023ca92b.jpg
 「部活が楽しくて勉強する気にならないんだ」と言う生徒が多くなっている。マァ部活も友達関係とか、うるさい教師とかいるから楽しいことばかりではないのだろうが、やはり「学生(生徒・児童も)の本分は勉強」だろう。個性を伸ばすためには、好きなことだけをやらせておくより「学生の本分は勉強だ!勉強しろ!」と言ってやった方がいいのではないか。

 最近「ニート」なる言葉がはやっている (-_-;)ようだ。”Not in Employment, Education or Training”と言うんだそうだが勉強しないことに疑問を持たないで楽しい中学、高校生活をおくっていれば卒業してもそうそう簡単にその生活にピリオドを打つことはできまい。

 

 

 

 
 「モラトリアム」と言う言葉も最近聞かなくなったが、この一度しかない?「モラトリアムの時代」に子供たちの「学ぶ心」「学ぼうとする心」を育てていきたい。