごはんの後に掃除や洗濯をしながら一緒に遊んでいた生活が一変、子供と一緒に過ごせる時間がかなり減ることになりましたので…。

お父さんは、子供が保育園から帰ってくるまで頑張って仕事です!

家の目の前では、そばの花が満開♪

20100906_001
家の目の前の畑では、今、そばの花が満開。畑一面が真っ白です。残暑厳しい青空の下、風にゆらりゆらりと揺れる白い花は、とってもいい感じ♪

この畑に限らず、富士見町では、今、至るところにそばの花が咲いていていて、カメラ片手の観光客の方も多くいらしています。

もう少しすると花が黒っぽい実に変わります。白い景色は終わってしまいますが、今度は、新そばの季節!

残暑の中でも、確実に秋が近づいていることを実感する信州・富士見高原。我が家の食卓には、毎日、妻が畑で育ててくれたたくさん野菜が並びます。
季節の移り変わりを身近に感じながら、畑で育てた野菜がふんだんに食卓に並ぶということは、実はとても贅沢な暮らしなんだろうなぁ…と、改めて実感しています。さらに、そこに子どもの元気な笑顔が加わるわけですから!


子どもと一緒にマラソン大会に出場! 〜富士見高原八ヶ岳クロスカントリー〜

010609_001
富士見町で開催されたクロスカントリー大会に、我が家は子どもと一緒に参加してきました!当然ですが、我が家の1才、2才の子どもたちは初めてのマラソン大会。

この「富士見高原八ヶ岳クロスカントリー大会」、以前は「全国勤労青少年10マイルロードレース大会」として長年開催されてきた大会。6年前から今のような大会変更になり、ここのところのマラソンブームの影響もあり、多くの方が参加されていました。パンフレットによると、長野県、山梨県、東京都から参加された方が多かったみたいですね。

我が家がエントリーしたのは、3kmのファミリージョギング。タイムはともかく、楽しく走ったり歩いたりしよう!という部門です。とはいえ、我が家の子どもが3km全部を走れるわけではないので、途中からは子どもを抱っこしたり、おんぶしたりして走る覚悟(`へ´)のエントリーです。
私も東京のマラソンサークルで何回も大会に参加してきましたが、日ごろの練習の成果を発揮しながらタイムを競って走る部門の他に、こうやって気軽に参加できる部門を作ってくださっていることに感謝です。

010609_004開会式では、富士見太鼓の演奏があり、妻も太鼓の演奏をしました。
これまでなかなかお母さんが太鼓を演奏する姿を見られなかった子どもたち。お母さんが太鼓を演奏する姿に、一緒になって体を揺すりながら、笑顔で見ています。「お母さんいるのわかる?」と聞くと、ニコニコ笑顔で「うん!」と言いながら演奏しているところを指差します。きっと誇らしく見ていたんでしょうね♪

さてさて、開会式が終わるといよいよマラソンのスタート。
前々から、頑張って走るんだよ、と話しておいたので、子どもたちもスタートに並ぶ頃には走る気満々♪ スタートの号砲とともに、手をつなぎながら我が家の子どもたちも走り出します。もちろんスタートから圧倒的なビリですが(笑)、走路の脇からは「頑張れ〜!」の大声援。子どもも声援に応えて楽しそうに走っています。何とか陸上競技場を半分ぐらいは自らの足で走り(上の子は、1周は頑張りました!)、そこからは抱っことおんぶでのクロスカントリーです。

010609_002こんなに緑の気持ちいいコースを、手をつないで走ったり、抱っこしたり、おんぶしたり、散歩なのかマラソンなのかと言われそうですが、それでも子どもたちも笑顔で一杯です。





010609_003白樺の林の中も、楽しく歩いたり走ったり。
7月8月になると、このあたり一帯は、「ユリの里」として、500万本のユリの花が咲き乱れます。
こんな感じです!




