June 2014

June 29, 2014

今年も、もう半分・・・

 前線が南に下がって、予想外の好天となった今日。
blog1406291
昨朝予定していたが雨で止めたオオカ〜ラへ。昨夜の飲み会を2次会で離脱したものの、アルコール燃料で走れた時代は遠くに去り。午前6時出発。涼しかったのが有難かったが、ネイチャーから失速。50分切れず。僅か1週間で、山頂付近のアジサイは随分色づき始めていた。
blog1406292
小仕事後、畑へ移動。神山・川又まで鮎喰川ポタ(平均時速20勸焚次妨紂¬醂瓢纏。漸くトマトが熟し始めた。トウモロコシもここまでは順調だが、この後アワノメイガ(阿波の名画・こんな変換が・・・)にやられてしまうのが毎年のこと。さて今年は。

blog1406293
 例年になく多く花をつけたクチナシもあっという間にその盛りを過ぎ、今年は出ないなと思っていたイラガが、やはりバラやヤマボウシに出現、そんな季節。

shinyama7591 at 22:03|PermalinkComments(8)TrackBack(0) | サイクリング

June 26, 2014

岡山プチ遠征3

 名残惜しくも吹屋を後にして県道33号線に向かったところ、少し南へ下ったところに西江邸という豪邸があるらしいので寄り道。

blog1405076
 県道から急峻な道を押しての高台にある邸宅は、大きな蔵を持ち、やはり石州瓦が美しい民家だった。欅をはじめとする、周囲の落葉大樹の新緑もまた魅力的だった。


blog1405077
 邸内も見学できるようだったが、時間的なこともあり、外観を拝見しただけで先へと進んだ。



blog1405078
再び県道33号線に戻って北上。家実から県道50号線で東進予定だったが、分岐部で閉鎖。こりゃ困ったと思ったところ、少し北に迂回路の表示あり。この道がまたとても細くて、一度違うと思って行き過ぎて引き返した次第。ここも一気に登った後は、高原状。哲多町萩尾付近は、岡山特産のブドウ畑が広がっていた(この日のコース、随所に見られた)。雨除けのビニールと枝の誘導は、大変参考になった。
blog1405079
しばらく高原状の道を走った後、再び高梁川・国道180号線・井倉に向かって一気に下り。ちょうど対岸の斜面に、桐の花が満開。ひょっとしてあの付近を登るのかと思っていたら、やはりそうだった。伯備線も通るこの付近、鍾乳洞も多いようだが、ほとんど素通り。井倉付近は河岸段丘なのか、高梁川両側は切り立っていた。続きを読む

shinyama7591 at 23:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)サイクリング | 自転車

June 23, 2014

岡山プチ遠征 2

 辿り着いた吹屋は、まだ朝も早かったためか懸念していた観光客もほとんどおらず、落ち着いた通りの佇まいをゆっくりと散策することができた。
blog1405071





blog1405065
 半分は自転車を押しながら、通りを2往復あまり。




blog1405070
通りには、ベンガラ塗りの外壁や格子窓が続く。




blog1405069
少し高いところから見ると、石州瓦がおりなす屋根の重なりも美しい。続きを読む

shinyama7591 at 23:48|PermalinkComments(8)TrackBack(0)サイクリング | 自転車

June 22, 2014

岡山プチ遠征

 もう1か月半も前、連休最終日5月6日の話。昨年秋に計画していながら、直前に諸事情で中止となった吹屋周辺を巡る道を走ってきた。コースはこちら
blog1405067
 一番の目的は吹屋だが、同じくらい期待していたのが、いつも高速岡山道路上から見える民家と周辺の田園風景。個人的に非常に好み。
続きを読む

shinyama7591 at 22:09|PermalinkComments(8)TrackBack(0)サイクリング | 自転車

雨の日曜日

 昨日は午前中勝負と予想していたが、思いの外、夕方まで雨が降らずに済んだ。
午前4時過ぎ、まさかの雨音。しかし、極短時間だったようで路面もほとんど濡れておらず、3週連続で朝飯・仕事前のオオカ〜ラ詣で、午前5時半出発。
blog140621
南風が入って、やや蒸っぽかった。後半タレて、ギリギリ50分弱。XXさん情報通り元通りになった広場の風車は、風通りがそこが一番良かったためかもしれないが、他の風車より回転数が多かった。ふと北側を見ると、ちょっと雲海風の光景。下りで登ってくる単独走の方、3名とすれ違い。

