歌声風呂

年末年始に『夫のちんぽが入らない』と『ここは、おしまいの地』を読んで下さる方がたくさんいて嬉しい。ツイッターで本の感想に出合うと「ありがとうございます」と頭を深く下げたくなる。当然「読まなきゃよかった」という率直な意見もある。それでもいい。ラジオから流れてきた「人の評価はどうでもいいの。あなたが良ければそれでいい」という人生相談の助言が思いのほか効いている。

DSC_1528

「(俺が)飲みに行く日はひとりでうどんを食べていて可哀想だから」との気遣いにより、年が明けてから温泉や銭湯に連れ出されている。私には忘年会も新年会もなく、一年を通して誰かと食事に出かける気配すらないので憐れみの目で見られている。自分では特に悲しいとは思っていない。地元以外には本を通じた知り合いがいるので。

前に住んでいた街の銭湯へ行った。湯の花が浮く、ぬるぬるとした泉質が気に入り、夜勤の帰りに必ず寄っていた。長い勤務を終えて湯船に浸かると大抵そのまま寝入ってしまい、ガクッと沈みかけて目が覚めるのだった。ほとんどの人は設備の整った別の銭湯へ行く。朝、そこへ通うのは私と知的障害のある中年女性だけだった。彼女はいつも洗い場で歌謡曲を大声で歌う。しかし、これが驚くほど美声なので、壁越しの男湯から拍手が沸くこともあった。ひたすら軽石で指をこすりながら古いポップスや演歌を歌う。身体を洗ったり湯船に入ったりする姿は一度も目にしたことがない。純粋に「歌い」に来ているのだった。
あの人好きだったなあ。
そんなことを懐かしみながら肩まで浸かった。

しばらく非公開にしていましたが、当時の日記です。

『歌い手さんの日常』
http://blog.livedoor.jp/shiod/archives/8408347.html

『湯屋のエンターテイナー』
http://blog.livedoor.jp/shiod/archives/8408321.html

かのす

蚊に左の瞼を刺された。まだ熱を持っている。小さくて痒いホットアイマスクを載せられている気分だ。頬や手首だって刺せたはずなのに、わざわざ目を狙うとは、いい根性している。

ちょうど母が家に来る日だった。ぽっこり腫れた目で出迎えると、「この家のまわりに“かのす”があるんじゃない?」と言われた。蚊の巣。初めて聞くワードだった。母はスズメバチ駆除業者の密着モノが好きなので、「巣」という言葉を使いたがる。我が家を「猫の巣」と呼ぶ。腹に血液を蓄えた刺客は「蚊の巣」に帰っていったのだろうか。

最近、思い出したように平日の昼間にひとりで温泉へ行く。去年の夏は週3くらいで通っていたけれど、冬になって、ぱたりとやめた。道路がめちゃくちゃになるので気軽に行けない場所なのだ。去年そこのサウナには人がほとんどいなかったが、今年は常に同じおばさんがいる。この施設の良さに気付いた者が私以外にも存在したのだ。

おばさんはバスタオルを縦長に敷いて階段一列分を占領し、仰向けになって女性週刊誌を読んでいる。私が活動休止していた冬期間に、独自のスタイルを確立していたらしい。私が入っていくと「フー」「アーア」と大きな溜息をついて起き上がる。おまえのために起きてやった感を猛烈に出してくる。気まずい。居心地が悪い。だから、2回くらい出たり入ったりし、そそくさと出る。読んでいるのがヤンマガならば「寝たままでいいぜ」と寛容になれるのだが。お互いの平和のために今度渡してみようか。

夏の終わりの黄色い女の子

ブログをやっていたことを忘れるくらいブログから遠ざかっていた。

原稿提出してないくせに更新すんのかと思われたくないのと、ブログに日々の出来事を書いてしまうと原稿の題材が無くなってしまうんじゃないかという恐れがあり、書けなかった。だけど、ブログなんかそんな深く考えないで使えばいいんだよな、誰のために書いているわけでもない無料の独り言なのだから。そう思い直したので、これからは更新すると思います。

