SNS、Cloud Computingからデジタルカメラ果てはデジタルハリウッドまで世はまさに「デジタル文化」真っ盛りだが、最近若者の間でも「アナログ文化」再燃の兆しがある。たとえば「ミニ四駆」はモーターまで改良、自作する強者がいるそうである。「アナログカフェ」なんてのも流行っているようである。
 若手経営コンサルタントの雄(株)ラディアの谷中教隆先生も「通常の経理ができない社員はPC会計ソフトを使っても自分の間違いを発見できない」とおっしゃっている。うん、そうなんだ、教育にいきなりデジタルを取り入れても「自分の間違えを発見できない」子供が育ってしまうかもしれない。要するにデジタルでは「距離感」がなくなってしまうということなんだ。
  生きることの意義を見失ってしまう子供たちが多くなっているのもこのこととあながち無縁ではあるまい。