November 29, 2017

11月3日 はれ
天気予報は週末に成るにつれて曇りから晴れへと変わり水沢山へ。
水沢山は森林公園の方からと水沢観音の方から登るルートと二通りあるけれど、
この日は初めて水沢観音の方から登ってみました。
水沢観音でお参りをしてから左側の急な石段を上だけ見て登って
飯網大権現まで行きます。
P1030497






水沢観音には何度も来ていますが急な石段を眺めては、
石段の下で何度か手を合わせていましたが、きょうは登って
権現さまの左側から入って
万葉の歌碑の建つ杉林の中を進むと広い道を挟んですぐに登山口がありました。
P1030498






登り始めからずっと階段の登りが続いて
何回も休みながら登ってやっとお休石のところに着きました。
P1030504P1030501






この辺りまで登るともみじの葉も赤くなって来ていました。
休石の向かい側にも、お休み出来そうな大きな平らの石がありました。

水沢寺は坂東三十三観音の第16番目の札所、
お参りに来た人がならす鐘の音が上の方まで聞こえて来ていました。

お休石から上は一段と急な登りになり何人もの人に先に行って貰いながら
見晴らしの良い尾根まで登ることが出来ました。
尾根に出るとそこには石仏が並んでいました。
P1030509






振り向くと「すそ野は長し赤城山」
赤城山の裾野まで見えていました。
P1030507






石仏の前を通って、もう少し
下って登って…
道脇に野菊とりんどうの花を見つけました。
P1030513P1030515






秋の終わり
お花にも会えて良かったです。

そして
水沢山 頂上。
P1030517






登山口から2時間かけて、やっと登りました(12時半)
頂上は狭いけど特等席が空いていたので、そこでお昼ごはんにしました。
前橋、高崎、渋川の街並みと関東平野、近くに相馬山、榛名富士、二ッ岳ははっきりと
遠くに富士山も薄っすらと見えました。
妙義山も雪の積もった日光白根、谷川…展望の良い水沢山の頂上でした。
P1030518P1030522



shion1112 at 21:25コメント(6) 

November 17, 2017

10月19日(雨降り)
この日は申し込みをしておいた「コキアとお寿司食べ放題のバスツアー」

ひたち海浜公園へ行って来ました。
春のネモフィラの丘は秋には真っ赤なコキアの丘に。
楽しみにしていましたが雨の日に成ってしまいました。

観光バスのワイパーは忙しそうに動いて止まることがありません。

海浜公園に着くと広い駐車場に観光バスだけは何台も停まっていました。
駐車場の中でコキアを観に行くのに一番近いと言う西口ゲートの前まで
連れてってくれてそこから入園しました。

中に入ったら目の前にコキアを見られるのかなって思っていたけど
雨の中を見晴らしの丘まで行かないと観られませんでした。

とても寒かったです。

雨に濡れて重くなったコキア、ちょっと眺めただけで戻って来ました。
途中のおみやげ屋さんで晴れの日のコキアのポストカードを買いました。
夏の緑のコキアと秋の赤いコキアの2枚。
それから
和三盆の干菓子も有ったのでいっしょに。
P1030625






昼食は回転寿司でお寿司食べ放題。
那珂湊のお寿司屋さんです。
席に着くとかにのお吸い物とえびのお寿司が一皿用意されていて、
あとは自分の好きなお寿司を好きなだけ…。


お腹がいっぱいになった後は鮮魚のお買い物。
わたしは、秋刀魚と鯛を買いました。




shion1112 at 22:51コメント(10) 

November 10, 2017

9月30日 はれ
落葉松の多い道で展望も良い表コースで黒斑山に登りました。
P1030493






登山口から緩やかな道を少し登ると落葉松は黄色く成り始めていました。
P1030429P1030484






そんな落葉松の林の中を歩いて車坂山を下るとちょっと急な登りだけど
少し登ると見晴らしの良いガレ場があるのでそこで休憩をしました。
この先は少しのあいだ樹林帯になるので、ちょっと多めの休憩です。
高峰高原もだいぶ下の方に見えるようになりました。


樹林帯を抜けると左側の木々の間から黒斑の頂上も見えて、階段の登りのはじまり
階段の脇にゴゼンタチバナの赤い実もありました。
夏にはいっぱい花を咲かせたのに実はちょっと少ないように思いました。
P1030480P1030442P1030447