8月なのにストーブをつけ、毛布にしっかり包まって寝ている。手足が冷えきっている。
半袖を着たのは5月の大阪、6月の熊谷と国分寺、7月の東京、8月の東京と志津くらいだった。出かけた先で軽い熱中症らしきものに襲われ、座り込んで放心状態になったりもした。それにしても、遠くまでよく出かけた。生まれて初めて海水浴にも誘っていただいた(残念ながら行けなかった)。メロンをたらふく食べた。地元には夏が来なかったけれど、人生でいちばんの夏だった。

この時期になると障害者施設に入所していた女の子のことを思い出す。
彼女は盆が明けると黄色いTシャツに衣替えした。普段は焦げ茶色の服しか着ないその子の突然の変化に、就職一年目の私は、夏休みのあいだに何か嬉しいことがあったんだろうか、恋だろうかと気もそぞろになった。眩しい黄色を着ただけで表情も明るく見える。
「きょうはなんだかいつもと違うね」と話しかけたら、「そうですよ!だって一年で一番好きな番組が入るのですから!」と教えてくれた。まるで洗脳されているような目の輝きで。
Tシャツには24HOUR TELEVISION と書いてあった。

小学生の頃、彼女の通っていた施設がちらっと映ったことがあり、それから毎年楽しみにしているらしい。何枚も買ったという黄色や青色のTシャツを放送日までとっかえひっかえ着ていた。私はその番組をどこか冷ややかに見ていたけれど、ここまで誰かの生きる糧になっているのだから充分意味があるのだろうと考えを改めた。
放送日、彼女はテレビの前に陣取り、メガホンを叩きながら、「行けー障害者がんばれー」と完全に他人事のように応援していた。その妙な逞しさも、夏の終わりになると思い出すのだ。

嬉しいと苦しいの波

パスワードをすっかり忘れるくらいブログを開いてなかった。
1月にエッセイ『ここは、おしまいの地』を出版してから爪切男さんとトークイベントに3回(阿佐ヶ谷ロフトAさん、神楽坂スナックコアさん、大阪ロフトプラスワンWESTさん)出させてもらったり、文月悠光さん爪切男さん末井昭さんペス山ポピーさんと対談させてもらったり、『夫のちんぽが入らない』の漫画版を担当して下さるゴトウユキコさんや実写版の監督さんらとお会いしたり、親切な方に京都や大阪を案内してもらったり、会いたいと思っていた人に会えたり、新たにweb連載を始めたり、生意気にも本や映画の推薦コメントを書かせてもらったり、そうかと思えばノイローゼになって何も手につかず寝込んだり、原稿の締切に何日も遅れてしまったり、部屋の中が荒れ放題になったり、心療内科に予約を入れようとするも電話が苦手すぎてかけられずにいたり、気を取り直して台湾へ行き顔面皮膚病になって帰国したりしていた。嬉しい、苦しい、嬉しい、苦しい、と波のように訪れた。短期間にいろんなことがありすぎて、うまく処理できずにいたけれど、最近かなり落ち着いた。目の前のことをひとつずつ頑張っていきたい。そして、いま起きていることや自分の気持ちを忘れないでいたい。

DSC_0488


先日、空港で濃厚バニラシェイクを飲みながら、ぼうっと乗り継ぎの飛行機を待っていたらラジオ番組の人にマイクを向けられた。
「これからどちらへお出かけですか?」
「大阪です」
「大阪で何をされるんですか?」
「お話をしたり...ですね」
「大阪にお友達がいるんですね?」
「友達...友達なのかな...友達か...」
「あとは何かされるんですか?」
「お話をするくらいですね」
「はあ、そうですか...では、いってらっしゃい!」
あまりにも抽象的で要領を得ない受け答えを繰り返したので「いってらっしゃい」と強制的に元気よく締められた。なぜこいつは情報を出し惜しみするんだ、空気を読んではっきり喋れよ、と思われたかもしれない。

DSC_1163
この覆面を被ってトークイベントに出るのだとは説明できなかった。


■漫画版の連載スタート
「週刊ヤングマガジン」さんにてゴトウユキコさん作画『夫のちんぽが入らない』の連載が始まりました。昭和を思わせる、どこか懐かしく艶かしい画風。うまくものを言えぬ「私」の心情を表情や後ろ姿で完璧に語らせるゴトウさんの才能に脱帽しました。文章で何行もかけて説明したものが、たった1コマで、ど真ん中の説得力をもって描かれている。すごいねえ、ゴトウさん、本当にすごいねえ、と唸りながら毎回ネームと原稿を拝見しています。オリジナル作品に取り組む貴重なお時間を奪っているのだから、すごく責任を感じるし、ものすごく感謝している。最後まで全力で応援します。引き受けていただき本当にありがとうございます。
第1話、試し読みできます。
http://yanmaga.jp/contents/och/?utm_campaign=TrialEndPage&utm_medium=referral&utm_source=trial_end_page


