今週は明日の米朝首脳会談、明後日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表、明々後日はECB(欧州中央銀行)理事会、週末はニューヨーク市場のメジャーSQと重大イベントが目白押しである。米朝首脳会談は、もはや決裂する可能性が非常に低くなっているので、無難に通過さえすればプラスに作用するだろう。休戦協定に代わる平和協定の第一歩を踏み出せれば、韓国株の上昇に拍車がかかるかもしれない。



つづきはこちら・・・