避難用の赤いシェルターが在る所まで登ると槍が鞘まではもうすぐ
P1030486P1030446






槍ヶ鞘からの浅間山。大きいな浅間山です。
P1030454






左にトーミの頭も見えています。
こんな景色を眺めながら、ここでお昼ごはんにしました。

槍ヶ鞘を下ってトーミの頭までは急な登り
途中まで登ったところで、この日は富士山が見えました。
P1030453P1030476P1030457






もう少し登ってトーミの頭からはずうっと向こうの方までの眺め。
P1030468






トーミの頭から外輪山の尾根を通って樹林の中を登ります。
きょうも草すべりの方から登って来る人がいました。すごいな。

もう少し登ると火山観測機器が在って、そこからもう少しで
P1030461






黒斑山頂上、山頂からの浅間山。
P1030467











shion1112 at 22:35コメント(2) 

October 05, 2017

9月9日(土)〜10日(日)
いつかまた唐松岳に来たいなあって思っていたのは、もう、ずっと前のこと。
久しぶりに山小屋に泊まってその唐松岳に登りました。
家を7時に出発。
長野オリンピックの白馬ジャンプ競技場だったところを通り過ぎ
黒菱林道を抜けて標高1500mの黒菱ラインのリフト乗り場から
リフトを乗り継いで八方池山荘まで行き、そこから尾根道を登りました。
石や岩の多い登りだったけど、振り返るといつの間にか八方池山荘もリフトの駅も
ずいぶん下に見えるようになっていました。
まもなく石神井ケルン。
木道の登りと合流するところに咲いていたあざみがとてもきれいでした。
P1030181P1030373P1030387






八方池を上から眺めながら第3ケルンまで登ってお昼ごはんにします。
途中に在る八方ケルンは太い眉と鼻と口、人の顔みたいでした。
ここの登山ルートにはいくつものケルンが在って
休憩や待ち合わせの目印に成って良いなって思いました。
P1030186P1030189






お昼ごはんは、昆布のおにぎりとフルーツはキウイ。
白馬連峰を眺めながらの予定でしたが…。
P1030183P1030184






第3ケルンを過ぎると、ここからはダケカンバの樹林帯、
P1030376P1030192P1030196






下の樺を抜けるとお花畑
まだ色んなお花が咲いていて良かったって思いました。
P1030199P1030198P1030236






上の樺には
ベニバナイチゴの赤い実や花は終わってたけどキヌガソウも在りました。
P1030204P1030205







ダケカンバの林を抜けると扇雪渓。
扇雪渓の前では大きな石の上に座っておおぜいの人が休憩をしていて
わたしも、そこで休憩です。近くのナナカマドの実も赤くなりはじめていました。
P1030208






扇雪渓から樹林の中を登って行くと丸山ケルン。
そこからは這い松の中を歩いて
その後に、綿毛になったチングルマがいっぱいのところを歩きました。
P1030226P1030221P1030233






それから、こんなところも歩いて雷鳥にも会うことができました。
P1030234P1030240






すぐそこに唐松岳と山荘が見えてました。
P1030249P1030260P1030264






唐松岳頂上山荘に着いたのは3時半
受付を済ませてからお部屋へ行きました。
P1030317







お部屋は別館。
相部屋で2段に成っていて下の段、先に着いた2組の人たちがいて
わたしたち3人が入って6畳のお部屋に7人でした。
すごいなあって思いました。

夕食が最後の組だったので荷物を置いてから山荘の外に出てみました。
一段下のテント場にはいろんな色のテントがいっぱい張られていてきれいでした。
夕焼けを見てからお部屋に戻って団らん、夕食を待ちました。
P1030263P1030261P1030269






7時、夕食です。
P1030271






同じテーブルでお食事をした人たちと少しだけお話をしてからお部屋に戻りました。
はみがきをして8時。横になったもののなかなか眠れません。
廊下には、一晩中電気がついていました…。


9月10日(日)
日の出は5時25分。
同じお部屋の人は唐松岳の山頂から眺めるって
5時ちょっと前に出発して行きましたが
山荘の裏山へ登って日の出を見ることにしました。
外に出ると風も吹いていて寒かったです。
そして雲も多いです。
P1030281P1030285