■web連載スタート
キノブックスさんのwebサイト「キノノキ」で月1連載『縁もゆかりもあったのだ』が始まりました。担当編集の寺谷さんと初めて挨拶を交わしたのは2015年秋の文学フリマでした。ブログ本『塩で揉む』をわざわざ買いに来て下さった。その当時から書くことを熱心にすすめていただいたのに、「執筆活動を家族に話していないのでこれ以上書く場所を増やせない」「書ける自信もない」と尻込みしてお断りしてしまった。そのあとも本の感想を丁寧に送って下さったりした。今年に入って、自分の中で「先のことなんてわからない、家族にいつ反対されるかわからない、もうこの際やりたいこと全部やってみたらいいじゃん」と珍しく強気で開き直っていた時期があって、そのとき、本当にすごいタイミングで再び寺谷さんが「書きませんか」と声を掛けて下さった。普段メールのやりとりをしていたわけではないのに。超能力者かと思った。ちょうど東京へ行くタイミングも重なり、直接お話を聞いて「やってみたい」と返答した。これもタイトル通り「縁」なのかもしれない。
連載では旅やその土地の人にまつわる話を書いていきます。
第4金曜に更新します。読んでいただけたら嬉しいです。
http://kinonoki.com/book/enmoyukari/kodama01.html

5月のはなし

5月は少しノイローゼでした。

■集落の坊主の話
祖母の法事があり、帰省した。おなじみの適当な坊主が適当な経を唱えに来た。我が集落には寺がひとつしかなく、改宗しない限りこの男に頼まなくてはいけない。

「明日拝んでくれるんですよね」と事前に確認の電話を入れても姿を現さないことがよくある。来るか来ないか、その日になってみないとわからない。餌付けした狸よりうんと出没率が悪い。1時間待っても来ないので寺の呼び鈴を押したら灰色のスウェット姿の坊主が目をこすりながら出てきたとか、集落に1軒だけあるパチンコ屋に電話をかけたらすぐ身柄を確保できるとか、そんな話ばかりだ。どうしてこんな片田舎の、客のいないパチンコ屋が潰れないのだろうとずっと疑問に思っていたが、私たちのお布施で支えられている事実を大人になってから知った。集落の貨幣の流れは残酷だ。

この日の坊主は、いつになく咳き込みが激しかった。
「風邪なのかな」
そう母に訊いたら、よほど怒りが溜まっていたのか火炎放射のように吠えた。
「あいつは咳をして何行もいっぺんにお経を飛ばすのさ。最近そういうズルを覚えたんだよ。だからあいつのお経はやけに短いんだ。誰の足も痺れやしない。よその人にこんな恥ずかしいお経聞かせられないよ。地域の恥。仏教の恥。はよ死んでくれ」
最後のほうはインターネットの書き込みみたいだった。

私は当日の明け方まで原稿を書いていたので、かなり眠たく、腹の調子も悪かった。料理を残し、隣の部屋で横になっていると、親戚のおばさんの「おめでたじゃないのかね」という声が聞こえてきた。やめてほしい。5兆%ない。私は『夫のちんぽが入らない』という本を出したことをまだ家族に言えずにいる。


■食べ歩いた話
ネット大喜利の友達(みょくさん、アンシャン、ひつじさん、カーヴァーさん、ムナゲさん、恋愛バラエティー)とその地元の友達(中内さん、すもまん)という不思議な組み合わせで、すすきのの美味しい店を2日間食べ歩いた。ムナゲさんと中内さんは東京から来た。普通にふらっと来てしまう。狂っている。

古い人だともう10年以上の付き合いになる。人様の家に上がり込んで朝方に鮭チャーハンを作ってもらったり、手作りの面雀の札で遊んだり、病院までお見舞いに来てくれたり、去年は飲み会の最中アニサキスにやられたムナゲさんが救急車で運ばれたりとたくさんの思い出がある。私がネットや実生活で関わりのある多くは、そういうサイトに投稿していた人たち。友達のいない期間がとてつもなく長かったから、たまに遊んでもらうと小中高大をいっぺんに取り戻したような気持ちになる。

