人間讃歌

 ダ・ヴィンチ誌の2012年8月号には『ジョジョの奇妙な冒険』特集記事が載っている。表紙には作者の荒木飛呂彦氏の写真が使われているが、この人、若いね! 我が心の師匠である永野護氏(荒木氏と同じ1960年生まれ)も若々しいが、荒木氏はケタ外れだ。
 そう、『ファイブスター物語』並びに永野氏のファンである私としては、『ジョジョ』並びに荒木氏は色々と気になる存在である。FSSのライバルと呼ぶにふさわしい作品は『ジョジョ』と『エヴァンゲリオン』くらいのものだ。そして、荒木氏はダ・ヴィンチでのインタビュー記事でこう発言している。

《人間讃歌とうたったのは、ロボットの話には行かないという意思でもあったのですよ》
《人間が一番で、神様を一番にしたりしないっていう意思も入ってます。神様が全部の問題を解決してくれる……みたいな展開はナシ》
《他のマンガではやるかもしれないことを、JOJOではやらない》

 これは邪推かもしれないが、私が思うに、荒木氏と永野氏はお互いの存在を意識しているだろう。前述の荒木氏の発言は多分、FSS並びに永野氏の方向性を意識したものではないかと思う。もちろん、両氏は表立って互いの悪口は言わないだろうが、それでも内心は互いのクリエイターとしての才能や存在感を意識している可能性は高い。
 荒木氏はその気になれば、ものすごいSF作品を描けそうだが、あえて永野氏とは同じ舞台には立たない。荒木氏も永野氏も、FSSのログナーの「自分だけを追え!」という台詞通りの姿勢なのだ。あの二人ほどの大物だと、そのような領域に達する事が出来るのね。
 しかし、「漫画の神様」手塚治虫氏は生前、有能な同業者に対してかなり嫉妬深かったという話を聞く。水木しげる氏に対して妨害工作を行ったという噂すらあったらしい。さらに、司馬遼太郎氏と松本清張氏は互いにライバル意識が強く、小説の賞の選考では決して同じ作品を推薦しなかったらしい。

 ああ、いいな。萌える。私は優秀・有能な男性同士の確執に萌える性癖があるのだ。例えば、孫臏と龐涓の話がいい例だし、現代の小説だと冲方丁氏の短編小説『箱』(ハヤカワ文庫『OUT OF CONTROL』収録)なんて、ヨダレと鼻血がダラダラしたたり落ちるくらい、萌えるシチュエーションだ。ただし、無能な男同士のいがみ合いはあくまでも無価値でうっとうしい。
 まあ、女同士のいがみ合いを喜ぶミソジニー男を嫌うフェミニストの女である私がそんな性癖を持つのは、明らかに絵に描いたようなダブルスタンダードだけどね。女性同士の対立はたいてい「関係性」の問題だが、男性同士の対立はたいてい「能力」や「実績」や「立場」の問題なのだ。

 男性同士の、いや、人間同士の真剣な対立とは、上辺だけの仲良しごっこよりもはるかに美しく尊いものだとすら思える。

ドミノ倒しの皮肉 ―岡崎京子『リバーズ・エッジ』―

 私が初めて岡崎京子氏の漫画を読んだのは『ヘルタースケルター』が初めてである。なぜなら、沢尻エリカが「別に」騒動でしばらく干されてから復帰作として主演した映画の原作だったからである。そちらの感想は後で書くが、姉妹篇の『リバーズ・エッジ』(宝島社)を読んだのはその後である。
 この漫画の主人公たちは男女一人ずつだが、二人は恋人同士でも何でもない。なぜなら、男性主人公「山田」は同性愛者であり、女性主人公「ハルナ」には「仮面夫婦」ならぬ「仮面恋人」関係の男子クラスメイトがいるからだ。

 この漫画は『ヘルタースケルター』の姉妹篇であるが、共通する登場人物は絶世の美少女である売れっ子モデル「吉川こずえ」だけである(ただし、最後に登場する中年女性が『ヘルスケ』の事務所社長の可能性はある)。ある読者が彼女を「真のヒロイン」と呼んだのは、おそらくは岡崎氏が彼女自身の物語を用意していた可能性があるからだろう(少なくとも『ヘルスケ』の最後からはこずえが次のヒロインになっていた可能性が感じられる)。

 ヒロインのハルナには観音崎という苗字の男子クラスメイトの(一応)恋人(だが、傍目から見るとむしろいわゆる「セフレ」のようだ)がいるが、彼はもう一人の主人公である山田をいじめていた。山田は地味系美少年として密かに学校の女子たちに人気があるが、それゆえにか、彼は男子クラスメイトの「いじめ欲」をかき立て、実際にいじめられる。
 ハルナは自分の彼氏(?)とその友人たちにいじめられている山田を助けるが、それを機に二人の間に微妙な友情が芽生える。そんな二人に対して、男女問の友情という概念を持っていないであろう二人が嫉妬する。一人は観音崎だが、もう一人は山田が「偽彼女」として名ばかりの交際をしている少女カンナである。
 この四角関係(?)をさらに複雑にするのが、『ヘルタースケルター』のヒロイン「りりこ」の後輩である売れっ子モデル吉川こずえと、ハルナの友人ルミ、さらにはルミの姉である。こずえは『ヘルスケ』では明らかにされていないが、処女のレズビアンであり、密かにハルナに眼をつけていた。そして、ルミは様々な男たち相手に援助交際していた挙句、観音崎の浮気相手になってしまうが、彼女の姉はボーイズラブ漫画を描く肥満体型の不美人であり、同じ女として妹に嫉妬して憎む。

