信太郎ズ

渋谷区代々木地区最小を誇る?塾、代々木能開進研の塾長の独り言、秋葉原散歩歴45年のアキブラ日記など。

 児童・生徒たちの受験勉強のお手伝いを始めてから早や45年になる。ビギナーズラックもあったのだろうが、18歳大学一年生の時教えた生徒が高校入試で、早高院、慶応日吉など軒並み合格したのを皮切りに、延べ800人以上の児童・生徒の受験のお手伝いをさせていただいてきた。

 受験は無論「何は無くても毎日の努力(ドリル)、日々是演習」なのだが、+αの要素もある。これは「運」というより「引き」なのだろう。自分がどうしても入りたい学校の問題は熱心にやる。さらには分析し対策までも綿密になる。しかしそれ以上のものがあるようだ。「入試問題を引き寄せる」のだ。僕自身もそんな馬鹿なと思う、があるのだ。特に女の子には(^^;)

 Aさんは無類の動物好き。子供のころから炎天下で何時間でもヒヨコを追いかけていたんな彼女が志望校に選んだのが、K大学だった。偏差値的には少し難しめだったのだろうが、本人も英語のY先生も一心不乱だ。「天は自らを助けるものを助く」とはよく言ったものだ。英語の問題ができるようになるというよりも、英語の問題が本人に近づいてくる。数学も、化学の問題までも本人のパターンにあってくる。これを「引き」と言わずに何と言おう。

 2月20日の朝Y先生がAさんのことを一生懸命ほめていた。もう試験は終わり、あとは今日のK大学の発表を待つばかりだというのに。意味が分からん(?_?) ケータイが鳴る。Aさんからだ。合格の知らせ。Y先生が泣いている。ケータイの向こうでAさんも泣いている。Aさんがお母さんに代わった。おかあさんも泣いているようだ。「おめでとうございます」みんな一緒に泣いている。なぜか僕だけ冷静。
 あとでこの話をM先生に話したところ「馬鹿ね、なぜ泣かなかったの」と言われた(T0T)

 SNS、Cloud Computingからデジタルカメラ果てはデジタルハリウッドまで世はまさに「デジタル文化」真っ盛りだが、最近若者の間でも「アナログ文化」再燃の兆しがある。たとえば「ミニ四駆」はモーターまで改良、自作する強者がいるそうである。「アナログカフェ」なんてのも流行っているようである。
 若手経営コンサルタントの雄(株)ラディアの谷中教隆先生も「通常の経理ができない社員はPC会計ソフトを使っても自分の間違いを発見できない」とおっしゃっている。うん、そうなんだ、教育にいきなりデジタルを取り入れても「自分の間違えを発見できない」子供が育ってしまうかもしれない。要するにデジタルでは「距離感」がなくなってしまうということなんだ。
  生きることの意義を見失ってしまう子供たちが多くなっているのもこのこととあながち無縁ではあるまい。

  「江戸しぐさ」なる江戸庶民の知恵がクローズアップされているらしい。19世紀の江戸の人口は100万人以上と推定され、世界最大の都市だったようだ、限られた土地で互いに相手を気遣い、皆が気持ち良く暮らすために生み出されたのが「江戸しぐさ」だったのだろう。私はNPO法人のまわし者ではないが
http://www.edoshigusa.org/about/
をご覧あれ。

 しかし最近若いお嬢さんたちが体はまっすぐなのだが、両手を横に振って歩いている姿を多く見かける。そう、手だけ「欽ちゃんばしり」なのだ。この狭い東京の真中を歩くのに何故? (?o?)

 自ら人にぶつかりながら、あるいは人を殴りながら(^^;)歩いている。
江戸時代の人が見たら何と言うだろうか?
 

f4bac667.JPGお台場−ビッグサイトの「国際ブックフェア」に行ってきた。今年は「文具展」も一緒だったので一日でまわるのは大変(^_^;)。入り口のそばでは「学研」が華々しく実験をやっていてテレビカメラもそっちのほうに集まっているようだった。僕も実験大好き!(^^)でも、写真は「石臼をひく美里先生」(本人の希望で顔はモザイク入り)。この年になって初めて石臼をひいてみて大変勉強になった。石臼のハンドル?を伝わってくる感覚が予想と違って妙に新鮮!!「学研」には悪いけど華々しい実験が「玩具」のように感じられてしまった(マァ、オモチャなのかも知れないけど)。 続きを読む

4be65cd7.jpg
 最近アキバに雑貨屋さんが増えている。写真は去年の10月に引っ越してきたその名も「ZAKKAMAN」アキバ的なもの(透明のビニールに入ったスピーカー)からまったく関係ないもの(風船飛行機その他)まで入り口は狭いけど、結構楽しめる。アキバにありがちな「ヤバ系」のものは無いんですけどネ(~_~;)


 

023ca92b.jpg
 「部活が楽しくて勉強する気にならないんだ」と言う生徒が多くなっている。マァ部活も友達関係とか、うるさい教師とかいるから楽しいことばかりではないのだろうが、やはり「学生(生徒・児童も)の本分は勉強」だろう。個性を伸ばすためには、好きなことだけをやらせておくより「学生の本分は勉強だ!勉強しろ!」と言ってやった方がいいのではないか。

 最近「ニート」なる言葉がはやっている (-_-;)ようだ。”Not in Employment, Education or Training”と言うんだそうだが勉強しないことに疑問を持たないで楽しい中学、高校生活をおくっていれば卒業してもそうそう簡単にその生活にピリオドを打つことはできまい。

 

 

 

 
続きを読む

a0bd97b4.jpg
 ここ2・3年の間にアキバのメインストリート(中央通)に「コスプレ」「同人誌」などが増えてきた。「萌え」が出版の新しいターゲットだそうだ。

 中学生の時から○十年(^_^;)アキバ通いをして来て、こんなにも機械、部品以外のものが中央通を飾ったのは初めてだ。僕は経済のことは専門ではないけれど、いよいよ日本もハイテクではなくニューカルチャーが「売り物」の中心になる時代なんだろうな。
続きを読む

c1be7d4e.gif「何でも本気」これは僕が小学校のときの小田原校長先生の座右の銘。普通校長というと朝礼のときに壇上から話している姿が思い浮かぶものだが、小田原先生との思い出は、一緒に卓球をしてくれたこと、朝顔の蔓を「これ以上伸ばすな」と言ってちょん切ってくれたことだ。もっともどうすれば「これ以上伸びなくできるのか」未だにわかっていない^_^;
 「今の子はやる気が無い」などというのは誤りで、今も昔も子供たちは「本気」で何かをしようとし始める。それを継続させられるかどうかは大人たちの役目ではないでしょうか。

↑このページのトップヘ