★きゃべつ通信@うぽぽ日記★

美少女イラスト描き、ドール(スーパードルフィー)を愛でる管理人の「読み物的」日記。 たまに活動内容のお知らせがあったり(同人活動とドールディーラー活動)、日頃の取りとめない話、ちょびっと役に立つ話(?)まで!ジャンルかなり不確定。

脳内反省会。そうさく畑FINALの部

そうさく畑が終わって一週間。ようやく荷物の片付けをしました。
当日はキャリーケースふたつにパンパンに詰めて行きました。
原画を額から外し、それぞれのファイルに戻す。
image

image

image

思い返しても、夢みたいな時間でした。
そうさく畑は、中ノ島中央公会堂で開催されていた時からの参加だった。

途中で神戸三ノ宮のサンボーホールでの開催になった時、遠くなったけど「このイベントが好きだから、どこまでも付いて行こう!」と当時は片道4時間掛けて荷物抱えて行ってたっけ。

いつも自分的原画展のブースを見ていつかやりたい!と思いつつずっと踏ん切れず、そのうちに突然の「そうさく畑の企業イベントへ譲渡」。
開催場所も変わりその内容も…まったく様変わりしてしまったイベントに私の中では“そうさく畑は終わってしまった”とがっかりしてしまいました。
名前だけ引き継がれたイベントに参加する魅力がない。

それでも自分の想いは叶えたい。そう思って次の開催を待っていた矢先の「代表武田さんの逝去」。そうさく畑を企業から個人での開催に戻すという話を聞いて、心待にしていた時だった。
私が夢を叶えようとした矢先に、事実上無くなってしまった「そうさく畑」。
永遠に叶える事が出来なくなってしまいました。

どうしてもっと早く行動しなかったんだろうと悔やんでも悔やんでも、遅かった。
この先ずっと叶えられない悔しさをずっと持って過ごして行かなきゃならないのかと思ってた。

そんな所で有志を募ってもう一度だけ開催する事が決まった「そうさく畑FINAL」。
ここでしなければ、ならない!
自分的原画展は、私の中ではずっと永いこと思っていた夢だったのです。
最後のこのタイミングで開催できて、本当に良かったと思いました。

武田さんは居なかったけれど、雰囲気はいつも通りで「そうさく畑らしい」のが、本当にうれしかった。
一度は終わってしまったと感じていた事が、自然にさりげなく、しかしちゃんと「戻って」いました。
いつもの通り、お茶とそうさく煎餅も配って来てくれましたし、しっかり貰いました!
image

後で販売もあり、友人に頼み、5枚買ってきて貰いました。長蛇の列だったそうですが、皆買う枚数が一枚ずつのなか5枚というのは恥ずかしかったでしょう(笑)
でもこれ、大好きなんだよ!!
大事にたべるのだ。

原画展開催とは言え、単にちょっと派手なブースの前を通りすぎる位なので正直、本の売り上げは期待していなかったのですが、思ってた以上に手にとってくれていて驚きました。

先月、関西コミティアで史上最高額の売り上げを塗り替えました!!
まさか?!!と何度も数え直したのだけど…(笑)在庫の分とお釣も合ってる。

本当に有り難いです。私の中では大成功と言っていいですよね?!
素敵な思い出になりました。
自分的原画展を開催したこと、胸を張っていろんな人達に言えそう!!(笑)

素敵なイベントが本当にもう参加出来ないのはさみしいけれど、こうして最後を温かく見守れた事、そして楽しめた事。
とても良かったと思います。

そうさく畑FINAL【開催中】

開場が始まって、あわてて展示を終わらせたドキドキとはウラハラに、ゆったりとそうさく畑FINALは始まりました。

人がドサーッと来る感じは無く、人がぎゅうぎゅうしてる感じもなく。ただ和やかに、ゆったりと。けれど確かにひとの気配はしている。
あ、そうそう、こんな感じ。

そうさく畑って、和やかなんだよね〜。

この感じ、久し振り!やっぱり好きだわ〜。と隣に座ってる友達と話をしていたら、ぽつりぽつりと、ブースを見てくれる人が。

立ち止まって少し眺める。そしてすっと歩いていく。
そんなもんかな、じっくり眺めてくれる人が来てくれるかなぁ?なんて思っていたら、二人連れの女の方が何か話をしながら見ている。