 そして、カンナ、ルミ、ルミの姉という三人の魔女たちが放つ燎原の火が、世界を焼き尽くす。その悲劇のドミノ倒しの根源たる我らがヒロインは、最後まで自らの立場に気づかない。

 私は先に『ヘルタースケルター』を読み、さらに映画版『ヘルタースケルター』を観たが、映画のこずえの摂食障害はこちらに由来する。ついでにこずえがレズビアンである時点で、『ヘルスケ』のりりこの当人に対する嫉妬が皮肉なものに思える。まあ、そもそもりりこのこずえに対する嫉妬心は、あくまでもこずえの天然の美貌と所属事務所の女性社長「ママ」からの寵愛に対してであり、「男」など関係ないのだ。
 私はこの漫画の実写映画化を知り、再読した。ゲイの山田君の「偽彼女」カンナと、ルミの姉である腐女子との対比が実に強烈でシャレにならない悲劇を際立たせる。こずえは桐野夏生氏の『グロテスク』のユリコと同じく凡庸な同性には理解出来ないキャラクターだが、「だからこそ」彼女たち(こずえとユリコ)は「絶世の美女」なのだと思う。普通の人が共感出来るほどの性格や人間性や感性の美人はまだまだ「普通の人」なのね。

あたしゃ別に大した読書家じゃないよ

 酒井順子氏のエッセイ集に、『私は美人』(朝日文庫)という大胆な題名の本がある。これは様々な属性の「美人」たち(ただし、明らかな美人だけでなく「名誉美人」もいる)について論じた本だが、その中に「よく見りゃ美人」という章がある。これは、女性の容姿の評価が他者との関係性に左右されるのを示している。
 その章に、外国人から「あなたの英語はうまいですね」とほめられてかえって落胆した女性の話がある。その女性が言うには、自分の英語のレベルはルビー・モレノの日本語程度であって、決してデーブ・スペクターの日本語レベルではないというのだ。そして、酒井氏が書いているように、後藤久美子レベルの美人に対してわざわざ「あなたは美人ですね」などと言う人は曹操、じゃなくてそうそういないのだ。

 曹操は三国志で屈指の文化人だが、この人がかなりの勉強家だったのは、当時の上流階級ではさほど珍しくはなかっただろう。中国の上流階級では「武」よりも「文」が重視されたのだから、曹操の教養人ぶりは多分、別に珍しい事ではない(ちなみに私は曹操びいきだ)。むしろ、西晋の恵帝司馬衷が知的障害者だったり(ただし、演技説もある)、趙王司馬倫が読み書きを出来なかったと言われている事の方が、「上流階級」の人間として「特筆すべき」事態だったのだ。現代の教育制度が成立する以前は、少なくとも庶民階級においては、軽度の知的障害者と「無学無教養」な健常者との境目は曖昧だっただろう。
 関羽は『春秋左氏伝』を愛読していたが、あるヤフー知恵袋ユーザーさんは「関羽が左伝を愛読していたのが特筆されるのは、元々名士階級出身者ではなかったからだ」とコメントしていた。要するに、当時の中国の上流階級ならば当然の読書レベルとは別物という事だ。現代の日本に例えるならば、私のような高卒の田舎娘が『論語』愛読者自慢をして背伸びをするようなものだが、元々ある程度教養レベルが高い家庭に育った人間ならば、『論語』はあくまでも「ワンオブゼム」に過ぎないだろうし、「論語読みの論語知らず」とは『論語』を安易な知的マウンティングの道具にする人間を批判する言葉だろう。

 私は若い頃、周囲の人たちから「本の虫」扱いされていたが、私は決して「本の虫」を自称するにふさわしいほどの読書家ではない。単に、低学歴の割には本を読むのが好きだというだけに過ぎない。むしろ、周囲の人たちがろくに本を読んでいないだけだ(そんな人たちが安っぽいテレビ番組を好むんだろうね)。前述の酒井順子氏のエッセイを参考にするならば、いかにも読書家然とした高学歴者よりも、私のような低学歴者の方が、他人から「難しい本を読んでいるね」と言われる事が多いだろう。
 私は長い間、他人からそう言われるたびにいい気になっていたが、ある日、それが「お前、本当に本の内容を理解して読んでいるのかよ?」という軽蔑の意味を持つ言葉(要するに揶揄)だと気づき、恥の意識に取り憑かれた。そう、私はろくに本を読んでいない人間と大差ないのだ。
 しかし、それでも私は本を読むのをやめたくない。たとえ、項羽と劉邦の前座だった陳勝みたいに「中二病」扱いされようとも、私は色々な本を読んで知識や教養を身に着けたいのだ。
ギャラリー
  • その思いを文字に託して ―伊藤悠『シュトヘル』―
  • 増殖する「サグラダ・ファミリア」 ―柞刈湯葉『横浜駅SF』―
  • 果てなく続くストーリー ―永野護『ファイブスター物語』―
  • イヤミスならぬ「イヤ歴」
  • 汎用性のある美貌 ―沢尻エリカ『100+1 ERIKAS』―
  • 悲しき「怪物」と身勝手野郎 ―メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』―
  • ケーキのように切り分けられる身体 ―佐藤亜有子『ボディ・レンタル』―
  • 血まみれの王者 ―バーナード・コーンウェル『小説アーサー王物語』シリーズ―
  • Political Idiot ―司馬遼太郎『義経』―