そして、歩いたり、走ったり、遊んだりしながら、3kmを約40分かけて、我が家族も無事にゴールです! ゴールできたことに子どもも満足そうです。本当にいい笑顔をしていました。そして、ゴールで待っていたスポンサーのジュースにさらに大喜び!

ゴール後には地元スタッフによる豚汁のサービスもあったりして、手作りの大会でした。本当だったら、この清々しい晴れ間の下で、豚汁とお弁当でのんびりして帰りたいところなのですが、残念ながら我が家族は豚汁はいただかず、ゴール早々に会場を後にしました。
と言うのも、この日はおじいちゃんの地区の小宮御柱祭があるので、そのまま御柱を曳きに移動です。子どもにとってもハードスケジュールですが、「早くおじいちゃんの御柱に行く〜♪」と大喜び。小宮御柱祭のお話はまた今度♪

声援してくださった皆さま、また、大会関係者の皆さま、本当にありがとうございました。m(__)m

妻のブログでも大会参加の様子をお伝えしています♪


富士見高原八ヶ岳クロスカントリーの公式サイト

ここ富士見町の魅力を紹介するサイト Oraho! Fujimi が立ち上がりました♪

最近は春が日差しも少し感じられる日も出てきましたが、今朝、窓を開けたら一面の雪景色。雪かきこそ必要ないものの、またまた真っ白の富士見町です。

サイト おらほー富士見さてさて、ここ富士見町にUターンしてきて以来、幸運にもここ富士見町のまちづくりグループにお声をかけていただき、色々と活動に参加させていただいています。その活動の一つとして、ひとつのサイトの立ち上げに関わらさせていただいていましたが、地元のみなさんのご協力をいただきながら、この度何とか無事にサイトをスタートさせることができました。

八ヶ岳山麓 信州・富士見高原 魅力発見サイト
Oraho! Fujimi (おらほー富士見)
http://www.oraho-fujimi.jp/


このサイトは富士見町の市民グループ "知ってもらざぁ おらほーのまち会" によって企画・運営されています。幸運にも私も参加させていただき、微力ながら、サイトという形でのお手伝いをさせていただきました。まだまだスタートしたばかりのサイトですから、これからさまざまなメニューや情報を追加しながら充実させていくことになるかと思います。
お恥ずかしながら、私の紹介も掲載されていまして(^_^;)、どうして東京からUターンしてくることにしたのか…ということにも少し触れていますので、合わせてご覧いただけましたらと思います。

# このサイトの意図や仕組み、オンラインコミュニケーション上
# の位置づけなどについては、また別の仕事用のサイトで紹介し
# たいと思います。
# まだサイト作っていません…(^_^;)

なにはともあれ、Oraho! Fujimi (おらほー富士見)をどうぞよろしくお願いします!

ここ富士見町も春がやってきています。

庭の梅の木
ここ富士見町も春がやってきています。
まだ冬との綱引きが続いていて、冬になったり春になったりの繰り返しですが、少しずつ少しずつ、春が優勢になってきています。

草木は、人間が「寒い寒い…」と思っているのをよそに、着実に春の準備を進めていたようで、この梅の木のように、花のつぼみを大きく膨らし始めています。
(富士見町のあちこちで梅の花が咲いているのを見かけましたが、我が家の梅はもう少し。)

そうそう、先月、おじいちゃんが梅の木を剪定してくれましたので、今年の梅は去年よりも元気に育つでしょうね!

「富士見町おススメ隊」が発足!(していました…)

あらあら、気が付けば1ヶ月もブログを更新していなかったのですね…。失礼しました。
この1ヶ月、部屋に缶詰になってとあるサイトを作っていました。まだ公開にはなりませんので、もう少ししたらお知らせできるかと思います。お楽しみに♪

ところで、たまたまブログを検索していたところ、「富士見町おススメ隊」なるものが発足していることを発見しました。ブログを見ながら、「自分と同じように、家族で富士見町に越してきているんだね」と思いながらよくよく読んでいくと.......。



妻のブログでした…(^_^;)。

しかも、自分のブログよりも楽しいことがたくさん書いてあります♪
う〜ん、さすがです…(ーー;)

というわけで、「富士見町おススメ隊」のブログ
信州 長野県富士見町で田舎暮らし 
〜八ヶ岳に抱かれ、富士山に見守られて〜

ぜひ、こちらもチェックしていただけましたらと思います。

# いちご狩りのことを先に書かれしまいました…(笑)

冬はやっぱり、そり滑り!