「アナログってやっぱり良いね!」
「デジタルの方いいよ!場所要らないし」
なんて話してる。
どうやらアナログ派とデジタル派の二人が対立してる様子(笑)
最近はデジタル作品が多いので原画は新鮮です、と言って本も買っていただき、去って行かれました。

「原画と云うものを初めてみました」と言ってじっくり眺めて行く方がいました。
同人誌の原稿ファイルもじっくりみて行ってくれました。

そんな風に話をしてくれる方もいれば、じーっと一つずつの絵を眺めて無言で去って行く人、「これは何の画材で描いてるのですか?」と聞いてくれる人。コピックだと言うと、こんな風に描けるものなんですか?と驚かれたり。

「ここに見に来ようと思ってたんです!」と言ってくださった方も!

ブースを見てくれてる人には全員に声をかけるぞ!と意気込んでいたので結局、スケブをかく暇が無いほど話をしていました。
本は新刊は無かったのですが沢山の人に手にとってくれました。
「あ、この表紙の、あっちの原画の絵だわ」
と。購買意欲も原画効果でアップしたのかしら!?

自分的原画展はやるぞと決めてから約一年。
年間計画を年始に立てた(絵は1ヶ月に一枚描いてTwitterにアップ、メイキングを載せて集客をしつつ作品を描き溜める)事は、結局やり残した部分も多くて少し後悔はしたのですが。

原画を飾るブースの額の大きさを計って飾る場所の計算をし、ガーランドやステッカーで可愛く演出するのとか、机の上で考えてた事が実際目の前にちゃんと形になっていて、出来上がってたこのブースのは、夢だった事が叶ってる、まさにこの場所でした。

自分的原画展、ほんと夢みたい!
とってもいい感じ!
自分の考えた通り、自分の好きな通り、自分の好きな様にすること。
それを見てくれる事、評価してくれる事。
こんなに素敵な事って、ない!!

そして、沢山の人が絵を見てくれて、話掛けてくれました。
皆さま一様に「アナログっていいね!」と言って下さいました。
そうです、手作業っていいんです。デジタルとは違う「いいもの」があるんです。
その「いいもの」の部分は人それぞれ違ったり、言葉には表しにくい部分だったりするけど、今回は私と同じ「いいもの」の意味だったらいいな、違ってもまた新しい魅力を発見出来た意味でいいな、とにかく、全部いいな!

「私もまた描きたいな」と言ってくれる方もいました。またアナログの良さを再確認してくれたらいいな。

そしてそうさく畑の醍醐味はお買い物でもあります!合間を縫って私もスペースを飛び出してお買い物にでかけました。
端から端までスペースを廻る。素敵な本や作品に出会うため、ぶらぶらしながら見てまわる。スペースに立ち寄ってサークルさんの自信作の手作り本のうんちくをきく。

とても楽しい。このイベントの特徴的な部分は、サークル参加兼一般参加の人が多い様に感じる。
サークル参加してスペースを持ってるけど、自分の店を留守にして、他のスペースを見に出かける人が。他のイベントだとそんなんじゃない。
大体は一般参加(買いものだけを楽しむ人=お客)と、サークル参加の作家さん(自分の作品を売るだけに専念する人=お店の人)と決まってて、あんまりその役柄(?)を行き来する人はいません。
少なくとも同じ創作オンリーイベントである、関西コミティアにはあんまりそんな人はいません。(そういうイメージ。ある意味あか抜けた、拓かれた都会なイメージ)。

