山本伸の言いたい放題

世間全般のコメント

日本株にかけられた「PBR1倍回復魔法」 PART46

日経平均は439円安の3万9154円と6日続落して終わった。円相場が1ドル=154円30銭台まで円高が進み(昨日の東京終値は155円50銭台)で、円高・株安に耐え切れなくなった円キャリートレードのポジションが引き続き大きく巻き戻されている格好だ。日経平均は6月24日から急伸が始まり(3万8500円近辺)、7月11日の最高値4万2426円までわずか2週間余りで3900円も急伸した。その原動力となったのが「円売り・日本株買い」の円キャリートレードである。6月24日のスタート時点の円相場は159円近辺であり、その後162円目前まで円安が進んでいる。つまり、この時期に円キャリートレードを積み上げた海外勢は円売りでざっくり5円〜7円、日経平均で2000円〜3000円マイナスになっている計算だ。


つづきはこちら・・・

日本株にかけられた「PBR1倍回復魔法」 PART45

7月11日の日銀による「円買い・ドル売り」介入以降、世界を揺るがす悪材料が噴出して、日経平均はわずか10日間で2800円も下げてしまった。これにより、日経平均は6月24日からの上げ幅約3800円の4分の3を失った形だ。この6月下旬からの日本株急上昇の原動力が「円売り・日本株買い」の円キャリートレードだったから、日銀の「円買い・ドル売り」介入は円キャリートレードのポジションを潰す特効薬になってしまったと言える。

つづきはこちら・・・

日本株にかけられた「PBR1倍回復魔法」 PART44

日経平均は昨日の急落に続き、62円安の4万63円と小幅安に戻して引けた。一時は3万9824円まで下がったから、今月11日のザラ場高値4万2426円からは約2600円も下げた計算になる。日経平均先物(夕場)は3万9690円まで下げており、連休前の日銀の市場介入とバイデン政権が17日に打ち出した中国向け半導体輸出規制の強化のダブルパンチから未だに日本株は抜け出せていないようである。

つづきはこちら・・・

山本伸・絆の会
有料ブログ、入会受付中! 詳細は以下のリンクへ↓
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

shinymt

山本 伸

経済ジャーナリスト
マネーリサーチ代表・経済情報誌『羅針儀』主宰
山本伸・絆の会のサイトにて有料ブログを執筆中。

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