April 08, 2014

又兵衛桜 1

 以前から、奈良県宇陀市周辺に名のある桜がいくつか存在するらしいことを見聞しており、一度は訪れてみたいものだと思っていた。たまたま昨年ゴンさんが訪問されたレポを見て、ますます行きたくなった次第。再訪される折にはぜひ一声掛けてくださいとお願いしていたところ、今回、タカやんさん企画の又兵衛桜詣でにお誘いいただき、早速飛びついた次第。
 さて、当日。午前5時前、徳島出発。大阪市内に入るあたりでは、前方に真っ赤な太陽。しかし、奈良に入ると空一面に雲。
blog1404063
 午前7時前に集合場所の橿原ジョグ&サイクリングセンターに到着(ちょうど200辧法あまりに早く着き過ぎた(集合は9時だった)のと、この時点ではまだ天候も保たれていたので、ちょいと走って又兵衛桜での合流させていただく予定とし、ゴンさんに連絡。すぐ横にある橿原神宮も、ゆっくりと回ってみたい深淵重厚な雰囲気を醸し出していたが、折角&ちょうど時間的余裕がありそうと吉野方面へ向かってみることにした。
 生駒のトンネルを抜けて朝靄に煙る光景を遠望した時から、いい雰囲気だなあと思った奈良盆地。まずは県道155号線で明日香方面へ。日本史にはまったく疎い当方でも、名前だけは知っている地名が次々と出てくる。石舞台辺りは、ちょうど桜が満開。明け方までの雨でしっとりと濡れて、桜の花も鮮やかさを増していた。それを狙って、たくさんの人がカメラを構えていた。

blog1404064
 明日香からは、より鄙びた道と思われる県道15号線で吉野方面に向かうつもりだったが、分岐部に「吉野方面には抜けられません」との表示。折よく一人の自転車乗りがそちらから下ってきたので訊ねてみると、峠付近で通行止めとのこと。仕方なく、県道155号線を進んだ。まだ数キロしか走っていないのに、結構な勾配の坂が続いた。ようやく峠(400m以上登攀)に到着したと思ったら、そこから先は雪景色だった(前日アップの写真)。前夜に予報で確認したところ、宇陀市・午前3時霙となっていたが、まさか本当に雪が積もっているとは。幸い雪が残っているのは、畑と民家の屋根だけで、路面は濡れているものの問題なし。下って県道37号線に右折。長い鹿路トンネル(旧道の情報持ち合わせず)を抜けて、吉野口へ。午前8時30分頃到着。
blog1404065
 吉野も以前から一度は訪れて見たかったところ。今回は何の事前調査もなく、下千本付近が見頃らしい程度の漠然とした情報のみ。とりあえず距離感覚と下見程度、あわよくば堪能できれば程度のつもりだった。吉野口では川の左岸に渡った。もうその付近で結構大きな満開の桜が随所に。こりゃあ、なかなか期待できそうだと思ったのも、その付近まで。
 登り始めると、勾配はなかなか手強い。おまけに雨が降り始めた。しかも次第と強くなってきたので吉野神宮も素通り。下千本というので、川の近くかと思っていたら、結局標高差で250mほど登った。そのあたりから雨がかなり本格的に降り始めた。桜は雨で煙る山肌に点在して咲いていたが、濡れて写真を撮る余裕もなし。おまけに進むと、沿道両側は土産物屋で埋め尽くされ、まだ朝早めだったが休日ともあって結構な人出。桜は何処だ?と進むうちに、中千本との分岐部に到着。ここからはさらに勾配がきつそうだったし、自転車で入ってもいいのか??開花もまだ早いとのこと。何よりも本降りになった雨で戦意喪失。集合時間にも余裕を持ってということで、そこから周回コースを下った。上着は合羽を持っていたものの、下は準備がなかったので、あっという間にびしょ濡れ、ずくずく。気温が低かったこともあり、もう寒くてたまらず。
blog1404066
 吉野口まで下りてくると、なんとか小雨になって気温も少し上昇したような感覚。吉野からは県道28号線と国道370号線で大宇陀・道の駅へ。いずれも比較的交通量が少なく、走りやすい道だった。時折だったが、日も差して、その時だけはちょっと暖かかった。
 又兵衛桜には予定の10時30分に到着。手前から観光客が数珠つなぎで向かっていく先に、うっすら淡いピンク色。あれがそうだな、と対岸の道を先へ進んだ。

shinyama7591 at 20:59│Comments(6)TrackBack(0)サイクリング | 自然

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by XX   April 08, 2014 21:13
良さそうな雰囲気のトコですね。
1枚目の写真の道なんかノンビリ走りたいです。行きたいトコが次々に増えていきます(>_<)

私の方は、平地は桜がいっばい咲いてましたが何もない山の中を走ってる時間が長かった気がします。
そして雪の量もおそらくこちらの圧勝でしょう(笑)
2. Posted by ゴン   April 08, 2014 21:49
吉野、素晴らしいですね。ただ坂が半端ではなそうですが、でも、行ってみる価値がありですね。紅葉の時期にでも計画してみようかな。
それにしても、や まさんの行動力には、脱帽です。
3. Posted by simit   April 08, 2014 22:09
吉野は一度は是非にと思っていたところなので,今回のレポは後押しをしていただいたようです。
仕事も一段落したので,次の週末には行きたいものです。(天気を祈るばかりです)
4. Posted by や ま   April 08, 2014 22:33
XXさん:
有名どころではなくても、大和路には当たり前のように、そこここに素晴らしい光景が広がっていました。
やはり歴史のなせる業でしょうか。
5. Posted by や ま   April 08, 2014 22:35
ゴンさん:
この写真は、ほんのさわり程度だと思いますよ。
とにかく、この日で一番雨が激しかったので、写真どころか花見をする余裕さえありませんでした。
次回は、十分下調べをして、ゆっくりと回ってみたいです。
6. Posted by や ま   April 08, 2014 22:36
simitさん:
6日はまだ下千本でも早いようで、それより上は、まだまだでした。今週末はいい見頃かもしれませんが、相当な人出になるでしょうから、早朝勝負がいいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