そうさく畑はいい意味でこじんまりした、田舎のご近所の集会みたいな雰囲気です。

人は少ないけど、その空気は濃い。人同士の交流が自ずと増える。
終わりになる頃には、声が渇れていました。
それくらい、沢山の人と話をしていました。

そんな長いような夢の時間はあっというまに終わってしまいました。
気がつけば15時が、閉場の時間になっていました。

とても心地よい時間でした。

そうさく畑FINAL当日 【準備編】

そうさく畑FINAL。待ちにまった当日が来ました!
朝5時半に起床。友人も起きてひっそり出かける準備。晴れでよかった。

そうさく畑が神戸サンボーホールでしなくなってから数年が経っていたので、神戸へ行くのは久し振り。すっかり景色やら行き方やらを忘れてしまっていました。

行き先は初の神戸国際展示場。昔、一度だけ行った事があったかしら?な場所。
中は広くて大きな場所。到着は9時半ごろで10時からのサークル入場に間に合いました。
並んでる間にパンフレットの販売カートがやって来た。買ったパンフレットはA5サイズの、厚みがある、ズッシリ重いこの感じ。

「そうそう、この大きさ、この重さ。“畑のパンフ”だ!」と懐かしさにワクワクした。
パンフレットをパラパラとめくろうとしてる内に列は動き会場の中へ。

パンフレットの中は後でゆっくり見よう…
まず目指すは、自分のスペースへ
【12丁目5、6番地】へ!!!

自分的原画展をするブースは会場の奧に配置されており、ひとつひとつのブースの間隔や、通路も広々と空けられており、とてもゆっくり見てもらえる様な配慮がなされていました。
特別感がある。
しかし感動なんかしてられない。小一時間で展示の準備をしなくてはならず、ホントはスペースに着いてすぐ、急いで鞄を開ける。

「よし!まず絵の展示エリアからやる!」

前日までに考えていた展示の配置図を参考に、絵を順番に並べていく。

展示の為のボードは横に2枚を繋げたタイプ。
押しピンで止めるため、まず留めようとしたら…

ぐぁっ!固い!ピンが刺さらない!!
石膏ボード?の様な固さがある壁だったのが予想外でした。
どうりで周りから「ドンドン」「ガンガン」など打ち付ける音がしてくるはずです、何にも道具がない私は何とか手で押し込みました。ひとつのピンを刺す度
「ふん〜〜っ!はぁっっ!!」と気合いが漏れる(笑)

PPAP(ペンパイナッポーアップルペン)の歌の、アッポーペンが出来上がる吐息みたいだ、私は今、エアーでアッポーペン大量に作ってるわ!!みたいな妄想しましたよ(笑)

途中で握力が無くなり、ピンを刺す力が無くなる。
ピンを刺すのに苦戦したせいで時間が足りなく、開場がはじまってしまう。
ギリッギリで展示ができあがりました。
image

image

展示タイトル「殻の中のココロ姫〜カラノナカノセカイ〜」
シリーズのマンガのキャラクターのイラストを中心にした展示です。
同人誌の表紙の原画や作中のモノクロ原稿など、所狭しと配置しました。
ガーランドやウォールステッカーで壁面を飾り、まとまり感を出したつもり。

森の中のイメージは、心の環境が平和なイメージと繋げています。

開場が始まるちょっと前から本を机に並べる。
まとまってないが何とか形になったわ!まぁいいや!
あ!!見本誌持っていってない!あ!そうさく畑って、見本誌に「オビ」付けるのがルールやった!!
忘れてた…オビにする紙もない…。見本誌持っていけない。諦めた。
そうさく畑が無かった時間が、色々忘れてしまう位長かったんだなぁ、なんて妙な所で気が付いてしまったのでした。






そうさく畑FINALカウントダウンα案

前日から泊まり込みで友人が来てくれるのをお迎え。
このひとつき、特に一週間は、掃除や場所を確保するために色々捨てまくりました。(笑)
関係ないのに旦那が机を買って部屋をセッティングした(笑)。
友人が来てくれたおかげで、引越してから1年半も手付かずだった場所がキレーイに片付きましたwwwww
すごいわ「来客は強力な掃除機」とはよく言ったものだ。

晩御飯のメニューはキムチ鍋。
食後にモンハンやって一服したあと、明日の為の作業を手伝って貰う。
原画の梱包と荷物つめ。

昔、同人誌イベントに出るため、友達の家で泊まり込みで夜中コンビニコピーしに行ったり、コピーしたやつ折ったりして徹夜で作業して出掛けたなぁ。
久し振りのイベント前日のお祭り。