ちなみに「夫のちんぽ」というワードに初めて対面したのは、数年前みょくさんが私に向けて作ってくれた『チキンライス』の替え歌だ。「膣カンジダって何?って考える」に始まり、「夫のちんぽもってこい これが夫のちんぽか思ってたよりでかいな やっぱりあたし安いバイブでいいや」で終わる、最高に酷い歌詞だった。

当時、夫婦関係のことは誰にも話してなかったけれど、適当に作ったはずの歌詞に偶然にも真実が見え隠れしていた。多分そのフレーズが頭のどこかに残っていて、「夫」には「ちんぽ」、「夫のちんぽ」と当然のようにすんなり行き着いたのだと思う。みょくさんに著作権料を払わなければいけない。

不謹慎で良い人たちと美味しいものをたくさん食べた。また夏に会えると嬉しい。

家が臭く、歯が無い

『水曜日のダウンタウン』を観て笑っていたら突然前歯が一本ぽろっと落ち、歯列に空洞を抱えたままGW後半を過ごすはめになった。以前、生徒に頭突きされて折れた歯だ。そのときは一本完全に折れ、もう一本もぐらぐらになっているから抜きましょうと言われ、人様のお金で治療してもらったのだ。思い返しても、なかなかハードな教育現場だった。その当時味わった「歯の無い自分」に再び会えた。

「外で気安く笑うんじゃねえぞ、歯が無いことを常に自覚しろよ」と念を押され、夫と蕎麦を食べに行った。歯が一本無いだけで蕎麦をうまくすすれない。「歯の隙間から汁がこぼれて面白いよ」と夫に報告した瞬間、気が緩んで普通に笑っていたらしく「常に自覚しろと言ったはずだ」と鋭い声が飛んだ。将校みたいだった。祝日休診の歯医者が多く、ようやく本日無事に「収納」した。歯があると便利だ。お茶を飲んでも口の端から垂れないし、喋るときにスースーと風が通り抜けない。歯があると最高。

発売中の『クイック・ジャパンvol.131』の連載にも書きましたが、「めちゃくちゃ臭い」という特殊な住宅事情により2016年4月1日から2017年3月31日まで料理を一度もしなかった。遅くまで働いて帰ってくる夫に電子レンジで温めた茶色い惣菜ばかりを並べ、そろって「いただきます」を言う生活に精神を削がれた。簡単に引っ越せない事情もあり、一年間ひたすら臭いに耐えた。見えないものと闘う、というけれど、その相手がドブ・糞尿・カビ・沼の臭いだったとは。生きていると本当にいろいろなことがある。またひとつ貴重な経験をさせてもらった。

引っ越したら身体にやさしいものを作って食べたい、食べさせたい。抑圧された結果、料理欲がむくむくと芽生え、晴れて新居に移ったその日から野菜中心の食となった。いま人生で初めて料理が楽しい。野菜室に野菜が、扉の卵ケースには卵が、当たり前のように並んでいるのが嬉しい。

P4235935

最近買ったのは藤村公洋さんのレシピ本。藤村さんは『夫のちんぽが入らない』に登場する「鍋焼きうどん」を再現して下さった方。そのときに野菜をふんだんに使った健康的なお弁当を作っていることや本を出されていることを知った。料理の仕方を忘れていた私でも作れそうなものばかりでありがたい。


むかしから、嫌な思いをしたら「それを上回るくらい良い思いをしてやろう」と火がつく。嫌なことを言われたらその人を超えるまで頑張ろうと思うし、嫌な体験をしたらそれを糧にして生きてやろうと思う。家がめちゃくちゃ臭いのも、生徒に歯を折られたのも、私の病気も、夫の精神病も、ちんぽが入らないのも、最終的には全部どうでもよくなるくらい馬鹿みたいに笑っていたい。

ブログを始めた20代のころ「女が書いてるってだけで読んでもらえるから得だね」と言われた。そうなのだろうか、私は特別女らしい文章ではないと思うけれど女というだけで既に得をしているのか。その一言は疑問としてなんとなく残り、女の成分がなくなってもちゃんと読んでもらえたら証明できるのではないか、自分の文章が面白くないのを性別のせいにするな、証明してやる、とむきになって書いていた。もうそんなつまらぬ意地も消え、ただ書きたくて続けているだけなのだが、結果的には良いほうに作用したので、あのとき皮肉をぶつけてくれた人には感謝している。

