IMG_0619
江戸時代まで松前藩の城だった松前城にやってきました。ロシア艦隊が来るので、防衛用に建てられた城です。天守閣はコンクリート造りで再建されたもの。本丸御門だけ重要文化財。
ほぼ、見る値打ちはないのですが、他に見るものもないので、ここに来るしかありません。
藩主の弟で絵も描いた蠣崎波響の作品の展示をしています。また天守閣の最上部では、代表作でアイヌの酋長たちを描いた、『夷酋列像』のコピーが展示されていますが、ガラスの写り込みがあって見づらいし、建物の外もほとんど見えないし、なんのためにこんなところまで登ってきたのかさっぱり意味がわかりません。IMG_0612
北前船が来ていた頃は、蝦夷との交易もあってたいそう栄えたということですが、今はもう当時の面影を偲ぶよすがもないです。IMG_0622