南阿蘇が地元の自分にできる事、、、
小規模の為、南阿蘇に的を絞って復興支援の募金活動始めます。
地元の仲間と連携して、行き先が見える募金、小回りがきく募金をします。


 
南阿蘇かえる募金

(かえるとは、日常にかえる、家族の元にかえるの意)
 
52e35596


ゴゴゴゴゴゴ・・・・ 就寝中4月16日1時25分、突然の地鳴りと同時に、明かりが消え、いきなり家を丸ごと突き上げられた。今まで経験したことがない強い振動で横揺れがひどく焦点が合わない。すさまじい轟音、すぐ横にいる妻とは大声を張り上げないと会話にならない。
家が崩れる、屋根が落ちてくるんじゃないかと、まだ乳児の我が子の上に妻が覆いかぶさり、とっさに私もその上に重なっていた。
強い余震が続く中、家屋倒壊の恐怖を感じながら自宅で寝ることは不可能で私たちは近隣の広場で車中泊をし一夜を明かした。

その日の朝、仲間との情報交換で、村指定の避難所ではないし、支援物資も無いが、南阿蘇の道の駅 『あそ望の郷くぎの』は、広い駐車場はもちろんのこと、飲用の湧水があり、そして炊き出しが行われるとのことで、そこへ移動することにした。

現地のレストラン『あじわい館』では、地震当日から炊き出しが行われ、施設が被災者に開放されていた。周辺農家から出荷出来なくなった新鮮野菜も持ち込まれ、たくさんの人に振舞われていた。また震災直後、外部支援では間に合わず、ここで作った食事が他の避難所へも運ばれていく場面が多々あった。16日から22日までの一週間、毎日3食炊き出しが行われ、どれだけの人を助け笑顔にしたことだろう。規模が大きすぎて想像もつかない。

後日談で知ったことでビックリしたのは、ここは指定の避難所ではない為、個人の善意で炊き出しをしていたとの事だ。同じ被災者の立場でありながら、率先して調理や配給をしてくれていた方々、収穫し提供してくださった農家の方々。

善意には善意で返したい。

そういう思いから『南阿蘇かえる募金』を始めます。

<募金先>
南阿蘇 道の駅 『あそ望の郷くぎの』にて炊き出しを提供し支えてくださった方や農家のみなさまへ。
そして、助け合った南阿蘇の方々へ。

私自身、南阿蘇村に住んでいる為、直接渡してお礼をしたいと思っております。
また募金はすべて、分配していきます。

<募金、活動の報告先>
募金の集まり状況などの報告先は、以下の2つのSNSで基本毎週月曜日をメインに週二回行います。(募金された方のお名前は出しません)
 Twitter : shinyosano (https://twitter.com/shinyosano
 Facebook : 南阿蘇かえる募金(https://www.facebook.com/minamiasokaerubokin/)     
 Facebook : 佐野 新世

阿蘇の現地での活動報告は私自身のブログ
 『大自然モード 阿蘇!』(http://ameblo.jp/shinyosano/
 で更新いたします。

南阿蘇の皆様に伝えたいメッセージなどありましたら、Facebookまたはツイッター、ブログなどにコメントをお願いします。メッセージをまとめて現地に届けます。

<募金口座>* 
 三井住友銀行 桜新町支店
 普通口座 6519093
 MOTO AVANTI サノ シンヨ


*この募金口座は、私の会社でのイベント用の口座として持っていたもので、現在使っていませんでしたが、ネット確認などで使いやすい為、そのまま募金用として使う事にしました。アルファベットが入ってご面倒かとは思いますがよろしくお願いいたします。

是非、ご賛同いただけると幸いです。

南阿蘇在住 レーシングドライバー/ライダー 佐野 新世(さの しんよ)