本番は明日。
明日のそうさく畑FINALは、12丁目5、6番地でおまちしてます。

そうさく畑FINALカウントダウン

100均で買ってきた額縁をカスタム。
ペンキで白く塗りました。
後ろには紐を通す為の金具も取り付けます。
昔買ったのには付いてたのだけど、経費削減なのかしら(笑)

あと、表面に色褪せ防止のUVカット処理をします。
飾ってる期間は数時間なんでそんなにきにすることも要らないかも?とは思ってますが、使ってる画材、コピックの性質上、配慮に越したことはないかなぁと。
透明なペンキでビニールの板にペタペタやらなくちゃ。
image

既に処理してあった額から、絵を入れてみる。
やっぱり、額縁にいれると、絵が引き締まる。

そして当日は荷物の搬入を自分達の手でやるので、遠方の友人には、前日うちにお泊まりして貰う事になってます。
なので10月入ってから毎日掃除や片付けばっかりやってます(笑)。まだ終わってません(汗)。
今日もリビングのじゅうたんを冬物に敷き換え、夏物の洗濯、お客さん用の布団を干してついでに自分達の布団も冬物に。
お客さんが布団を敷いて休む場所を確保。
不要物の処分などなど。。。

絵を描く時間がありませんでした(笑)
ポストカードを刷りたいと考えてて、データはできてるのですが、他所で出展してた同じものなんですが、全く売れず人気の無い柄のをまた刷って在庫を増やしてもなぁ…と、乗り気でなく。
でも、賑やかしに作っていくか
こないだ全く売れずに帰って来たやつ、次の日に全部破って処分しちゃったのだ。
飾るだけなら(結果売れなくても)使えるのに、ちょっと早まったかなぁ?もう遅いけど(笑)

あと3日!まだまだもがきます!

そうさく畑FINALカウントダウン

サークルスペースの机に敷く布
通称「あの布」をつくりました。
いつも1スペース(机半分)しか取った事がなかったので、2スペース分の布が無かったのです。
いつも使ってる布と同じ様な色でつくりました。
image

机の下は、マジックテープ付きの紐でがっちりホールドします。ズレマセン!

image

あと、機能的なポケットもつくりました。
B5サイズのパンフレット、ペンケース、携帯が入るもの。マジックテープで着脱可能!
もうちょっとポケット付けたいけども、時間がないのでこれだけに。
ドールイベントでも使いたいので、ポケットはまた追々制作していきます。

そうさく畑FINALカウントダウン

関西コミティアの新刊だった「ココロ姫解体心書」を再版しました。
ついでにコピー本の作り方を紹介します。

まずは原稿。B5本はページ数を「2の倍数」で計算します。
今回の本文のページは14ページ。2枚ずつコピーして半分に折るので、めくるページを隣り合わせになるように並べ、くっつけます。7組。
image

コピーします。大きさはA3サイズで。
原稿はトンボを付けたまま印刷します。
image

両端に描いたトンボに合わせて二つ折にします。
全部二つ折にしたら、ページ順に並べて一冊ずつに纏めます。
そしてズレない様にホチキス止めしておきます。
image

トンボに合わせて切ります。
断ち切りといいます。
原寸サイズで原稿作ったものをコピーしたら、機械の都合で端が5ミリほど印刷されない部分が出来て絵が切れてしまいます。
その点、大きく刷って切り取ると、端まで綺麗な仕上がりになるので、最近はずっとこの方法で制作しています。
カッターに力を入れすぎ手が痛くなりますが(笑)。綺麗のために時間や手間を惜しみません。

image

印刷やさんでお願いした表紙はあらかじめ天と地だけ(上下)裁断をお願いしていました。
表紙は背表紙の厚みで若干、原寸サイズより幅が数ミリ長くなるのでそれの調整させるために自分で計って切ります。

image

表紙と本文を合わせてホチキス止め。
本ができました!