富士見高原スキー場
我が家の子供たちは、今シーズンからゲレンデデビューです。とはいえ、スキーやスノーボードはもう少し先なので、そり滑りでのデビュー。

そり滑りにやってきたのは、ここ富士見高原スノーリゾート
この冬、もう何回ここでそり滑りをしたんだろう…?というぐらい、週末ごとに子供と遊びに来ています。

東京にいた時、「ゲレンデに行く」というのは一大イベント。最近でこそ渋滞は少なくなりましたが、それでも前日からしっかりと準備して、朝早起きして、3時間運転してやっと到着。そして帰りもまた渋滞覚悟の3時間運転…。そうやって"頑張って"スキーをしに行ったものでした。
でも今は車で15分なので、普通に起きて「今日はそり滑りに行こう♪」って気軽に行くことが出来ます。子供にとっても「そり滑りはちょっとそこに遊びに行くもの」という感じなんだと思います。そいう素敵な環境で暮らせいることが、本当に幸せです。感謝感謝…。

ここ富士見高原スノーリゾートは、規模は小さめのファミリーゲレンデ。首都圏からの家族連れや、小学校のスキー教室などでにぎわっています。ですので、子供が一緒でもぜんぜん平気。色々なところで子供の歓声が聞こえています♪
(もっとも最近は、どこのゲレンデも家族連れが重要なお客さんだそうで…)

そり滑り最初こそ、そり滑りに少しだけ怖さを感じていましたが、そこは滑り台好きの我が家の子供、あっと言う間にそのスピード感が気に入ったようで、大きな子供たちと一緒に一番上から滑ります。

そして、上の子が下の子をそりに乗せて引っ張ってあげる、こんな微笑ましい光景も♪




そり滑りゲレンデには、かまくらもありました。もちろん豪雪遅滞のかまくらに比べたら小さいですが、子供は大喜び。中に雪だるまがいるので、「雪だるまさんのおうち」と命名されました。






今シーズン、あと何回行けるかな?


■信州 富士見高原 お出かけ情報

富士見高原スノーリゾート (富士見高原スキー場)
http://fujimikogen-resort.jp/ski/

冬は、スキー場。
夏は、展望リフトとして、またユリの里として多くの観光客でにぎわいます。
スノーボードはナイターのみ。家族連れや小学生のスキー教室など、初心者が安心して楽しめるタイプのスキー場です。子どもが大喜びのそりゲレンデもあります。

中央自動車道 小淵沢インターチェンジから車で5分。
大駐車場があるので、駐車の心配無用。(無料)

レストハウスの他に、本格手打ちそばが堪能できる"そば処 花鳥野"もお勧め。
また、1F屋外にあるクレープ屋さんのクレープもまたお勧め♪

ソフトクリームは、レストハウス、そば処 花鳥野、クレープ屋さんで販売されていますが、3つの中では そば処 花鳥野 のものがおいしいです。

# 「高原リゾート」なんですから、コンビにでも販売されているタイプではなくて、
# もっとおいしいソフトクリームを提供してあげればいいのに…と、
# 個人的には思います(^_^;)。
# 関係者の方見ていらしたらお願いします♪(^o^)/


大きな地図で見る

夜明け前の 富士見パノラマスキー場

夜明け前の富士見パノラマスキー場
ここのところ天気が悪い日が続いていましたが、今日は朝から晴れそうです!(^o^)
ここ富士見町でも雪ではなく雨が降ったりして、2月1日に降った雪はすっかりなくなってしまいました。いつもは根雪として、春まで凍って残るのですが…。

今朝、雨戸を開けたらこなん素敵な景色が見えましたので思わず撮影。スキー場のライトと雲がなんとも素敵な雰囲気でした。

今日は天気がいいので、子供たちとそり滑りに出かけようかと思います♪
そり滑りのお話はまた今度!

