August 10, 2020

山の日

 深夜に雨音が聞こえたような気がしたのは、夢ではなかったか。目覚めると、このところ霞むどころかその姿さえ見えないくらいだった眉山が、今朝はくっきり。山間部は雲行きが怪しい感じだったが、雲の合間に見える青空は久々にすっきりしていた。残念ながら今日は所用でDNS。夕方なら少しは走れる可能性はあったが、野良仕事で終了。
blog200810
 ところで今日は、山の日らしい。マスコミはお盆休みお盆休みと繰り返しているが、もともと暦通りの仕事の上に、フリーになってからはますます縁遠くなったお盆休み&夏休み。加えて、感染症騒ぎで遠出をする気にはならず。仕事もそこそこあるし。空いた時間で、ちょっと前の遠征記録などをHPにアップ準備&随時アップ中。以前のブログ記事と重複するところもあるが、新規のものも多少。写真は、せめて山の日にちなんで、Mont Ventoux の麓の街・Bedoin での一コマ(2016年)。

shinyama7591 at 19:45|PermalinkComments(2)

August 09, 2020

柴小屋へ

 今日は朝の小仕事もないので早朝から走ろうと思っていたが、昨日それなりに走ったので気力なし。
blog2008091
 県西部まで行く気にもならず、昨日と同じく午前7時50分に畑スタート。鮎喰川の左岸をのんびり走っていたら、広野辺りで後方からshinさんが追いついてきた。四方山話をしながら、特に予定はなしというshinさんに付き合っていただいた。同世代で自転車に乗っている期間もほぼ同じなので、いろいろと話が合う。神山からは、私の予定?だった柴小屋方面に一緒に向かった。ちなみに、こちらから登るのは4、5年振りくらい。後半は、少し緩いところがあるのと、かなり上方まで杉林が続いていることを再確認。shinさんによると、最近神山町内の道は、かなりマイナーなところでも道沿いの枝打ちが徹底されているとのこと。この道沿いの杉林も、枝打ちはもちろん間伐もかなりよくされたところが多かった。続きを読む

shinyama7591 at 21:30|PermalinkComments(4)サイクリング | 徳島

August 08, 2020

神山−見ノ越往復

 小仕事を終えて、そのまま神山へ。7時50分スタート。
blog2008081
 国道438号線で川井峠、ちょうど9時に到着。やはり以前の1.5倍くらいかかる。そのまま木屋平に下って、小中学校を過ぎて県道260号線へ右折。久々に中尾山経由。県道260号線を数百mほど走ったところで斜めに左折。中尾山グラススキー場まで8劼良充─ここを登るのは、十数年振りだと思う。確かK氏を含む数名で登った記憶。初顔合わせだったと思うIさんが軽々と登っていく後ろ姿を見て、速い人は沢山いるなあと思った印象が強く残っている。続きを読む

shinyama7591 at 21:50|PermalinkComments(2)サイクリング | 徳島

August 06, 2020

8月6日

 間違いなく知っていると思っていた妻でさえ、この日ということを知らなかった。大多数の人は、そんなものなのかもしれない。
blog2007254
 差し迫った状況に何の判断も下せないのに、敵基地攻撃能力保有について推し進めようとする。唯一の被爆国でありながら、核兵器禁止条約には批准しない。まあ、きれいごとだけで生き残れるのかと言われれば否定はできないが、人類を滅ぼすのは新たな微生物や自然の変化である前に、ヒト自身である可能性の方が高いのではないかとずっと思っている。私如きものが、こんなところに書いてもほとんど誰も見向きもしないだろう。昨今の時代、影響力のある人がもっと発信しないものか。タレントであれ、スポーツ選手であれ、みんなひとりのヒトなのだから。まずは知ることが大切かと。

shinyama7591 at 22:44|PermalinkComments(3)雑考 

August 02, 2020

ゆるり、府能

昨日は距離こそ稼いだものの、フラットコースの上にマイペース、さらに最後はポタ走行だったので、思ったほど疲れは残っていないかなと思っていた。
blog2008021
 が、やっぱり全く走れず。これは疲れというより衰えだろう。涼しい内に活動することに出遅れ、10時過ぎ、畑から時計回りに府能。登り口までに何人かの自転車乗りと対向。ゆるゆると登っていたところ、後ろから挨拶して軽快に抜いていった人が振り返るとMさんだった。やあ久しぶりと近況など話しながら峠まで。ペースを緩めて付き合ってくれたものの、矢次早の話に私は走りながら短い返事をするのが精一杯。エリートのレースは再開されているそうだが、関東地方などへの遠征は厳しそう。続きを読む