関西コミティアの時は自宅プリンターの出力でしたが、今回は表紙オンデマンド印刷。特殊紙に刷っていただいたので高級感があります(笑)

ぜひ見てくださいね。

オマケ。
image

コピー本でページを二つ折するやり方だと、しっかり折り目を付けてるつもりでもどうしても厚みが出て来てふくれてしまいます。
平らにするため、上から重しをしてペチャンコにさせます。
机の上に、周りにあるありったけの重たい物を乗せました(笑)
一晩もすると、落ち着きます

そうさく畑FINALカウントダウン

当日、自分的原画展に遊びに来ていただいた方にプレゼント(ノベルティ)として、ささやかな物を用意しました。

ありがとう缶バッジ。
初めてデータで入稿しました。
image

ココロ姫バージョン原画。
image

黒いココロバージョン原画。

そして出来上がった缶バッジ
image

image


ブースに来ていただいた方に、現定数でありますが話かけてくださればお渡しいたします。
どうぞ貰ってくださいね。

そうさく畑FINALカウントダウン

スペースナンバーが決まりました!
12丁目5.6番地、自分的原画展ブースの一角です。
image

一言コメントのカットです。
ありがとうの気持ちをこめて。楽しい気分も。

原画展用のカットのメイキングも公開。
image

ラフ。
image

下書き。
image

ペン入れ。
image

image

トーン貼り

image

全体図。

更年期障害と育毛生活。

不妊治療をやめて本来の子宮内膜症の治療を始めて6ヶ月以上経ちました。
この病気を治す一番の方法は、生理を止める事。
生理を止める事で子宮内膜が作られるのを止めて、病巣の部分も活動が止まって小さくなるという段取りなんですが。
ホルモンの値がなかなか下がらず結局生理は何ヵ月も止まらず。

本来なら1〜2回位で上手く行くはずの注射を私は月一回、4回も打つはめになりました。
(4ヶ月目で生理が止まる。)

失敗しても生理が来るだけってのは、不妊治療と同じで、今の方が痛くないし薬を飲んで緩やかに結果を待つだけなので、基本は、

とてもおだやかな治療です。

ええ、基 本 は …。

最大の特徴は副作用です。
女性ホルモンを出さなくして生理を止めるのですが、生理が止まる前に、それは静かに襲ってきました…

人為的「更年期障害」!!!

とにかく顔が、頭が、特に後頭部が熱い!!
湯気が出るほどのぼせ、汗がダラダラ…なんてもんじゃない!「ジャージャー」と流れます。
蛇口があたまに着いたみたい!

それも間欠泉の様に勝手なタイミングでそれが定期的になるもんだから、ひとりで汗がダクダク、頭から湯気が出て、そしてすっ…とひいて。
顔が赤くなったり白くなったりしてる。

後、物忘れが凄い。
簡単な言葉を忘れる。お客さんに話をする時に簡単な言葉が出なくて焦る(そして汗がジャージャー出る)。

海にいる生き物の「ウニ」を忘れた。
自分の好きな色の名前を忘れた。

些細な事ゆえ、ショックがでかい。

ほんと、これって、ホルモンが急激に減る事でおこる、更年期障害の症状の「一部」なのです。
色々おこる事は全て個人差、という言葉であやふやにされてる。
なんかいろんな症状を一言でやんわ〜りまとめすぎてませんか!!!

そしてタイトルにもなってる今一番の嫌な症状が、
「脱毛」です。
いやぁーーーー!!!!
更年期障害でハゲになるなんて!!聞いてないよ!!

よく、50代辺りからおこる、女性の髪の悩みに〜とかでシャンプーやら育毛剤やら、ウィッグやら、そんなの出てますけど、女性の薄毛、脱毛は、女性ホルモンの減少が原因になってる事が多いらしい。

わたし、絶対それだ。。

シャンプーするたび恐ろしい程に髪が真っ黒に抜けて、気が付いたら結ぶ髪の束が半分になって居ました。。。

このままでは行けない。

スマホで「更年期障害 脱毛」と調べまくり、脱毛に効くとされる漢方を摂りはじめました。

そして病院で髪が抜けた事を伝えると、血流が良くなる(結果毛根に血液が届くらしい)薬も貰って飲んでます。

更年期障害やななるのは仕方がないと覚悟していたが、汗がジャージャーでも湯気が出てもいいが、ハゲるのだけはかんべん!!

