2006年02月07日

その後の私のスケジュール

その後の私の状況を少しお知らせします。

2月8日から14日まで、インドのジャイプールのIOUの第2回国際学会に参加するために出かけ、講演をします。

帰国してすぐに2月18,19日は、神戸の大阪音大のピアノ科の先生と生徒さんたちとのコンサートに、出演と講演をするために、神戸に行きます。このグループとは、もう10年以上のお付き合いが続いています。とても楽しいコンサートになることでしょう。ご縁とは不思議ですね。  続きを読む

正月に考えたこと

私は今、3月のサトルエネルギー学会の春の大会の準備で、大変忙しくしています。
私が大会の実行委員長なのですから。責任もあり、いろいろと口を出しています。
とてもいいムードで、皆さんが張り切って仕事をしていますし、私も楽しみにしています。
正月以来の実行委員会も、三三七拍子で景気よく打ち上げました。
  続きを読む

2006年01月16日

明けましておめでとうございます。

38a90cab.jpgしばらくご無沙汰をしていました。少しずつ今年は書いていきます。

私は70歳になりました。正月の1月1日に家族全員が集まって撮った写真を、まずお見せします。

私は70歳中に5冊の本を書き上げようと、いま精力的に執筆を進めています。
年末にようやく一冊目の原稿が完成して、出版社に手渡すことができました。
タイトルを『がん、愛しているよ(仮題)』としました。

次の本は、『意識の超越理論』です。
この理論を、今年は世界のあちこちで講演をおこないます。英語で聞きたい方は、どうぞ私のホームページのスケジュールを見て、ご参加ください。
たとえば2月にはインドのジャイプールで、2月末はニュージーランドのオークランドで、3月4日はオーすトラリアのシドニーで行います。

またこの本を広めることも含めて、昨年8月に超越意識研究所を有限会社として登記を行いました。
この会社が、いままでの寺山オフィスの全ての仕事を統合してこれから運営をしていくことになります。

下の息子の星(セイ)と三角佳代子さんとの結婚式が昨年7月にありました。

今年は、大きなトピックが2つあります。

ひとつは、3月18日(土)・19日(日)と、サトルエネルギー学会春の大会があり、
私が大会実行委員長を務めます。サトルエネルギー学会では2度目の実行委員長です。
私はこの大会で『サトルエネルギーを感じるコツ』というテーマで講演をします。
内容は、きっと皆さんにとって大きな気づきを与えることでしょう。

もうひとつは、9月にアメリカサトルエネルギー医学学会の会長に昨年就任された
クリスティン・ペイジ博士を招聘し、9月23日のサトルエネルギー学会ののシンポジュームで講演をしていただきます。
博士は素晴らしいオーラのある医師で、直感力に関する講演になることでしょう。

さらにペイジ博士のワークショップを、超越意識研究所がコーディネートして、
9月24日の午後に東京でおこないます。
またさらに深い内容のワークショップを、信州の女神山ライフセンターで9月30日の金曜日から10月1日(日)までおこないます。
どうぞ期待をしていてください。

ペイジ博士の本も翻訳されて出版することで、いま話が進んでいます。

皆さんにとって 今年も良い年でありますように。
  
愛と癒しを

2006年(平成18年) 元旦
有限会社超越意識研究所 代表  寺山心一翁

http://www.shin-terayama.jp/  http://blog.livedoor.jp/shintera/
  
Posted by shintera at 09:31Comments(3)TrackBack(1)写真・モブログ

2005年11月13日

Expo 2005 睡眠博

11月20日千代田区の東京グリーンプラザで、とてもユニークなイベントがあります。
テーマが『遊び心の玉手箱』です。
人間にとって、3分の一の時間が、大切な睡眠です。
どんな人たちが当日に話をされるかを、下記のところをクリックしてください。
会場でお会いしましょう。

http://www.suimin.jp/  

2005年10月18日

高江洲 薫の講義がIMAであります

私が個人的に尊敬する高江洲 薫先生が、IMAで講演をされます。
高江洲先生は、人格的にも素晴らしく、かつ、オーラのとても
よく見えるひとで、オーラからその人の診断をされていて、
多くの人たちが何を逃れ、成功への道を歩まれていっています。

今回は講演の最後の30分間を、陰山泰成先生に急用があり、
急遽私と質疑応答の時間にすることとなりました。
さぞかし、素晴らしい討論となることと思います。
是非、お出かけください。見逃さないように!


