信州・富士見高原、今日も晴れ。

東京から信州・富士見高原 ( 長野県富士見町 ) に家族で引っ越しました。

田舎暮らし

川原での水遊び。 〜東京を離れてのGW〜

20100506_001
GW 最終日、夏のような暑さだったので、子どもたちと釜無川に水遊びに出かけました。

この場所は、道の駅 信州蔦木宿の脇の川原。休日には多くのオートキャンパーが来たりする場所です。

最初、水はちょっと冷たく感じましたが、入ってしまえば全然平気。子どもと一緒に裸足になって、水の中をジャブジャブと歩きます。バケツで水をすくってお父さんやお母さんの足にジャーとかけたり、自分にかけたりと、子どもは大喜び♪ もちろん、全身ビッショリです(笑)。着替えればいいんですから、そんなの全然平気平気!

息子は、「アッ! アッ!」と色々と指差しては自分が発見したものを教えてくれ、「葉っぱ?」などと聞くと「うん」とうなずいたり、「うぅん」と首を横に振ったりして一生懸命に伝えてくれます。川の中の石を指して「アッ! アッ!」と教えてくれたので、「石?」と聞くと「うぅん」と首を振り、「水が流れているの?」と聞いても「うぅん」と首を振り…。「石の上を水が流れているの?」と聞くと、「うん」とうなずいてニコニコ♪ また、空を見上げて指さすので一緒に見上げると、空には飛行機雲がシューと伸びています。子どもの発見はすごいなぁ…と感心してしまいました。

そうやって水に濡れるのを物ともせずに、自然の中で喜んで遊んでいる子どもを見ると、「あぁ、田舎に来てよかったなぁ…」としみじみ思います。

東京にいた頃、GW と言うと、「とにかく東京から出よう!」と飛び出していました。「とにかくこの機を逃してはならない!」と、渋滞と格闘しながらの「脱出」でした。

田舎に住んでいる今は、当然ですがそういう感じはありません。「何か今日は県外の車が多いね、と思ったら、そうか、今日はGWなんだね。」という感じです。ニュースで流れる「行楽地に向かう渋滞」も、どこか遠くの話のようです。本当に(笑)。

# 田舎に来てニュースを見ると、
# 「全国のニュース」って東京のニュースなんだね、という
# ことがよくわかります…(^_^;)。
# 東京にいた頃、「全国のニュース」があんなに身近に感じ
# られていたのに、今ではどこか遠くの「あっちの話」のよう(笑)。

もちろん、東京に比べればないものはたくさんありますが、ゆっくりと家族で楽しく暮らせるんですから、田舎暮らし、地方での暮らし、オススメですよ♪


■信州 富士見高原 お出かけ情報


■道の駅 信州蔦木宿 http://www.tsutakijuku.jp/

道の駅 信州蔦木宿中央自動車道 小淵沢インターから車で6分。国道20号線沿い、山梨県から長野県に入って少しのところにあります。
道の駅には、温泉、野菜や物産の直売所、レストランが併設されています。
道の駅ですので、もちろん駐車場の心配は無用。

餅つき大会やそばの早食い競争マスつかみ大会、流しそうめんなどなど、頻繁にイベントを開催していますのでサイトでチェックしてみてくださいね。

また、レストランのソフトクリームもおすすめ。川原で水のせせらぎを聞きながら食べると最高です!