更年期障害がにくい!!
そして副作用の方ばかり主張して、肝心の生理が一向に止まらず出続けてる、この状態もにくい!!
とりあえず、漢方をのみ始めてから、髪の抜ける量は減りました。抜けるけど、今までよりずっと量が減りました。
抜毛止まってます。とりあえず、気持ちを穏やかに、これ以上抜けない事を祈りながら、養生の効果が出てくるのを待ってます

そうさく畑finalへ

関西コミティアが終わってゆっくりしていられません。
次はそうさく畑FAINALです。
なんと!そこで私、長年の夢だった自分的原画展で参加です!
夢を叶えるのは、今!!去年の今頃から準備をして来てたのでようやく来月か…!な感じ。

準備と言っても原画を飾るために絵を描きためてるって感じなのですが、新刊も今月出せたし原稿や原画の数は整ったかしら?と云うところ。
実際、日が近付いて来て色々急に必要な物が浮かんできて急いで道具とか揃えはじめました。
机が2スペースなので日頃半分しか取った事無いうちのサークルでは机に飾る布が無い!と気づき、これから制作します。
そして絵を飾る額縁も沢山買っている。100均の額縁、白いペンキで塗るんだ。
色褪せ防止のUVカットもしなくちゃね。
うっかりうれしい誤算でこないだの新刊が売れて無くなってしまったので再版をしなくてはと、今回生まれて初めての「表紙だけ印刷して貰うのをデータで制作、送信」をしました!
ドキドキしつつ、中身はコピーをしてまた製本です。

1ヶ月あるからとまだ絵とか描いたり新刊作りたかったけど、出来るかなぁ?
ポスカとか小さなグッズを揃えるのもいいかも。ミニ本とか懐かしくて可愛いかも。

1日1日を大事に作業に充てて、めいいっぱいに楽しめる1日を過ごせるためにがんばろうと思ってます!

脳内反省会ARTsLABoポスカ展自由が丘の部

昨日、ARTsLABoさんから、8月に自由が丘で展示していただいていたポストカード達が返送されてきました。

ポスカ展では1000点以上のポスカが展示され、数日間で何千枚と売れたそうです。
大盛況だったようです。

私は4ポケット(四種類40枚)サイズで参加させてもらいました。
さて、いったいどれくらいの方が私のポスカ手に取ってくれたのかな?!
集計〜♪

売り上げ、40枚中…1枚。

返送代金はポスカの売り上げから差し引き。
クロネコヤマトでやって来た配達代金は100円では送れないはずなので、返送代金の方がマイナスでした。
実質の売り上げ代金はマイナス円。

名刺も30枚ほど配る用にと同封したのですが、一枚減ってるかなぁ〜?てな量が戻ってきてます。

惨敗です!!
売れてない!!
ここ最近はこの展示会の盛況ぶりを狙って作家さんを騙す輩が増えてる、名刺のアドレスから片っ端に連絡をしています、気を付けて…なんてギャラリー側注意が回ってきていましたが、
どうりで…うちには来なかったはずだ!!

だって、名刺もってってないやん!!!
全然もってってないし、売れてないし!!
触ってもないかんじ!!

葉書の枚数をよみながら売れてなさに大笑いしました。
これは笑うしかない。

ただ、不思議とがっかり感はない。
まあ、こんなもんだろうなと思ってました。
私の作品が有名なギャラリーさんで東京で展示された、っていう名目ができて、万々歳なのです。
なのでまた参加させて貰います。
実は次の展示会の参加タイトルチェックしています。


ただ、反省することはある。
私の絵に対する考えと、大衆が思う所の違いがある部分があるということ。
私の絵はポスカにするにはちょっと違うんだなぁと。
その「ちょっと違う」の部分はなんなのか、というのを探して溝を埋める作業をまた脳内でしていく。

コレクション性があるものと実用性があるものとは違うし、私が自分で作ったポスカ、欲しい?と聞いたら要らないというだろう。
自分でも要らないやつはみんな要らないだろう。

絵が綺麗とか可愛い関係ない部分でそれがあるから、何か決め手が無いんだろうな。

そんな事を思いつつ、くじけずにイラストは描いていく。
ポスカに合う絵を考えてつくりたいな。


関西コミティア49ありがとうございました!