●10月21日(金)トータルヒーリング講座
会場:東京都品川区 大井町きゅりあん 6F 中会議室 6:30〜9:00
テーマ : 「過去世を知り、自らの希望の未来へと向かう」
エネルギー誘導つき 〜 高い存在とのコンタクト 〜

講師:高江洲 薫
ヒーリングセンターアルケミスト代表、IOU統合医学部トータルヒーリング学科講師

【お問合せ・お申込】 03-5791-2011 国際統合医学教育協会まで

以下、ホームページから転載。  続きを読む

2005年07月20日

ラルフ(ギター)&レネドラ(ボーカル) 日本初の二人のコンサートです

bd8e0b4c.jpgニューヨークで大活躍の龍村和子さんが、7月31日早朝に富士山でのおもいやりのご来光イベントに、アメリカからギタリストのラルフとヴォーカルのレネドラを招待し、この機会をとらえて、東京でコンサートをすることに決まりました。二人とも、スーザン・オズボーンの親しい音楽家仲間で、6月3日にニューヨークでのコンサートが実現したことから、今回の流れになりました。富士山の後、新宿区四谷の響きの良い小さなホールで、8月4日夜コンサートが実現することになりました。魂に語りかけるギターとヴォーカルの響きは、きっと聴く人々の心にこだまして、癒してくれることでしょう。世界でも稀なお二人のコンサートが日本で初めて実現します。

詳細のページはこちらです。

ラルフ&レネドラ コンサート
新宿区四谷 コア石響
8月4日(木)18:30開場、19:00開演
入場料 3,000円
お申し込みは、電話03-3339-0020(月〜金 9:00〜18:00)

小さなホールなので、きっとすぐいっぱいになってしまうのじゃないかと思っています。

話は10年前にさかのぼります。  続きを読む

2005年04月13日

アメリカで、Spiritual Wisdom in Action

kansas052-med
アメリカで、Spiritual Wisdom in Action というテーマのカンファレンスに参加してきました。
カンザスの草原の広がる、ネイティブアメリカンの聖地White Memorial Campでの朝焼けです。見事な美しさでした。
この地で3月28日から4月1日までの5日間を、加藤宏明さんと一緒に参加し、深い感動の元に帰国しました。

詳細は、後ほどホームページ内、月の言葉で報告します。
とりあえず、写真だけをお見せします。写真をクリックすると、大きな画面で見られます。
  
Posted by shintera at 11:51Comments(4)TrackBack(0)写真・モブログ

2005年04月09日

癒し癒され ミラクル 人生物語

国際統合医療フォーラム2005国際統合医療フォーラム2005が開催されます。寺山も初日の16:30より「実践!統合医学へのいざない」と題して講演を、二日目はパネリストとして「これからの統合医療の進む道」フォーラムに参加します。

日時:2005年4月23日(土)、24日(日)
会場:東京ビッグサイト タイム24ビル
費用:2日通し券 10,000円/1日券 6,000円(会員割引あり)
主催:NPO法人 国際統合医学教育協会

チケットの申し込みは、どうぞ寺山までご連絡ください。email:shintera@dream.com
  

波動医学連続講義

Vol.1 「バイブレーショナル・メディスンをめぐって」
- 波動医学というひとつの生きざま -

【日時】4月21日(木)午後七時〜八時半
【会場】 (株)I.H.M.セミナールーム
東京都台東区柳橋 1-1-11-1F
Tel:03-3863-0211
【定 員】 先着40名(定員になりしだい締め切らせていただきます)
【参加費】 各講義とも前売: 一般/4,000円(当日5,000円)
協賛団体会員/3,500円(当日4,000円)
日本波動医学協会会員/3,000円(当日3,500円)
【協賛団体】 株式会社IHM / サトルエネルギー学会 / 意識波動医学研究会
国際統合医学教育協会 / 国際風水科学協会

