October 24, 2015

すーさんと信州ツーリング 1

 5月の後半に新緑と稜線の残雪を求めて行く予定だったすーさんとの信州行。当方の鎖骨骨折で延期となり、さらにシルバーウィークも当方の仕事で延期、3度目の正直で漸く実現。既に2週間経って、記憶もやや朧になってきたので手短にレポ。
blog1510101
 10月10日午前4時、徳島を出発。道中、3日間の予定を相談しながら、東へ。当初、初日は松川ICで高速を降りて、伊那路と秋葉街道の以前K氏と一緒に走った北側を70卍走る予定だったが、どうも翌日が雨の確立大。急遽2日目か3日目に予定していた保福寺から聖高原に回るコースに変更。
blog1510103
 ということで、中央道から長野道で豊科IC下車。これまた以前になかやんと一緒に美ヶ原前日に走ったコースをかすめて、国道143号線へ。トンネル手前の広い道路脇にデポ。
 午前11時頃スタート。まずは旧四賀村から保福寺峠へ。日本の原風景のような・家族総出で稲刈り中の集落を通り抜けると、道は狭くなって味のある旧道へ。交通量はほとんどなく勾配も緩やかで、まだ紅葉には少し早かったものの、周囲は明るい雑木林の心地よい道。ちょうど正午前に峠に到着。
blog1510102
 峠も含めて、あまり遠望はない道筋だったが、峠の手前からワンポイントで北アルプスの大展望が見えた。この日一日、雨の心配は全くない晴れマークだったのだが、なぜか春霞のような空もすっきりしない様相だったので、こんな光景に出くわせるとは思ってもいなかった。いや、もうこれだけで、今回のツーリングにやってきた甲斐があったというもの。

 峠からは東側に下ったが、道は西側より落ち葉や枯れ枝が多く荒れていた。しかしガードレールなど余分なものが一切なく、周囲の雑木林の木々も大きく、西側以上にツーリングとして魅力ある道だった。残念ながら写真なし。保福寺峠を越えるには、東側から登って、峠を越えたところで北アルプスの絶景に出くわすのが、より感動が大きいかと思う。
 下って青木で国道143号線を西へ。この道も30数年前に走っているはずだが、記憶なし。少し走ったところから県道12号線に右折し、峠をひとつ越えて麻績村(おみと読む)へ。この峠道は新しい2車線道路だったが、勾配が結構きつくて体力消耗。
blog1510104
 麻績からは国道403号線で聖湖へ。この道は交通量はさほど多くないものの、400番台とは思えない整備された広い道。あまり周囲の光景は楽しめるものもなく、微妙な勾配が結構脚に堪えた。なだらかな峠様のところを超えると、そこが聖湖。14時に到着。一見人造湖のようにさえ見える整備された湖畔だが、湧水の自然湖とのこと。
blog1510105
 そこから県道501号線で大岡方面に北上したのだが、ルートラボでも拡大でしっかり確認していなかったのがいけなかった。道を間違ったかとおもうくらい標高が上がっていく。国土地理院の拡大コピーを持っていたのだが、疲れのためか地図上と実走の距離間隔が全く異なっていた。途中、左手に折れる道あり。予定より時間が遅れていたのと脚も売り切れ状態だったのでショートカットしようと進んだところ、また怪しい雰囲気になって引き返し。来た道を引き返すのも嫌だったので、前へ進んだ。そこからも、すぐに下りになるだろうとの予想は悉く外れ。辿り着いた三和峠は、地図上では聖湖からどれほども進んでおらず、標高差も登った感覚ほどなく、如何に二人とも疲れ果てていたかを再確認。
blog1510106
 大岡方面へ下って県道12号線を登り返し、聖湖に向かい始めた麻績まで引き返し。この道も、条件が良ければ西側に北アルプスの山々が眺められるはずだが、靄っていて、??状態だった。もし見えていたら、もう少し元気がでたかもしれない。
 麻績から国道403号線を先程と反対方向へ。緩い下りだったが、交通量が増えた。西条からは当初県道277号線で峠を越える予定だったが、もう夕暮れが近い。県道403号線を進むと登りは少ないかもしれないが、大回りで交通量が多そう。
すーさんと協議のうえ、県道303号線へ進んだ。
blog1510107
 この道は予想に反して幅広い2車線。交通量はほとんどないかと思っていたのに、ぱらぱらあり。二人ともヘロヘロ状態で、やっとやっと前に進む体たらく。西の空は、明日の予報が嘘のような鮮やかな夕焼け(17時30分頃)だった。なんとか峠に辿り着いた時には、もう薄暗くなり始めていた。今回ライトが必要な走行はトンネル以外はないと思っていたので非常用だけだったが、下り道もきれいだったので助かった。
blog1510108
 下りきったところで、辺りはもう真っ暗。少し進んだところで地図を見ながら道と現在地を確認していたら、軽四に乗った青年が「道、迷ったの」とわざわざ停車して声をかけてくれた。的確なアドバイスをいただき、最後の力を振り絞ってデポ地へ。
地獄で仏ではないが、この方の登場には本当に有難かった。真っ暗の中、フラフラ状態で18時過ぎになんとかデポ地に帰還。

shinyama7591 at 20:55│Comments(6)TrackBack(0)サイクリング | 自転車

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by t   October 24, 2015 21:56
 お疲れ様でした。
 大変だった様子ですね・・

 私も又信州に行く夢を持っています。

 いつになるかわかりませんが・・


2. Posted by や ま   October 24, 2015 23:05
tさん:
のど元過ぎれば・・・、ですかね。
すーさんと乗鞍登りながら、あと何回来れるかなあ、と話していましたよ。
3. Posted by ま〜し〜   October 24, 2015 23:07
信州はホント良い道がありますね。来年はあたりツーリング計画しようかな。。。
4. Posted by XX   October 25, 2015 05:52
四国とは違った雰囲気があり、信州は良いですよね。
日が落ちるのが早くなり、山間部では油断してるとアッという間に真っ暗になりますね。知らない道だとなお恐怖です。
5. Posted by や ま   October 25, 2015 21:41
ま〜し〜さん:
信州、いいところいっぱいです。
ま〜し〜晴れなら、最高ですが・・・。
6. Posted by や ま   October 25, 2015 21:42
XXさん:
街灯や民家がなければ、まさに真っ暗ですからね。
強力ライトがあっても、どっちへ向いて走っていのか、わからなくなってしまいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