ざっくり切りなさい

髪を短く切った。全然そんなつもりはなかったのに、美容院の鏡の前に座ったら「ざっくり切りなさい」という謎の声が降りてきた。20センチくらい切った。

こんなに切ったのは入院のとき以来だ。
手術の前日だったと思う。ベテランの女性看護師に「しばらく寝たきりで髪洗えなくなるよ。長いと邪魔だよ。どっちみち手術のときバリカンで剃られちゃうんだから地下の床屋さんで切ってきたら?」と言われたのだった。髪に特別な思い入れはないけれど、あまりにも事務的な物言いに少なからず傷付いてしまった。他人事だと思いやがって。このやり場のわからぬ悲しみを吹っ切るには「地下の床屋」に行くしかない。もはや髪がどうなろうと無職の私には関係ない。誰かに会う予定もない。自棄になった私は「地下のおばさん」にばっさり切ってもらった。

そして術後。麻酔が切れたあとの痛みと苦しみは想像を遥かに超えるものだった。看護師の手を借りなければ頭の向きすら変えることができず、仰向けのまま嘔吐を繰り返した。髪の毛に、吐いたものと血液がこびりついていく。枕元から給食室の残飯バケツのにおいがする。あの人はこれを警告していたのだ。髪が長かったらもっと異臭を放っていただろう。「地下の床屋」行っといてよかった。

その道のプロの言葉には素直に従ったほうがいい。
そんなことを思い出した。

数年ぶりに頭が嘘みたいに軽い。

きょうからここで

これまで使っていたサイトが本日12時で閉鎖してしまったので、ここで書くことにします。ほとんどの記事は移せたけれど、画像が全滅だった。12時って昼だったんだな。昼だよな。完全に油断していた。

過去の記事を遡りにくい、ページが重くてコメントできない、更新しないとすぐアダルト広告が出てくる、アダルト広告がリアルすぎる、頻繁に繋がらなくなる、など障害に恵まれたサイトだった。ネット繋がりの知人やツイッター経由の人だけが読んでくれればいいと思っていたので、それらの障害はかなりありがたかった。アクセス数とかそういうのはどうでもいい。ただ書きたくて書いているだけだった。

昨年から商業誌にエッセイを載せてもらえるようになった。私の地元はみなさんの想像する20倍くらい田舎で、書店らしきものは無い。同級生はほぼヤンキーだから読書などしない。そう楽観し、自分や身内の恥を書き散らかしてきたのだが、そろそろ慎重になろうと思う。田舎でもネットは繋がるし、地元のヤンキーもたまには本を読むとの情報を得たので(ハリーポッターを読むらしい)。以前のような丸出しのブログとはいかないかもしれないけれど、場所も変わったことだし、これからはもう少し気軽に書いていけるといいです。

2015の終わりに

2015年は、すぐそこに死があった。自分と同じ病のおばあさん達が酸素ボンベだったり、両脚無かったり、ベッドで糞尿垂れ流して迷惑がられたりするのを毎日のように目にし、これが未来の私なのだと思うと、つい涙がこぼれる夜もあった。やれることをやらないと、とも思った。骨を接ぎ、同人誌を売り、ひょんなことから執筆の場をいただき、戸惑いながらパソコンに向かっている。急降下からの急浮上で、酸素が足りなくなっている。能力も無いのに調子こくんじゃねえぞ、と思われていることは察しており、心浮き立つのは発売日の前後数日で、あとは「あー」とか「うー」とか言いながら頭を掻き毟る毎日です。

私みたいな者とは比べものにはならないけれど、こんな孤独な闘いをひとりひとりの作家が毎月、毎週、こなしているのだと知ってからは、雑誌の小さなコラムも大事に大事に読むようになった。なんでこんな巧みに書けるのだろうといちいち感動するようになり、図書館カードに鋏を入れ、お金を払って読むようにもなった。素人であれ、プロであれ、ものをつくる人に対して無条件で敬意を抱くようになった。自分の環境や意識が、たった数ヶ月でこんなにも変わるとは思いも寄らなかった。