●お申し込み:こちらのページからお申し込みください。

●講義内容:1996年カリフォルニアで「バイブレーショナル・メディスン」(日本教文社刊)の著者リチャード・ガーバー氏のワークショップに、日本人として初めて出席しました。その折この本のすばらしさを感じ、ワークショップ終了後に「バイブレーショナル・メディスン」の原書 20冊を購入して帰国しました。さらに帰国後開かれたサトルエネルギー学会の理事会で「この本がこれからの学会の方向性を決める要になる」と言い切り、理事全員に購入させたのです。
ガンの治癒体験、波動医学の核心について語ります。海外の波動医学の現状・実態、さらには今後の可能性・方向性についても、チェロの演奏を挟みながら話をすすめます。
  

2005年03月26日

「愛・地球」とサトルエネルギー

「愛・地球」とサトルエネルギー
〜いま地球に何をおかえしできるのか〜

日程:2005年3月26日(土)、27日(日)
時間:初日開場10時、日曜開場9時30分
場所:工学院大学 3階大教室(西新宿) 
料金:一般 2日間12,000円、1日間7,000円(会員割引あり)
申し込み tel.0467-43-2936 / fax.0467-43-2937
http://www.subtle-eng.com/

3月8日のサトルエネルギー学会参加者につきましては、寺山宛に申し込みをしてくだされば、会員割引で、チケットを提供させていただきます。  

2005年03月08日

サトルエネルギー学会月例会: ガンの癒しは、サトルエネルギーを感じることから

2005-03-08-subtle-small講義のお知らせです。講義前の質問や講義後の感想など、コメントやトラックバックをお寄せください。寺山 心一翁

日時:2005年3月8日(火)18:30〜20:30
場所:港区立三田福祉会館 集会室A(tel.03-3452-9421)
東京都港区芝4-1-17

費用:学会員1,000円
   非会員3,000円
当日現金にて申し受けます。

定員:40人
申し込み:サトルエネルギー学会 tel.03-5730-6450

内容:末期がん状態の人間が...  続きを読む

2005年03月04日

講演録が発売されています

2004年9月の講演録が発売されています。

第45回塩の道学校 病を愛して
本物のイノチを生かす、これからの生き方
価格:1,000円

生の声が伝わってきて、最近これほど感動したものは他にないとの手紙を、何人もの方から寄せていただきました。塩の道クラブで購入することができます。お問い合わせは、tel.03-3227-3197 info@shionomichi.com までどうぞ。

以下、2004年9月の言葉より引用
9月11日午後、塩の道クラブで、「病を愛して」というタイトルで、本来のイノチを生かす、これからの生き方について話をしました。塩の道クラブは、海の精という名称の塩を大島で作り、全国の皆さんに提供しているグループです。塩がいかに大切か、そして、精製塩がいかに悪さをしていたかを人々に示し、人間のからだにとって、もっとも正しい塩を皆さんに紹介する運動を長年行ってきました。いまや、それは、大きな流れになっています。
塩の道クラブで講演
  
Posted by shintera at 15:05Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月04日

ガン専門の鍼灸師

癌治療の聡哲鍼灸院の日記
http://blog.goo.ne.jp/white_beech/e/1034927bc758a3434b3deb88233a3c46


「ガンは治ります!」と本気で患者に説いている方です。
  

2005年02月01日

実践!統合医学へのいざない

9cf4208b.jpg1月28日大井町きゅりあんにて、IMA(国際統合医学教育協会)主催の講義を行いました。感じることの大切さと、Narrative Medicine(人生物語医学)へのいざないを強調しました。3月8日サトルエネルギー学会月例会で、それの実践である「ガンの癒しはサトルエネルギーを感じることから」のセミナーを行います。  
Posted by shintera at 10:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月25日

blogはじめました

今、多くの人がガンで亡くなっています。
何がおかしいか? その問いに答えていこうとblogに参加しました。
コメントもどうぞお送りください。  
Posted by shintera at 18:29Comments(0)TrackBack(3)