「灯台下暗し」っちゅーんぢゃろうか。

(○ ̄ ~  ̄○;) う~みゅ

まさか、こんな身近にこんな物が!

w( ̄△ ̄;)w おおっ!

的な驚きっちゃ、あるよの。

ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

ノーマークのマイナー店とか、稀にビックリさせられるけん侮れんわい。

(`・ω・´)シャキーン

□■□■□■□■□ 今日のひとり飯 □■□■□■□■□

あなごめし@栞 あなごめし(1,620円)@

ここは、西条中央の北側あたり、幹線道路からは何本も奥に入った住宅エリアにある和食処だっちゃ。

(★^▽^)V イエイ~♪

偶に通りかかるんぢゃけど、駐車場が数台分しかないけん、常に満車で入れんのんよの。

(´・ω・`)ショボーン

尤も、千円オーバーの御膳がメインの店ぢゃけん、おいらなんかは普段使いできん高級店ぢゃ。

( ̄▽ ̄;)アハハ・・・

実は最近、にわかに地元B級グルメの「コメカラ」ブームが再燃しとって、今回はそれを目的に訪れてみたんぢゃけど・・・

( ̄ω ̄;)エートォ...

ありゃりゃ? ランチメニューにそがいなもんは無いみたいぢゃね。

(○ ̄ ~  ̄○;) う~みゅ

仕方のぉ他のメニューを物色してみたら・・・

n(ー_ー?) ン?

ランチ以外のページに「あなごめし」なる文言を見つけたで。

( ̄ー ̄)ニヤリッ

一応、確認してみたら、ランチライムでも出来るっちゅーことなんで、迷わずお願いしたっちゃ。

v( ̄∇ ̄)v ブイ!

で、お願いしたんはいいんぢゃけど、えらい時間がかかっとるみたいぢゃね。

(ー. ー" ) う~みゅ

ランチメニュー以外をわざわざ作って貰うとるんぢゃけん、文句は言えんのんぢゃけどの。

ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

そんな感じでヤキモキしとったら、やっとあなごめしが出て来たわい。

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !

ぶっちゃけ、俗にいう穴子重ぢゃろうか。

( -∀-)ニヒッ

タレは控えめにしてあるけん、好みに応じてかけてくれとの事ぢゃ。

(´・∀・`)ヘー

まずは、穴子に箸を入れてみると・・・

(* ̄ー ̄*)ニヤリッ

背に沿ってスッと割ける様が小気味良いっちゃ。

( ̄。 ̄)ホーーォ

さっそく一口。

( ̄~; ̄) ムシャムシャ

結構な肉厚で、焼き穴子ぢゃぁあまり感じられんプリプリとした食感が新鮮ぢゃね。

(ノ°ο°)ノ オオオオ

火の通り具合が良い感じで、身の深い所にある程度の弾力を残しとる。

(⌒∇⌒)b ナイス!

本来ぢゃったら、「皮側の焼きが足らん!」と一蹴するところなんぢゃけど・・・

ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

この穴子、かなりモノが良いんか、皮に独特の生臭さが無いけん、チャレンジングな焼き加減を実現出来とるわい。

(≧∇≦)ъ まいうー!

まさかこがいに旨い穴子を山奥の地元で食えるとは思いもせんかっただよ。

v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

多分、次にこれを注文したとしても、同じ出来を期待するのは酷かもしれんのんぢゃけど、是非、トライして欲しい絶品料理ぢゃ。

(`・ω・´)9m 食うべし!

広島ブログ <<< ポチっとひと押しお願げぇしますだ m(_ _)m

採点:★★★★★