畑拡充
大家さんのご好意で、隣の空き地を畑にさせてもらっています。
農業のプロのおじいちゃん(自分の親父様ですが…(笑))のおかげで、この夏はたくさんの野菜を収穫することができました。子どもたちも、朝起きると、「トマト採りに行く! キュウリ採りに行く♪」 と言っては、母親と畑に飛び出していきました。獲ったトマトやキュウリはそのままその場で丸かじり。1才だというのに、本当にペロリと食べてしまいます。
本当におじいちゃんのおかげです....。m(__)m

そんな畑も、秋の深まりとともにトマトもキュウリもトウモロコシも終わって、少し寂しくなってきました。今ではナスとピーマンを収穫しながら、白菜とキャベツ、ほうれん草、長ネギが大きくなる日を待っています。
(子どもの今の丸かじりは、もっぱらピーマンです。)

来年はもう少し畑も頑張ろうということで、またまたおじいちゃんの力を借りて(^_^;)、空き地の残っている部分も畑にしてもらいました! トラクターで耕して畑にしてもらい、畑の面積が3倍に。

そして、今の時期に植えておかないといけないということで、早速、イチゴの苗を植えました。

イチゴは我が家の子どもの大好物!
我が家の庭には、前に住んでいた方が植えたのか、何株かのイチゴが植わっていて、この春は、子どもが「イチゴ、見に行く!」と言っては毎日赤くなるのを楽しみにしていました。

そんな子どもがたくさんのイチゴを食べられるようにと植えたイチゴの苗は、その数、なんと! 約200株。たくさんできるのが本当に楽しみです♪

イチゴの苗植えと書くと、自分が苗を植えたかのように聞こえてしまうのですが、実は自分は部屋で別な作業をしていたので何もしていないのです...(^_^;)

子どもたちと母親と、そして手伝いに来てくれたおじいちゃんとの4人で、少し冷たくなってきた秋風の中で作業をしてくれました。

2人の子どもは、畑の中を裸足で走り回り & ハイハイし回り、土だらけ♪
「ほら、汚れちゃうよ!」ではなくて、"汚れて当たり前" 。東京にいた時はそういう機会はなかなかなかったのですが、こちらに来てからの土も汚れもものともしない姿は本当にたくましさを感じますし(お父さんよりもたくましい…!?) 、東京から信州に来てよかったなぁ…と感じます。

# 仕事やプライベートを含め、東京で色々とお世話になった方々に本当に感謝です。

子どもはその後、ぐっすりとお昼寝でした…。