昨日は関西コミティアでした。
image

スペースの様子。シンプルに本を横並びにさせました。
原画も飾って華やかな感じです。
ノベルティーの缶バッチを11月のイベントに先駆けて少しだけ配る事にしていました。
はたしてお客さんは来てくれるかしら?!ドキドキ…

準備を終えて一息着いた所で開場がはじまり、しばらくするといつもの来てくださる人達やなんと、初めて?な方が多く「新刊」を買ってくれ、気が付いたら持って行った新刊が殆ど無くなってしまうという、初めての事態に!!

女のお客さんもここ数回前から割合が増えて来たのと比例するかの様に本の売れも増えたきがします。

ありがとうございます!!
どうしたんだろう、うちのサークル!!

「ツイッターの告知が効いたんじゃない?」とか言われたが…そうだろうか?
「今回の内容が良かったんじゃない?」とか。
いや、中身は公開してないし…
うーん。いつものようにしかしてないのにわからない。

けどとにかくあんなに沢山新刊を手に取ってくれたのが初めてで嬉しかったです!!
ペーパーも同じ時期に無くなり…、ほんとうにうれしかった。
今だかつてない、帰りのキャリー鞄の軽さに(笑)ホントにうわー!軽いわ!ってなった(笑)

沢山お話もしてくれて、スケブもいっぱいになってしまい、今日はもしかしてスペースの外に出られない?!一歩も出歩けないまんま開催終わるんじゃ…?!なんて思ってしまったり(笑)
とても「サークル充」したんじゃないかと思いました!
image

image

イベント帰りはいつもの地元のお店にスパゲティーとスタバで打ち上げコース!
お疲れ様でした〜♪
ありがとう〜♪

もうすぐ関西コミティア

10月2日は関西コミティア。
9月になってから原稿やってましたよ
image

image

オリジナル4コマまんが「ココロ姫解体心書」

image

表紙のイラスト
image

仕事の絵

少し前ですが、私の別名義での仕事の絵の紹介を。
似顔絵と歌のイメージイラストを描いて欲しいとの依頼でした。
image

image

似てるかなぁ〜とか思いつつ。
他の方の依頼をうけた時も似顔絵だったのですが、私の場合は顔を似せるという事よりその人がよくする仕草だとかポーズだとか雰囲気をプラスさせる事に気をつけています。
image


普段はこういったお仕事は受け付けておりません。

コピックメイキング。創作絵

自由が丘のポスカ展に出したポストカードの原画のメイキングです。
今回は、色数を限りなく絞って(メイン3色)色を塗ってみました。
image

線画の時点で何度もやりなおし、4枚位書き直しして完成からスタート。
image

失敗した線画を使って色のためし塗りパレットにします。
image

バラのアーチは2色で滲ませたりの効果をつけます
image

髪も2色で。肌の色で使ったのと同じ色を1色つかってます。重ね塗りや2色のグラデーションで違う色を作ります
image

リボンをしましまに塗ります。
image

ボンネットを。バラの濃い色に使った色と同じ色。
image

image

image

ストライプも色を混ぜながら線を繋げる様に塗って(描いて)いきます
image

image

完成です!カナリア。

image

ちなみに、使ったコピックはこれだけです。
色を重ね塗りしたり、2つの色を混ぜたりして同じ色を使っても別の色を感じさせる事ができます。アルコールマーカー、まだまだ奥が深い!
image

おまけ。同じ色でも紙がちがうとここまで発色が違います!
コピックは塗った紙の繊維を染める染料系インクなのですが、紙と反応して発色するので紙によって色の乗りが違います。
本番用に使ったのは、コピックの発色を良くする為に開発されたFIG/3.5なので余計に違いが見えたのかも。面白いですね。
image