寒かったので早めに下って山荘の前から周りの景色を眺めました。
唐松岳にも朝日があたって来ました。
P1030291P1030286P1030288






剱岳や立山にも、そして五竜の方にも朝日が
P1030292P1030295






そして朝食です。
P1030296






これから唐松岳に登ります。
途中までは、こんなに良いお天気だったのですが
頂上に着いた時には、もうこんなお天気で何にも見えませんでした。
下って来てもまだこんな感じでした。
きょうのお天気はどうかなあ…
P1030303P1030306P1030308






山荘の中で休憩させて頂きました。
P1030311






唐松岳頂上山荘を後に下山します。
P1030322






出発は9時
歩き始めると道脇の草花もすてき
きのうは見えなかった右側の風景…きれいでした。
P1030325P1030324P1030323






下りは早いです。10時。
1時間で丸山ケルンが見えて来ました。
全容は見えないけど左側には白馬の方も見えています。
P1030334P1030329P1030330






雪渓を上から眺め樹林を下りダケカンバの林も抜けて12時。
八方池の方に下ります。
P1030377P1030381P1030383






八方池から石神井ケルン、そこから木道を下って
登山口の八方池山荘に2時半に着きました。
P1030173








八方ケルン
P1030385


shion1112 at 23:03コメント(18) 

September 13, 2017

9月3日(日)はれ
お天気が良かったので草津白根山へ行って来ました。
交通規制もなくなって白根レストハウスのところの駐車場にも
6月から駐車は可能になっていましたが
この日は白根山麓駅からロープウエイに乗って山頂駅まで行きました。
P1030075






(ロープウエイからの草津白根高原ルート)

山頂駅に着くと気温は13℃。

そこからはリフトには乗らずに山道を登って行きました。
登山口の辺り、ヤナギランの花がまだ少しだけ咲いていましたが
ほとんどが実をつけていました。もう秋ですね。
急な登りではないけど、少しの間「はあはあ」言いながら登りました。
P1030165P1030164P1030162






針葉樹林の山道を抜けると木道脇にはりんどうが咲いていました。
夏はゴゼンタチバナやイワカガミが咲いているところなので
花を思い浮かべながら歩いていると赤い実をつけたゴゼンタチバナがあって
ことしもいっぱい花を咲かせたんだろうなあって思いました。。
P1030141P1030087






左手にはダケカンバがいっぱいあります。
そこの平坦な道を抜けると視界がぱっと開ける所なのだけど…
いちばん手前の旧噴火口も見えないお天気になってしまいました。
P1030096





きれいな青空だったのに残念だなあ。
久しぶりの草津白根なのにって思いながら歩いてる内に
周りの景色が見えて来たのです。
コマクサも少しだけど残りが咲いていました。
P1030107P1030151






展望台と本白根への分岐まで行ったら12時でしたけど
もう少し歩いて白根山遊歩道最高地点まで行ってからお昼ごはんにします。
P1030139P1030131






歩いて来た道、これから行く展望台、
こんな景色を眺めながらお昼ごはんにしました。
P1030108P1030128P1030132








お昼ごはんを食べてから来た道を戻って展望台へ向かいました。
P1030120P1030122







分岐まで戻って木で出来た階段を登って展望台。
P1030114P1030144P1030147








風が冷たくなって来たので下山することにしました。
P1030140P1030106P1030104





山麓駅、2時30分。
道の駅に寄ってからメロディーロードを通って帰ってきました。

shion1112 at 23:10コメント(6) 

August 09, 2017

7月7日 七夕の日
山梨へ桃狩りに行って来ました。
はじめての桃狩り。
農園のお店に着くと係りの人が桃畑まで案内をしてくれました。
桃畑までは国道に沿って数分歩いてから脇道に入りさらに坂道を下って行きました。
桃畑に着くと桃の採り方の説明をしてから
小さな包丁とプラスチックのお皿を渡してくれました。