畑を広くして、イチゴの苗を植えました。

畑拡充
大家さんのご好意で、隣の空き地を畑にさせてもらっています。
農業のプロのおじいちゃん(自分の親父様ですが…(笑))のおかげで、この夏はたくさんの野菜を収穫することができました。子どもたちも、朝起きると、「トマト採りに行く! キュウリ採りに行く♪」 と言っては、母親と畑に飛び出していきました。獲ったトマトやキュウリはそのままその場で丸かじり。1才だというのに、本当にペロリと食べてしまいます。
本当におじいちゃんのおかげです....。m(__)m

そんな畑も、秋の深まりとともにトマトもキュウリもトウモロコシも終わって、少し寂しくなってきました。今ではナスとピーマンを収穫しながら、白菜とキャベツ、ほうれん草、長ネギが大きくなる日を待っています。
(子どもの今の丸かじりは、もっぱらピーマンです。)

来年はもう少し畑も頑張ろうということで、またまたおじいちゃんの力を借りて(^_^;)、空き地の残っている部分も畑にしてもらいました! トラクターで耕して畑にしてもらい、畑の面積が3倍に。

そして、今の時期に植えておかないといけないということで、早速、イチゴの苗を植えました。

イチゴは我が家の子どもの大好物!
我が家の庭には、前に住んでいた方が植えたのか、何株かのイチゴが植わっていて、この春は、子どもが「イチゴ、見に行く!」と言っては毎日赤くなるのを楽しみにしていました。

そんな子どもがたくさんのイチゴを食べられるようにと植えたイチゴの苗は、その数、なんと! 約200株。たくさんできるのが本当に楽しみです♪

イチゴの苗植えと書くと、自分が苗を植えたかのように聞こえてしまうのですが、実は自分は部屋で別な作業をしていたので何もしていないのです...(^_^;)

子どもたちと母親と、そして手伝いに来てくれたおじいちゃんとの4人で、少し冷たくなってきた秋風の中で作業をしてくれました。

2人の子どもは、畑の中を裸足で走り回り & ハイハイし回り、土だらけ♪
「ほら、汚れちゃうよ!」ではなくて、"汚れて当たり前" 。東京にいた時はそういう機会はなかなかなかったのですが、こちらに来てからの土も汚れもものともしない姿は本当にたくましさを感じますし(お父さんよりもたくましい…!?) 、東京から信州に来てよかったなぁ…と感じます。

# 仕事やプライベートを含め、東京で色々とお世話になった方々に本当に感謝です。

子どもはその後、ぐっすりとお昼寝でした…。

我が家に珍客が遊びに来てくれました♪

クワガタが遊びに来ました。 7月の出来事なのですが、我が家に珍しいお客さんが遊びに来てくれました。

晴れた日の午後、庭を見ると、子どもの靴の上で日向ぼっこをしているお客様を発見!
ここ何年も、東京で売られているのを見たことはありましたが、自然の中にいるもの(天然モノって言っていいのかしら…?)を見たのは20年ぶりくらい。

急いで子どもたちを呼んできて、「ほらほら♪」ってお話ししました。
もちろん、クワガタを見るのは初めての我が家の子どもたち。最初は 「・・・?」だったものの、その珍しいスタイルにだんだん興味を持ちはじめ、指でツンツンし始めました。もちろん、はさまれたら痛い!だなんて知りませんので、このハサミで指を挟まれたら痛い痛いだから気をつけてね、と、しっかりお話しもしました。

そのお客様は、我が家の庭で1泊した後、次の日の昼間にまたどこかに旅立って行きました。もう少し子どもが大きくなった時に出会ったら、きっと虫かごの中で一緒に生活することになるのでしょうね。

それからというもの、上の子は、絵本にクワガタが出てくると、ハサミのところに指を入れる仕草をするようになりました。次回、クワガタが現れたら、ハサミのところに指を入れるつもりなのかしら...?


# その他に、ホタルやカブトムシも見かけましたが、それはまたの機会に…。

信州 富士見高原、今日も晴れ。
2009年春、家族で東京から信州に移住しました。
東京でお世話になった多くの方々に 元気です!をお伝えしながら、信州・富士見高原の魅力や田舎での暮らしも一緒にお伝えできたらと思います。
のんびり更新ですのでお暇な時にお立ち寄りください。
写真で綴る、富士見町の暮らし
コメントありがとうございます。

信州・富士見高原の魅力紹介♪

長野県諏訪のホームページ制作