エジソンにピカソの才能を求めていませんか

多発性子宮筋腫

緑内障の手術

“ものまね四天王”清水アキラ、山本高広に苦言
12月10日21時27分配信 オリコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000009-oric-ent

DVD『ものまね王座決定戦 DVD BOX』発売記念記者発表会に出席した“ものまね四天王”の清水アキラ

 “ものまね四天王”と呼ばれるタレントの清水アキラ、ビジーフォーのグッチ裕三、モト冬樹、栗田貫一らが10日(水)、都内で行われたDVD『ものまね王座決定戦 DVD BOX』発売記念記者発表会に出席した。清水は“ものまねの大御所”として、タレントの山本高広による織田裕二のモノマネをめぐる騒動について「本人がやだって言うのにものまねするのはいかがなもんか」と苦言を呈した。

そのほかの“ものまね四天王”ビジーフォー、栗田貫一らの写真

 1985年から2000年に放送され、「ものまね」をお茶の間に浸透させたテレビ番組『爆笑! スターものまね王座決定戦』(フジテレビ系)の名シーンばかりを収録した同作。モト冬樹は「(僕は)今の若い子にはただのハゲた役者だと思われてる。前は音楽もやってたんだぞ! ってぜひ若い子に観てほしい」とアピールし、共演者らとの久しぶりの再会で同窓会のように盛り上がった。

 会見後にインタビューに応じた清水は、山本高広の一連の騒動について苦言を呈すも「そういう私も谷村新司さんには嫌がられてましたけどね」と笑いを交えて告白。報道陣から詳細を問われると「でもあいさつしたら返してくれたし、やるなとは直接言われてない。(山本の)今回の問題はちょっと難しいんじゃないかな」と自身の見解を述べた。

 会見にはほかに司会者代表としてタレントの榊原郁恵、ガダルカナル・タカが出席。山口県での仕事の都合で欠席した“ものまね四天王”のひとりでタレントのコロッケは、ビデオメッセージで「プロデューサーにたぶん私が1番怒られたと思う。(この番組は)私にとっての財産です」とコメントを寄せた。

 DVD『ものまね王座決定戦 DVD BOX』は17日(水)発売。来年1月21日には『紅白ものまね歌合戦』、2月18日に『ものまね四天王』のDVD BOXが発売される。


コメント力(0) トラックバック(0)