余程のことが無い限り、どんな飲食店でも5年に1回は利用することにしとるだよ。

ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

今回は、そんな一軒のラーメン屋に行ってみることにたで。

( -∀-)ニヒッ

前回の投稿では「初恋ラーメン」と揶揄したんぢゃが、さて、今回はどうぢゃろうか?

( ゚∀゚)アヒャヒャ

□■□■□■□■□ 今日のひとり飯 □■□■□■□■□

青龍らーめん@青龍 青龍らーめん(650円)@青龍

ここは新幹線の東広島駅界隈、下三永にあるラーメン屋だっちゃ。

(★^▽^)V イエイ~♪

安芸津への道中、店の前を通ることはあるんぢゃけど、利用したことは数回しかないかの。

( ̄m ̄〃) ぷぷっ!

っちゅーのも、かなりメニュー体系が硬派で、軟弱なおいらがランチで利用するには、ちょっと不向きな内容ぢゃけんぢゃ。

(*ノω<*) アチャー

とりあえず、今回はベーシックなラーメンだけを食べることにするだよ。

ウン( ^-^)(^-^ )ウン

と、何気に気付いたんぢゃけど、いつの間にか券売機が導入されとる。

w( ̄△ ̄;)w おおっ!

迷わず、青龍らーめん(650円)のボタンを押したら、食券を店員さんに渡してカウンター席に座ったで。

v( ̄∇ ̄)v ブイ!

何気に厨房を観察してみると・・・

( ̄ω ̄;)エートォ...

これは、駅うどんとかでよく見かける、麺を湯でる為の専用釜に、「丸亀製麺」でもお馴染みのバキューム式の湯切り機ぢゃ。

( ̄▽ ̄;)アハハ・・・

興味深いのは、スープは寸胴とかでなく、少し大きめのアルミ鍋で、少量をかなり強い火力で煮立たせとるところかの。

∑(=゚ω゚=;) マジ!?

で、ラーメンにしてはかなり待たされて、ちょっとイライラモードに突入したころに、やっとラーメンが出てきたっちゃ。

(ー. ー" ) う~みゅ

さて、その内容はといえば・・・

(〃 ̄ω ̄〃ゞ えーと

丼のせいぢゃろうか、量的には少なく見えるかの。

(´・ω・`)ショボーン

とりあえず、スープをひとススリ。

( ̄¬ ̄) ズズー

以前は「酸っぱくて甘い『初恋ラーメン』」と書いたんぢゃが・・・

(ノд`@)アイター

このスープは酸っぱくないっちゅーか、かなり薄味な印象ぢゃね。

(p・Д・;)アセアセ

まぁ、最初にガツンと来るスープは後半、辛く感じてつらくなるけん、これぐらいが丁度良いんかもしれんね。

ウン( ^-^)(^-^ )ウン

とはいえ、主役不在であまりにも曖昧な味ぢゃけん、胡椒を投入してみるかの。

( -∀-)ニヒッ

あれれ? これは黒胡椒ぢゃね。

( ̄~ ̄;) う~みゅ

個人的には白胡椒派ぢゃけん、ちょっと残念ぢゃ。

(´・ω・`)ショボーン

再度、スープを一口。

( ̄¬ ̄) ズズー

何とか良い感じになったぢゃろうか。

d(⌒ー⌒) グッ!!

続いて麺を一口。

( ̄~; ̄) ムシャムシャ

加水率の少なめな中細ストレート麺は、少し固めに茹でてあるっちゃ。

σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

インパクトの弱めなスープと相まって、やはりちょっと物足りん印象かの。

(((´・ω・`) 残念・・・

で、5年ぶりの青龍らーめんは、前回とはかなり印象が違って、まずまず旨いと思うただよ。

o( ̄▽ ̄)b まいう~

ただ、メニュー体系が男前過ぎるけん、今後も利用することはないと思うわい。

m9(^Д^)プギャー

人気ブログランキングへ <<< ポチっとひと押しお願げぇしますだ m(_ _)m