■信州 富士見高原 お出かけ情報

富士見パノラマリゾート (富士見パノラマスキー場)
http://www.fujimipanorama.com

冬は、スキー場。
夏は、マウンテンバイクやパラグライダーを楽しめます。
絶景を楽しみながら滑る頂上から3キロコースは、滑り応え十分!もちろんボードもOK。子どもが大喜びのスノーパークもあります。

中央自動車道 諏訪南インターチェンジから車で10分。
大駐車場があるので、駐車の心配無用。(無料)

レストハウスで販売している 牛乳ソフトクリーム(生乳ソフトって書いてあったかな?)がおすすめです。地元の牛乳で作られているそうです。
また、この冬から、ルバーブの赤いソフトクリームも登場しています。(まだ私は食していませんが…)

# スキー場入り口売店のソフトクリームとは違いますのでご注意を。
# レストハウス内で販売しているソフトクリームです。

大きな地図で見る

家から10分で、大パノラマのゲレンデ! 〜富士見パノラマスキー場〜

パノラマビューのゲレンデ
家族で東京を離れてここ信州に引っ越してきた理由はいくつかあるのですが、その一つに「気軽にゲレンデに行ける」というものがあります。我が家は、冬はゲレンデで雪遊びをしたい人たちなので。

東京でスキーに行くには、気合を入れて朝早く起きて、3時間かけて(時に渋滞につかまりながら)スキー場に行かなくてはいけませんでしたが、今シーズンは何と!家から10分でゲレンデ♪ 東京にいた時の感覚からすると、「ちょっとスポーツクラブに行ってくる」ぐらいの感覚でスキーやスノーボードをすることができます。ちょうど、神奈川県に住むサーフィン好きの人が、朝出勤前に1時間サーフィンを楽しむような、そんな感じです。

富士見パノラマスキー場は、その名前の通りゲレンデからの大パノラマが楽しみの一つ。眼下に八ヶ岳の裾野が一望でき、その景色を見るだけでも本当に来てよかったなぁ…と思えます。写真を撮影したこの日は残念ながら雲が少し出ていましたが、雲ひとつない真っ青な空の日は、山々がクッキリと見えて思わず「うわぁ〜!」と声が出てしまうほど。そんな絶景を見ながら、頂上から3キロのコースを降りてくるのは、本当に最高の気分です!(^O^)

そのようなわけで、気兼ねなく思い立ったらゲレンデに行けるように、我が家ではシーズン券を購入。これでスポーツクラブ感覚でゲレンデに Go! です。

スノーマシーン信州北部の白馬とは違って、ここはあまり雪がたくさん降るところではありませんので、ゲレンデではスノーマシーンが大活躍。
この日も、スノーマシーンが雪を作っていました。確か、気温が-3度以下にならないと雪が作れなかったような記憶がありますが、最近は毎日寒いので大丈夫ですね。

■信州 富士見高原 お出かけ情報

富士見パノラマリゾート (富士見パノラマスキー場)
http://www.fujimipanorama.com

冬は、スキー場。
夏は、マウンテンバイクやパラグライダーを楽しめます。
絶景を楽しみながら滑る頂上から3キロコースは、滑り応え十分!もちろんボードもOK。子どもが大喜びのスノーパークもあります。

中央自動車道 諏訪南インターチェンジから車で10分。
大駐車場があるので、駐車の心配無用。(無料)

レストハウスで販売している 牛乳ソフトクリーム(生乳ソフトって書いてあったかな?)がおすすめです。地元の牛乳で作られているそうです。
また、この冬から、ルバーブの赤いソフトクリームも登場しています。(まだ私は食していませんが…)

# スキー場入り口売店のソフトクリームとは違いますのでご注意を。
# レストハウス内で販売しているソフトクリームです。

大きな地図で見る
信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作