先日、西条寺家@東広島市に新しく出来た、「藤椒」のことを記事にしたんぢゃけど・・・

ウン( ^-^)(^-^ )ウン

なんと、その店のメニューに、天津飯があることを発見したっちゃ。

( ̄ー ̄)ニヤリッ

やっぱ、天津飯研究の一環として、食うとかんにゃぁいけんよね。

( ̄▽ ̄) フフフ・・・

っちゅー訳で、出かけてみたで。

(⌒~⌒)v

□■□■□■□■□ 今日のひとり飯 □■□■□■□■□

天津飯@藤椒 天津飯(700円)@藤椒(たんじょう)

ここは、西条寺家の国道486号線沿いにある、坦々麺と麻婆豆腐の店ぢゃ。

(●⌒∇⌒●) わーい!

天津飯を目的に訪れてみたで。

(★^▽^)V イエイ~♪

カウンター席に腰掛けたら、注文を迷う小芝居をカマして、それ(600円)をお願いしたっちゃ。

v( ̄∇ ̄)v ブイ!

暫くして出てきた天津飯を観察してみるに・・・

σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

焼き玉子の中に色とりどりの具が隠れとるようぢゃね。

(´・∀・`)ヘー

さっそく、その内容を紐解いてみるに、ネギ、筍、人参、木耳ぢゃろうか。

( -∀-)ニヒッ

黄色い玉子から見え隠れする、緑やオレンジの色合いが鮮やかだっちゃ。

d(⌒ー⌒) グッ!!

さっそく一口。

( ̄~; ̄) ムシャムシャ

シャキシャキ、コリコリとした筍と木耳の食感が何気に心地よいわい。

o( ̄▽ ̄)b まいう~

只、比較的、透明感のある餡は、予想通り曖昧な薄味で、すぐさま卓上にあった白胡椒を投入したで。

( ゚∀゚)アヒャヒャ

多少なりともエッジの効いた味にはなったんぢゃけど、何か物足りん感じぢゃね。

(○ ̄ ~  ̄○;) う~みゅ

これに、あと一味足せたら、もう一段階上の料理になるんぢゃけどのぉ・・・

ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

とか思いつつ、(天津飯に)付いとった中華スープをゴクゴク。

(* ̄O)◇ゞ ゴクゴク

やれやれ、スープまで天津飯と一緒で、主役不在の薄味な感じ・・・

n(ー_ー?) ン?

ん? 待て待て! このスープの中で、燦然と輝く微かな風味は何ぢゃ?

(* ̄ー ̄*)ニヤリッ

ほほぅ、干し海老かっ!

( ̄▽ ̄) ムフフフ・・・

その塩分と甲殻類の独特な旨味が、曖昧ぢゃった薄味をグッと締まった味わいにしとる。

(⌒∇⌒)b ナイス!

つか、天津飯の方も、この手法で良いんぢゃね?

ウン( ^-^)(^-^ )ウン

見た目の色合いも更に良うなるし、是非、干し海老をトッピングしてみて欲しいだよ。

m9っ`Д´) やってみそ!

広島ブログ <<< ポチっとひと押しお願げぇしますだ m(_ _)m