April 25, 2016

グラベル

 グラベルって何?調べてみると gravel (砂利、砂利道)とのこと。なあんだ、昔から走っているじゃないかと思ったが、狭い意味では、どうもロードバイク(に類した)で砂利道を走ることを指すらしい。なんでも、それ用の自転車もあるらしい。
blog1604247
 知り合いのペダルさんが先日某イベントで、上勝町にやってこられていたそう。上勝を中心に150厖召蠅農兒刺弦3700mくらいのコースとか。大川原と土須と八重地と美杉を回ってと予想していたら、こんなコースだったらしい。ええっ、スーパー林道(土須〜柴小屋)をロードで走る!考えれん、CXでも大変だったのに(当方の技量では)。
blog1604241
 ところで、地図を見て気になったのは臼ヶ谷から北上する道。そんな道、あったっけ?と国土地理院地形図で確かめるも、当然記載なし。しかし、google
mapを見ると、何やら道の影が写っている。臼ヶ谷林道も、当方が当地で仕事に就いていた1993〜94年時には、途中までで繋がっていなかった。もう長らく走っていないので、いつの間にか林道が延長したのか。それなら確認にと、昨日出走。当然CXで。

blog1604242
 大川原に72分もかかって、早々に当初の予定・八重地を抜けて久々の大美谷ダムの計画はあきらめ、県道16号線に出る直前で、傍示方面への初めての道に回った後(桐の花が満開)、月ヶ谷温泉横から美杉峠を目指し、途中から杉地方面へと進んだ。

blog1604243
 横を流れる杉地谷川は、水量もあって、苔むした緑の岩も鮮やか。少々勾配がきつかったが、まあ、ゆっくりと進んだ。途中であった軽四のおじさんと2、3会話。臼ヶ谷に抜ける予定というと、否定はされず気を付けてとのことだったので、道は通じているようと確信。分岐から2匱紊膿地の集落。もう少し進むと、未舗装路・林道杉地線に。最初こそ勾配も緩やかで、よく踏み込まれて、非常に走りやすい(写真:2枚目)、そこまでの急勾配の舗装路より走りよいくらいだったが、工事現場を過ぎると、一転して急勾配に。路面状況も一気に悪化(写真:3枚目)。こんなところを、登りにせよ下りにせよ、ロードではちょっと無理だなあ(当方的には)。
blog1604244
 おそらく距離はさほどでもなかったのだろうが、スピードが遅いために最高地点になかなか到達できず。美杉峠は標高700mくらいの記憶だったので、同じくらいと思っていたら、結局標高900mまで登り(写真:4枚目)。スタート地点から50匱紊覆里法△發4時間を過ぎていた。
 その後の下りも、最初だけ平坦で路面もとても走りやすかったが、その後は勾配がきつく、所々に崩落。途中、左手に視界の広がるポイントもあったが、慎重に下るのであまり余裕なし。と突然開けてT字路に出た。杉地臼ヶ谷林道との交差点。写真5枚目の右手が美杉峠方面。下ってきたのは左上手から、そして左手前へ。
blog1604245 そこからもまた少し登り。コンパスも持っておらず、曇天だったので太陽の位置もはっきりせず、本当にこれであっているのかと、これまた所々で崩落のある道を下っていくと、臼ヶ谷林道の合流部に出た(写真:6枚目)。写真、舗装と奥は上那賀方面、上の未舗装路が下ってきた杉地臼ヶ谷林道。この道は、比較的新しく造られたと思われたが、既に崩落しているところも何ヶ所かあり、大雨は台風が来たら、すぐ通行止めになりそう。
blog1604246
 その後は、竹ヶ谷方面に下って(立派なオス鹿と遭遇)、美杉峠を登り返し、上勝から勝浦へ。これまた予定の婆羅尾へ登る気力も体力も時間も無くなって、平地回りで帰着。115劼暴衢7時間余。またまた体力の衰えを認識した一日だったが、やはり初めての道は、ちょっと不安はあっても楽しいな。

shinyama7591 at 23:22│Comments(8)TrackBack(0)サイクリング | 自転車

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by XX   April 26, 2016 22:45
ラファ プレステージにブロ友の方が参加してたので、記事を読みましたがかなり過酷だったみたいですね。強者揃いで無事完走してましたが (^^;;
それで土須〜芝小屋感をその内に走ってみようかと、無謀な事を考えてます。押すか担ぐかになるかもしれませんが(笑)
知らない道は不安ですが、楽しいですよね。
2. Posted by くにさだ   April 26, 2016 23:34
タイムリーな記事をありがとうございます。当方も全く同じことを考えていました。どうやら杉地谷川沿いではなく美杉峠から稜線の道で竹ヶ谷のさらに奥を通って臼ヶ谷に抜けているようですね。いつか探索に行ってみたいと思っています。無論ロードではなく。
3. Posted by や ま   April 26, 2016 23:56
XXさん:
土須〜柴小屋は、土須〜高城山区間よりおそらく交通量が少ないので、道の踏み込まれ方が少なく、23Cでは厳しいかと。25Cでも、予備タイヤを持ったほうが良いと思います。当方は32Cでも苦労しました。
4. Posted by や ま   April 27, 2016 00:00
くにさださん:
美杉峠から杉地林道の区間は未走です。おそらく杉地林道後半より多少は踏み込まれていると思います。
竹ヶ谷からも北へ新しい道があったので、そこへ続いているのかもしれません。
杉地林道終点から臼ヶ谷への道は、すぐに崩れそうなところが何か所かありました。
名の通り、杉のきりだし、林業関係の方だけが通っているようです。
しまなみ展望台巡り、楽しんでいますよ。
5. Posted by るみちゃん   April 28, 2016 12:42
この路面でロード走破はすごいですね。
バランス感覚も、ライン取りも、グリップ感も
いろんな技術が試されそうです(^_^;)
おもしろそうですが、パンク祭りになりそうですね…。
6. Posted by や ま   April 28, 2016 21:35
るみちゃん:
私はとてもロードでは走れないと思いました。
28Cならなんとか大丈夫か? タイヤ自身が裂けそうです。予備チューブだけでなく、予備タイヤが必要かと。
7. Posted by ふくてん   May 01, 2016 20:05
さすが、私もRapha prestageをなぞってみようかなと思いながら、きつそうなので躊躇してました。
実際のコースは杉地谷からでなく三杉峠の頂上から尾根を通り、杉地臼ヶ谷林道へとつなげたようですが、、この尾根つたいのコースはどんな感じですか。。もしご存知なら、、

その行動力すごいです。
8. Posted by や ま   May 01, 2016 21:04
ふくてんさん:
そうですね、ラファのコースは尾根伝いで美杉峠へ抜けたようですね。おそらく杉地林道より多少路面は良さそうで、勾配も少ないはずです。
ラファの逆送(美杉峠から臼ヶ谷へ)がいいと思います。ロードではお勧めしません。当方は、シクロでも精一杯でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