May 13, 2014

誘われて、山行

 午前5時、自宅出発。K氏宅集合、午前5時半出発。デポ地・大永山トンネル南口からのスタートは、午前7時35分。目指すは、笹ヶ峰。事前の予習は皆無だったので、距離や高低差、予想時間など行程も全く頭になし。加えて、装備は雪山行直前に購入した靴のみ。後は、普段着と自転車用で間に合わせ。
blog1405113
 詳細な記憶はあやふや。とにかく、最初は元気があった。自転車生活を辞めて、山登りに精を出すようになったK氏、ちょうど丸1年とのこと。しかし、その僅かの間に、徳島・愛媛のガイドブックに載る山々を30峰以上登攀。自転車同様、気合が入っている。雪の多かった冬場も休まず登っていたとのこと。
blog1405114
 今回のメンバーは、K氏とK氏の同級生・S氏。これまた、山歩きに盆栽、さらには陶芸からオートバイまでこなすという多趣味な方。このコース、お二人も初めて。ガイドブックを片手に、K氏が先導。まずは尾根道まで南斜面の樹林帯を登る。暑くなく寒くなく、最高の季節。杉木立から落葉樹林に変わると、まもなく稜線近くに出た。その直前に大きなブナの樹。

 稜線にでると、視界が広がる前に、アケボノツツジの群落。ちょうど満開にはほんの少しだけ遅かったようだが、見応えあり。喜んで写真を撮っていたが、その後しばらく同じ状態が続いた。
blog1405115
 が、稜線に出ると、担いできたデジ一を取り出す余裕はなくなり、手持ちのコンデジでとりあえずの一枚。アケボノツツジの群落を過ぎると、一度下って、再び登り返し。ここで30人くらいの団体さんとすれ違い。半数以上が白髪で、どう見ても当方より高齢。その他にも、単独、グループと何人も出会ったが、やはり半数は当方より高齢。中には80歳も越えているのではと思われるカップルも。
blog1405116
 帰路が少し不安になりそうなクマザサ斜面を登り切って振り返ってみると、赤石山系に続く稜線が一望(写真:3枚目)。この頃から風が次第に強くなってきた。2時間ほど歩いて、ちち山のすぐ手前で休憩。この前後はクマザサの斜面の細い道。どうも腰が引けてしまう。
blog1405117
 さらに休憩中に追い抜いて行った人を見ると、ほぼ真上・頭上にその姿が。思わず「登れるかもしれないけど、下れない」と弱気を吐露。幸い、その道はちち山山頂へのコースで、漸く見えてきた目的地・笹ヶ山頂は、斜面をトラバースする道だった。山頂近くには、雪渓が。灌木の生える南斜面から稜線に出ると、南風がさらに強まってきた。どう見ても風速15m/sは下らない。
blog1405118
 午前11時前、漸く到着した山頂だが、とんでもない強風。とても立っておれない。冗談抜きで、風速20m/sを超えていただろう。


blog1405119
 山頂からは、北には西条から今治、そしてしまなみ海道の島々。北西には高縄半島。西には手前から、伊予富士〜瓶ヶ森〜石鎚山が一望(写真:7枚目)。さらに奥遠くに見えたのは、おそらく笠取山方面と思われた。東南には、平家平方面。東には、これまで歩いてきた道の向こうに、赤石山系遠望。
 この360°の大展望をゆっくり眺める余裕は全くなし。唯一あった祠の岩陰で、補給大休憩。せっかくだからと写真を撮ろうとするが、吹き飛ばされそうになるので、あきらめた。
blog1405120
 30分弱休憩して、帰路についた。往路・登攀時に、ここの下りはちょっと怖いかも、と思っていたところが3ヶ所ほどあったのだが、結局何処だったかと思うくらいで済んだ。しかし、前述のように、そんなに登っていたかと思うくらい下りが長かった。写真:8枚目は、冠山・平家平方面との分岐部手前。登ってきた道は、画面の左方向。
blog1405121
 さらに、アケボノツツジの群落から出発地点までは、さほどないと思っていたのに、下る下る。脚が悲鳴を上げ始めた(予想通り、昨日今日は大腿四頭筋がパンパン)。自転車なら下りは休んでいても下れるのだが・・・。もう限界寸前で、なんとかデポ地に帰還。14時くらいだった記憶。

shinyama7591 at 22:45│Comments(8)TrackBack(0)自然 | 吉野川

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Nariyuki   May 14, 2014 08:28
笹ヶ峰でしたか。
ここは2年前のこの時期に登りました。
その時の僕のブログのリンク貼ってみます(笑)

この山、結構キツいですよね。
伊予富士の方もいいですが…
2. Posted by ドカ   May 14, 2014 20:11
笹ヶ峰、赤石山系は昔から行きたいなぁ〜と思いながら未踏です(^_^;)
昨年、笹ヶ峰〜瓶〜石鎚の縦走計画するも断念。この秋は笹、赤石あたりを歩きたくなってきました!
3. Posted by や ま   May 14, 2014 22:19
Nariyukiさん:
早速、飛んでみました。
笹ヶ峰から南への直滑降は、厳しそうですね。そんな道、あったかなあ。
バラの情報も楽しみです。
4. Posted by や ま   May 14, 2014 22:25
ドカさん:
それは意外でしたね!
ドカさんなら一日のコース?
縦走、いい眺めが続きそうです。
K氏に赤石情報を聞いたところ、どうも恐怖症の当方では無理のような・・・。
冬山単独行はとても無理ですが、時間を見つけて、山もちょくちょく登ってみたいと思っています。
5. Posted by XX   May 14, 2014 23:22
自分もビビりなので尾根沿いの細い道みたいなのはダメです(>_<)
『自分も』ってのは変ですが、高いトコも苦手なので山には向いてないので絶景は見れそうにないですね (^^;;

先日、四国カルスト(姫鶴平)で突風に煽られ酷い目に遭いました …>_<…
あれも一体、風速何mあったのだろうという風で二桁は確実にあったと思います。
6. Posted by ひらきん   May 15, 2014 22:20
自転車はそこそこ自由に?山登りもしたい(特にアケボノのこの時期は)ですが、遠出山行は楽しそう過ぎて家族に引け目を感じてしまいます(笑

7. Posted by や ま   May 15, 2014 23:17
XXさん
『自分も』全く同様ですね。
高いところから鳥瞰するのは大好きなのですが・・・。
自転車での横風は、徒歩より数倍危険ですね。
8. Posted by や ま   May 15, 2014 23:20
ひらきんちゃん:
薬研谷のアケボノツツジ、以前からよく言われてましたが、昨年の太田尾越まで、その姿を知りませんでした。
山登りは、自転車とはまた一味違った世界が広がります。4日目にしてようやく脚の痛みがとれてきました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