衝撃的な画像を見ただよ。

w( ̄△ ̄;)w おおっ!

呉グルメで参考にさせて貰うとる御仁のブログに登場したウニ丼ぢゃ。

(´・∀・`)ヘー

そのビジュアルもさることながら、何遍も行っとるはずのその地に、この店があることすら知らんかった。

<( ̄□ ̄;)>ナンテコッタ!

まだまだ修行が足りんおいらぢゃわい。

m9(^Д^)プギャー

□■□■□■□■□ 今日のひとり飯 □■□■□■□■□

うに丼(大)@花房商店 うに丼・大(3,240円)@花房商店

ここは島根県の観光名所、日御碕灯台近くにあるお土産物屋ぢゃ。

(★^▽^)V イエイ~♪

ここら辺のお土産物屋は、大抵、食堂も兼ねとって、飯も食えるんよの。

ウン( ^-^)(^-^ )ウン

日御碕灯台の駐車場に車を停めて、目的の店まで歩き始めると、途中のお土産物屋さんから、食事の誘いがかかってくるわい。

(。´-ω・)ン?

何々? 海鮮丼?

( ̄▽ ̄) ムフフフ・・・

フフフ・・・ ウニ丼を食いに来たおいらの心に、それは響かんで。

( ̄m ̄〃) ぷぷっ!

丁重にお断りしつつ、灯台とは反対方向へと進んで行くで。

( ー`дー´)キリッ

つかおいら、30年以上、この灯台に通うとるけど、灯台とは反対側に歩いたことが無かったわい。

( ̄▽ ̄;)アハハ・・・

歩くこと数分、目的のお店は直ぐに見つかったっちゃ。

(`・ω・´)シャキーン

そして、店先には「今日はうにがあります」の看板が!

( ̄ー ̄)ニヤリッ

さっそく入店してみると、テーブル席と奥には座敷があって、焼イカなども売られているようぢゃ。

( ̄。 ̄)ホーーォ

お昼前の11時半にもかかわらず、テーブル席はほぼ満席で、お座敷にも何組かのお客がいるようぢゃね。

( -∀-)ニヒッ

偶々、空いたテーブル席に案内され、壁に貼られたお品書きを一読してみるんぢゃけど、そんなものは目に入らんだよ。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

勿論、注文するのはうに丼ぢゃ。

(`・ω・´)シャキーン

すると、店員さんから「今日は大ができるよ」と言われたで。

Σ(・ω・ノ)ノ!エッ・・・!

何々? 大とな?

(; ̄Д ̄) なんですと?

それはもう、お願いするしかないぢゃろう! ということで、値段も聞かずにソレをお願いしたっちゃ。

v( ̄∇ ̄)v ブイ!

待つこと暫し、出てきた丼を確認してみるに、丼一面に敷き詰められた黄金色のウニの美しいことよ。

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ!

その周りを縁取るように見える青海苔もまた良い感じぢゃね。

d(⌒ー⌒) グッ!!

店員さんによると、タレはかかっているので、添えられたワサビを広げて食べろとのことぢゃ。

( -∀-)ニヒッ

とはいえ、まずはウニ自体を一口。

( ̄~; ̄) ムシャムシャ

お! 一般的なウニに感じるミョウバンのエグ味がないわい。

o( ̄▽ ̄)b まいう~

続いて、ご飯と一緒に一口。

( ̄~; ̄) ムシャムシャ

海苔の風味とウニの味が口一杯に広がって、なんと贅沢なんぢゃろうか。

(≧∇≦)ъ まいうー!

勿論、終盤にウニが不足する事態に陥ることなしに完食できたっちゃ。

(。・`ω´・。)b

大満足のうに丼ぢゃったんぢゃけど・・・

♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ

お値段、怒涛の3,240円はご愛嬌といったところぢゃ。

( ゚∀゚)アヒャヒャ

人気ブログランキングへ <<< ポチっとひと押しお願げぇしますだ m(_ _)m