shinyama7591 at 22:31|PermalinkComments(0)吉野川 | 徳島

南へ

 昨日の話。
 5回あるこの8月の週末で、唯一小仕事なく早朝からフリーになれるこの日、前日から何処へ向かおうかと2、3ヶ所検討。剣山方面や県西部の山も考えたが、全く登れないのと下ってきた時の暑さに閉口することが予想される。予報では徳島市内、穴吹、池田とも最高気温は34℃だった。それならばと、毎年年明け(昨年は3月にずれ込んだ)室戸行きを考えた。意外と南部の気温は北部より低いことが多いのだ。
blog2008011
 午前4時半起床、5時出発。6時20分に牟岐をスタート。この時期は初めて。暑いので無理はせず、身の危険を感じる前に撤退する方針。スタート時は23℃くらいで、走っているとちょっと肌寒いくらいだった。が、まもなく気温は上がってきた。早朝でも、国道55号線の交通量はそこそこ。県境のトンネルだけは、海側に迂回。甲浦まで1時間。野根を過ぎて、TOKUさん主催で行われていた室戸TT区間は、一応ちょっとだけ頑張ってみる。なかなか30km/hrキープは難しく、60分をギリギリ切れなかった。続きを読む

shinyama7591 at 07:22|PermalinkComments(9)サイクリング | 高知

July 30, 2020

梅雨は明けたものの

 ほぼ2か月に渡った梅雨が明けたと宣言された。
blog200730
 徳島市内でも、統計上は例年の1.5倍くらいの降水量があったらしい。しかし、鮎喰川流域では雨の日が多かったものの大雨という程ではなく、水害に見舞われた人には申し訳ないが、水量は多少増えた程度で、水底までの改善には至っていないように思う。加えて、感染者増加の日々。暑いのは思いやられるが、いろんな意味で楽しみでもある夏の日々、今年は晴れ渡った空のような日々は訪れないのか。
 暑さを覚悟して18時半頃に職場を出たところ、思いの外涼しい北寄りの風。そんな風に誘われて、マリンピア方面に遠回りして帰宅。先日のような夕焼けも期待したが、それほどでもなく。

shinyama7591 at 22:27|PermalinkComments(0)自然 | 吉野川

July 26, 2020

曇りのち雨

 今日こそは終日雨と思っていたのに、午前中は雨の降る気配がない。雨雲レーダーでは、結構雲がかかる予報なのに。
blog2007255
 さっさと行動に移れないのが、このところ毎度のこと。昼前に重い腰を上げて、定番・大坂峠へ。半分ほど登ったところで、下ってくるふくてんさんと遭遇。引き返して峠まで引っ張っていただき、いつもよりいいペースで走ったものの、引田側に下り始めたところでポツリポツリ。引き返せばいいものを、どうせ濡れるだろうと下って折り返し。途中からは本降りとなって峠手前からは、ずぶ濡れ(峠で引き返したふくてんさんはギリギリセーフだったとのこと)。夏の雨なんて汗が流れていい・くらいに思っていたが、そんな思い込みに反して少し肌寒く感じて1往復で終了。これも加齢のせい?続きを読む

shinyama7591 at 19:14|PermalinkComments(2)

July 25, 2020

雨のち曇り、そして・・・

 てっきり雨だと思っていたのに、起きてみると路面が乾いているくらい。雨雲レーダーを見ると、まもなく雲も行き過ぎていく予報。
blog2007251
 と思ったのは、ほんの30分ほど。まもなく、また降り始めた。再度、雨雲レーダーを確認すると、先程までの情報は何処へ消えた。昼過ぎまで、次々と雨雲がかかっている予報に変わっている。当初から今日は終日雨と予想していたので、ゆっくりと読書。雨の連休を見越して、先日半年ぶりくらいに本を購入していた。その前までは、30年ほど前に読んだ本を何冊か読み直していた。筋さえもほとんど記憶に残っていなくて、初めて読むのと同じくらい。記憶にある印象とはまた異なった感想を持つこともあって、それはそれで楽しめた。続きを読む

shinyama7591 at 21:19|PermalinkComments(6)自然 

July 24, 2020

気力なし

 単なる怠けなのか、全くやる気なし。
blog2007241
 できることなら1泊、せめて1日くらいは愛媛か高知の何処かを走ってこようと、ちょっと前までは考えていたが、相変わらずの状況に加えて狙ったかのような梅雨前線活動。早々と諦めて、何の予定も立てず。中途半端な雨だが、野良仕事にもならず。例年になく好調だった畑の作物たちも、いつも通りの夏バテは、我が身を反映しているかのよう。続きを読む

shinyama7591 at 21:01|PermalinkComments(2)