 

一文字も書けなくて苦しくなることもあるけれど、そんなとき決まって脳裏をかすめるのは生活を共にした病室のばあさん達。「いずれああなる」そう思うと、束の間の春みたいな今を存分に生きなければ、と強く思う。なので、来年は私もっと頑張ります。やったことないことにも手を出します。うだうだと悩んでいる間にも手足が駄目になる日は確実に近付いているのだから。2015年の終わりに、そんなことを考えている。

 

 

歌い手さんの日常

子供の涎と鼻水で全身ぎとぎとになるので、夜勤が終わると銭湯に寄る。その洗い場で待ち構えているのが「歌い手さん」である。知的障害のある50代半ばの女性だ。どんなに晴れていても必ずビニール傘を持参し、「ここがワイの城じゃ」とばかりにそれを脱衣カゴにブスッと突き刺している。本人の姿を確認する前から圧倒的な存在感。戦場に乗り込む気持ちで浴場の扉を開ける。

最近、歌い手さんに関する新たな情報を得た。掃除のおばさんから「あの人、誰もいない時は歌わないのよ」と驚愕の事実を告げられたのだ。まさか。では、あの山口百恵や村田英雄は私を意識して歌っていたというのか。おまえなど眼中に無い、と一瞥すらしてくれないのに。また、歌い手さんは出入り禁止になっているスーパーがあるらしい。お客さんのカゴに次々と体当たりをして転倒させたという。歌っているか軽石で指を磨いている彼女しか見たことがない私は、そのラガーマンのようなアクティブさに思わず笑ってしまった。歌い手さん、秘めてるものがすげえや。

先日、ほぼ同時に風呂から上がり、脱衣所で二人きりになった。以前、同じ状況のときに彼女が「笑え笑え!笑いたいんだろ?おまえもおまえもおまえも!」と、突然周囲を指さして怒鳴り散らした。フラッシュバックを起こしているように見えたので、余計な反応をして悪化させないよう、そっと退散した。きょうも怒るかもしれない。そう思って警戒していると、彼女が近づいてきて「これキュロットなのお?スカートなのお?ポケット大きくて可愛いなあ」と言った。上機嫌で笑っている。「キュロットです。ここ、割れてます」と股の部分をつまんで見せた。ちゃんと会話のできる人だった。私は風呂上りにまず靴下、で、その次にパンツを履くのだが、ちらっと見ると歌い手さんも同じだったから、気が合うな、と思っていたところだった。一方的に見ているだけの関係から、思いがけず仲良くなってしまい動揺した。

昨日、銭湯で再び歌い手さんと遭遇した。ちょっと嬉しくて「こんにちは」と声を掛けたら、こちらをキッと睨み、無視された。キュロットを履いていない私には興味がないのかもしれない。

 

湯屋のエンターテイナー

仕事帰りに寄るいつもの銭湯が臨時休業だったので、別の風呂屋へ行った。そこそこ混んでいた。洗い場でふと隣を見ると、軽石で一心不乱に指を磨く中年女性がいた。知っている。この執拗な磨き方、体の折り曲げ方。私、知っている。見間違いではなかった。歌い手さんである。そうか、いつもの場所が休みだとここへ来るのか。行動パターンが丸被りで、ますます親近感がわく。しかし、驚いた。彼女は借りてきた猫のようにおとなしく、ただ指を磨いているのだ。こんな姿、初めて見た。どこでも歌うわけでは無いようだ。思っていたよりも軽い障害なのかもしれない。またひとつ彼女に関して詳しくなってしまったな、なんて思いながら髪を洗い流していると、突如高らかな美声が響き渡った。

「たーんたーんたぬきのきんたまは~」

出たーーーー!
しかも、かなりの変化球。奇襲。
これを1曲目に持ってくる勇気。

周囲の動きが一斉に止まった。一様に信じられないものを見る目をしている。彼女は堰を切ったように「てるてる坊主」やアップテンポな「茶摘み」を歌いだした。ズンチャズンチャと前奏付きでノリノリだ。きょうは童謡の日と決めたらしい。歌いながらも軽石で激しく指をこすり続けている。いつもと環境が違うから歌うのずっと我慢してたんだなと思うと、なんだかいじらしくて、抱きしめたくなった。確実に前より好きになっている。

プロフィール

shiod