ポストカードになって、自由が丘へ旅立ちました。
展示会は終わったけど作品の返却や売り上げ報告などはまだ10月末にならないと分からないので…見て貰えてたらいいなぁ。

ポスカ!展、委託販売のおしらせ

今月、9月1日から11月末まで、愛媛県にありますギャラリースペース「なんなんな」様にて、ポストカード三点の委託販売をお願いしています。

お立ち寄りの際は是非ご覧下さい

今年は公募型の展示会にバンバン参加をしています。
手始めにグッズですが、後々原画の展示にも挑戦していきます。
ここ数年から、コミックアートの知名度が上がってきて展示会などそこらで沢山開催されています。
いま一番活気のある分野かもしれません。
一昔前は「まんがの絵」とバカにされ見向きもされなかったジャンルが、いまや作家として絵描きの分野として肩を並べられるようになり、それはとても素敵な事だと思います。
私のスタンスは漫画を描くこと、本となって初めて作品として完了させるため、イラストの一枚にストーリーを込める表現とはすこしジャンルがちがうのですが、自分の中の「枠」を広げるため、どちらもバランスよく極めていきたいな、と思っています。

ポスカ展17自由が丘 展示のおしらせ。

アーツラボさんのポスカ展に参加させて貰ってます。
お近くに行かれる際は宜しくお願いします。


◆ARTs*LABo ポスカ展17 自由が丘
 
◆会場 : ART FORUM One's 自由が丘

(アートフォーラム ワンズ自由が丘)

http://www.ones-jiyugaoka.com/

 ・アクセス

http://www.ones-jiyugaoka.com/access.html

 ◆開催期間 : 2016年8月14日(日) 〜 8月21日(日)

 ◆時間 : 13:00〜19:00
image


なーんて。格好よく告知しました(笑)
私は遠いし会場へ行くことはできません。
会場は沢山のポストカードで埋め尽くされてる事でしょう。
私は四種類の、画像のイラストのポストカードで参加をします。

沢山の人に私の事を知って貰えたらいいなと思いきっての参加。
今年は大小ところ構わず展示会に参加をしまくると決めたので、それの第一歩。
楽しみです
 

コピックイラストメイキング(2次作品・初音ミク)

こちらも5月のイラストです。
原画は「わキャラまーけっと!」にて販売したもの。
image

三作描いた内の一作です。
image

線画。
image

色塗りを今回は青みを強く彩度を落とした風なテイストにします。
image

人物ができました。
image

傘には水玉模様を、ゼロ番で色を抜きました。
image

正確な水玉模様を描けたのはこれ。
升目を描いた紙を下に敷き、点を付けるガイドにしました。
image

紫陽花を塗りました。
image

人物周りが完成。
image

背景の水玉模様を、また同じ様にてんてんと。
image

ポップな雨模様
image

紫陽花を、キラキラする絵の具で塗りました。
image

光があたるとキラキラします。
原画ならではの楽しみかたです。
image

スタンプで文字を捺して完成です!
「水玉模様の日に」

メッセージカード作り

5月の時だと思いますが(汗)、アルバムの整理に。

原画プレゼントする時に付けたメッセージカードです。
image

ミクとリンです。
image

image

コピックで塗りました。
image

切り取って…
image

ラッピングして飾り付け。
お二人に贈りました。
活動おしらせ
お針子活動。
ディーラー名は
真珠星(しんじゅぼし)
参加予定はブログ記事にて
*********

同人活動。
サークル名はきゃべつ通信

関西コミティア(OMMビル)

主に上記のイベントに参加しています。
たまにひょっこり地方のイベントへ。

Twitterはじめました
ID= uta_no

Profile
うぽぽ
近畿のオマケに在住。
お絵かき(美少女系イラスト)やったり、ドール(SD)をかまったりしながら、歌って踊れる同人妻を目指す。

小さくてこまごましたモノが大好き。
方向音痴がたまにキズ。

…住人ドール紹介…
★真珠(ましゅ)MSDミュウ
★透花(とうか)SDりお
★天使羽(あつは)YSDゆき
★雪羽花(ふうか)SD甘夢のの
イラスト
月別検索。
最新コメント。