木を見上げると桃がいっぱいなっていて
みんな完熟しているので青くない限りどれでも美味しく食べられるそうです。
P1030045P1030043








教わった通りに桃を持って下に引くと簡単に採れました。

皮を剥こうとして包丁を入れるといい匂いがして来ました
くし形に切って口に入れると…とても美味しかったです。

桃、食べ放題。
2個めも美味しく食べられました…が、お腹いっぱい。
一休みしてみたけど3個めは無理でした。

美味しかった桃
おみやげ用に係りの人に採ってもらいました。
そして篭の中の桃の上に桃の葉も載せてもらいました。


この日は甲州桃狩りびっくりツアー
関越、圏央、中央道、 勝沼ICで下りて
色んなところへ行きました。
昼食は石和温泉のホテルでバイキング。
地元グルメの並んでるテーブルのところから
B級グルメだと言う鶏もつ煮は食べてみようって思ったので最初にお皿に載せました。
トマトは入ってるように見えなかったけど焼きそばも載せたりして、
フルーツとかサラダとかちらしすしも載せて、
暑かったけど熱いほうとうも食べました。

お腹いっぱい食べてしまいました。これから桃狩りなのに。

バイキング会場の出口には七夕飾りがあって
短冊に願いごとを書いてきました。
どうか願いが叶いますように。



ワイン工場の見学
なんだか遠足のよう…
工場内をワインが瓶詰めされるまでの工程を説明を受けながら見学したけど
機械は稼働していなかったのが残念だなあって思いながら移動しました。
熟成中のワインの樽が並んでいる倉庫に入るとクラシック音楽が流れ
そこはワインの匂いがしてるように感じました。
クラシック音楽を聞かせ深みのある味わいのあるワインが出来上がるのだそうです。
ブランデーを熟成させるには、良く覚えてないけど他の音楽だったと思う。

倉庫を出ると道路を挟んで向かいの建物はおみやげ屋さん
入るとすぐ
赤ワインと白ワインを紙コップに自分で注いで試飲が出来るようになっていました。
おみやげ用のワインもですが山梨の他のおみやげもいっぱい並んでいました。
そこで買ったのは信玄餅
それから、ここにも在った黒玉。
まだ食べたことのない黒玉だったけど、おみやげに上げちゃった。
もうひとつ買ってくれば良かったな。



他にもハーブ園に寄ったりトルマリンを扱うお店に寄ったり
山梨のおみやげが並ぶ里の駅いちのみやにも寄りました。









shion1112 at 23:04コメント(10) 

July 20, 2017

籠の登山に登りました。

5月21日(日)
お天気は晴れ。湯の丸高原には山桜が咲いていました。
P1020834







そこから湯の丸・高峰林道に入って
籠の登山の登山口のある兎平の駐車場まで行きます。
まいとし登る籠の登山。
落葉松はまだ芽吹いていませんでした。
P1020789







お天気が良かったので歩き始めて少しすると暑くて上着を一枚脱いでから
視界が開けるところまで登って一休み。
駐車場も池の平もだいぶ下の方に見えるようになりました。
P1020793







そして
右の前の方に見えるはずの富士山も振り返って見えるアルプスも
この日は眺めることができませんでしたが、
そこから少し登ると浅間山ははっきり見えていて噴煙まで見えました。
P1020829P1020797






この日は浅間山を眺めながらお昼ご飯を食べることにしました。

それから西籠の登山にも行ってみました。
P1020810







西籠の登山に行く途中の林の中にはまだ雪が残っていました。
シャクナゲの木もいっぱい在りましたが花が咲くのはもう少し先のようです。
P1020815







西籠の登山からは湯の丸山や烏帽子岳が見えていました。
頂上は狭いですが何人もの人が登って来ていました。
いつも眺めるだけの西籠の登山は少ししてから下山。

湯の丸高原まで戻ってソフトクリーム(ミルク)を食べました。
P1020836








6月19日(月)晴れ
ことし2回目の籠の登山。
先週末までずっとお天気が悪かったけどこの日はとっても良いお天気でした。
この前から約1か月が過ぎて湯の丸高原ではレンゲツツジが咲いていました。
P1030024







きのうはレンゲツツジ祭りだったようです。
この日も湯の丸高原の駐車場は車がいっぱい停まっていて
レンゲツツジの群落のある湯の丸山へ登られる人が多そうって思いました。

だけど、きょうも籠の登山へ登ります。
落葉松も芽吹いて初夏の花が咲き始めた籠の登山。
P1030010P1030021P1030017







マイヅルソウ
P1030020







樹林帯を抜けてここをひと登りすると
右前方に富士山、して振り返るとアルプスも
P1020993P1020991P1020997







そして頂上
P1020992







赤ゾレから水の塔山
P1020998







帰りに

ムシカリが咲いていたけれど…
P1020833








shion1112 at 00:24コメント(10) 
楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