小仕事後、大坂峠をちょろっと流して畑へ。インゲン豊作。今年はマメ類がこれまでになく収穫できている。この調子でエダマメもと思うが、早くもカメムシ多数襲来。
1週間の疲れか、21時前に撃沈。
blog1405066
今朝は、予報通り雨。まずはのんびり起床。仕事も終了して・・・、昼間からアルコールなんてのもいいなあ(終日雨なら間違いなく実行だが、午後から回復予定らしい)。とりあえず、1か月以上も前になってしまった日帰りツーリングのレポ作成を・・・。

shinyama7591 at 10:14|PermalinkComments(6)TrackBack(0)雑考 | 

June 18, 2014

6月15日 鮎喰川・穴吹川

 6月15日。前夜の飲み会で話題になっていた上勝の棚田訪問に参加したかったが、仕事の都合で早々に断念。が、幸い仕事は落ち着いたので、午前10時過ぎに畑から出発。讃岐方面・うどんも考えたが、靄っていて峠からの展望も良くないと思われたので、久々に穴吹川を目指した。
blog1406171
 まずは阿川から柳水庵(鮎喰川は昨日よりさらにきれいだった)へ。鮎喰川沿いを走るのは約10劼曚匹世辰燭、前日にも増しての好条件。真夏を待ちきれない子供たちや家族連れなどで、川辺は早くも賑わいつつあった。

blog1406172
 柳水庵から下ったところで、10名ほどの青いジャージのグループと次々にすれ違い。阿川、美郷とウメの里はいずれも収穫時期だったよう。山川からは吉野川沿い土手を走って、穴吹へ。ちょうど正午前で、国道沿いの気温表示は30℃だった。続きを読む

shinyama7591 at 23:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)吉野川 | サイクリング

June 15, 2014

昼・夜とオオカ〜ラ三昧  もしくは、ちょっと以前の、いつもの週末

 昨夜は、楽しいオオカ〜ラ飲み会。せっかくだから、美味しいビールを飲むために、その前にちょっと走りましょうと提案したところ、数名の方に賛同をいただいた。4月からわが職場で働くようになった自転車乗り(珍しい)二人も参加していただけるというので、午後の部の言い訳に早朝まず1本。
先週同様、午前5時45分自宅出発。6時30分、登り始め。前半は先週より約1分遅れだったが、後半垂れることなく、久々に(いつ以来?)50分切り。午前8時半過ぎ帰宅。
blog1406144
 一仕事後、畑に移動。正午過ぎに再出動。集合時間までに1時間半あるので、のんびりと鮎喰川ポタ(写真:2枚目、3枚目)。ついでに旧府能峠(写真:4枚目)を登っていたら、ジャストの時間になってしまった。
 既に2本走って早々に離脱のひろぶぅさん、仕事で少し遅刻したKw君を含めて、総勢9名だったかな。みなさん、アタックすることもなく、夜の楽しいお酒を楽しむために登っている風だった。この時期の午後をいうことで暑さも懸念されたが、思いの外涼しく快適であった。
blog1406141
 で、夜はお楽しみ、オオカ〜ラ宴会(ま〜し〜さん、毎度ながら企画ありがとうございました)。総勢14名。コストパフォーマンス最高のお店。しっかり飲んで食べて・・・。自転車の話はもちろん、話題は尽きず。続きを読む

shinyama7591 at 19:58|PermalinkComments(16)TrackBack(0)サイクリング | 雑考

June 08, 2014

続・いつもの週末

 午前5時過ぎ、目覚め。体は重かったが、ちょっと迷った挙句、仕事&朝飯前のオオカ〜ラへ。向かう山頂は雲の中だったが、結局濡れることはなし。後半大タレで、50分の壁が遠い。下る途中で、3名の方が登られていた。
blog1406081
一仕事終了して、畑へ。昼前から、行く手には、これまた黒い雲が広がっていたのでちょっと迷ったが、鮎喰川ポタ。先日の雨で、水量は少し増えていた。雨後にもかかわらず、透明度も良好。ただ曇天を映して、やや暗い水面。

blog1406082
時速20劼如久々の江田へ。この時期どんな感じかと初めて訪れたが、耕作されていない田も多し。気温もそうだが、おそらく山の水は冷たいので、田植えは少し遅めのようだったが、もうすでに青々としているところもあった。

shinyama7591 at 22:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)吉野川 | サイクリング

June 07, 2014

いつもの週末

 ちょっと企てていたこともあったが、1週間そこそこ多忙&梅雨入り・天候不順の予報で、早々に断念。
blog1406071
小仕事後、午前10時過ぎから定番・大坂峠に向かったところ、ちょうど峠で、平キンちゃんとすれ違い。「いやあ、お久しぶり」と立ち止まって、しばし近況報告など。その後は東讃をちょろっと走った。


blog1406072
午後は雷雨があるかもとの予報、徳島方面は黒い雲が覆い始めていたので、そこそこに終了して畑へ。
ソラマメ、エンドウは完全に終了。ミズナも命を絶った。変わって、インゲン、キュウリ、ナスなどがボチボチ。トマトは、毎年このあたりまでは絶好調。豊作間違いなしと思っていると失速する。今年はどうかな。
blog1406073
野良仕事を3時間ほどして帰宅すると、これが届いていた。事務局のOさん、そしてたんたんさん、お気遣いありがとうございました。

shinyama7591 at 22:29|PermalinkComments(12)TrackBack(0) | 自然

June 01, 2014

一足飛びに

 昨日は観測史上5月の最高気温更新という地が多かったらしいが、6月1日の本日も同様。初夏を通り過ぎて、盛夏以上。
blog140601
 幸い、湿度は低く、日陰に入ると風は涼しかった。朝夕は、真夏のやり切れない暑さとは無縁。写真は、15時・穴吹にて。30℃は越えているかなあと思ってたら・・・。しかもこの直後、国道192号線で35℃の表示を見た。

shinyama7591 at 21:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)自然