米中貿易戦争の悪材料は先週末の追加・報復関税の実施で、相場的にはいったんアク抜けとなった。今日の日経平均は264円高の2万2052円と、6営業日ぶりに2万2000円台を回復して引けた。NYダウが先週末の99ドル高に続き、時間外取引で一時150ドル高の2万4600ドル台に乗せたことが好感された。また、上海総合株価指数も2%以上急騰したことで、米中貿易戦争の懸念が大きく和らいだ格好だ。

 
つづきはこちら・・・