アヴァロンシティ視聴覚室

 私はダウンタウン(並びにダウンタウン派閥)が嫌いだ。あの辺の男性芸人さんたちはいかにも「学校文化」の暗黒面を感じさせるから不愉快なのだ。同様の事はとんねるず、いや、石橋貴明氏にも言える(とりあえず、木梨憲武氏には他の三人ほどの不快感はない)。
 要するに、義務教育期間における男子いじめっ子のイメージなのだ。他の男子たちに対するマウンティングや、女子たちに対するセクハラなどの負の匂いが立ち込める存在感が不愉快なのだ。ただ、この手の芸人さんたちが放つ「負の匂い」と学校文化の暗黒面の関係は「鶏が先か卵が先か」だったりもする。少なくとも、私の義務教育時代のいじめっ子連中は変にお笑い文化にかぶれていた。お笑い文化のどぎつさは、子供や若者のサディズムをあおる。
 その点では、昔の萩本欽一の冠番組はすごかったと思う。視聴者のサディズムをあおり立てる事もなく「お笑い」を成立させていたのだ。しかし、今の日本のお笑いファンたちには欽ちゃん的な優しいお笑いは物足りない。より一層、刺激を求める。

 今の私がテレビを観ていないのは、ただ単にテレビが壊れただけに過ぎないが、仮にテレビが壊れていなくても、今時のバラエティ番組に対して食指なんぞ動かない。傲慢な大物芸人と、媚びへつらうひな壇芸人。なんて気持ち悪い図式なんだろう。
 かつての元ブロ友さんの一人が「私にとっては芸能人なんて何の価値もない」と言ったのも当然だ。「嫌なら見るな」などと言われるまでもない。嫌だから見ないのだ。たとえテレビが壊れていなくても、だ。

 私は男性お笑い芸人に対して派閥争いのきな臭さを感じてしまうが、女性お笑い芸人に対してはそうでもない。ああいうジャンルの女性芸能人は、他のジャンルの女性芸能人たち(例えば、モデルさんや女優さん)よりは同性同士の協調性がありそうだからだ。お笑い界は男性優位だから、フェミニズム的な結束力が高まるのかもしれない。しかし、日本人女性芸能人でハッキリ「フェミニスト」という姿勢を取る人はめったにいない。やはり「男社会に寄生する」メリットの方を選ぶのかね?

 某掲示板に「女が嫌いな二次元女性キャラ」という話題があった。わざわざ二次元の世界にまで「女が嫌いな女」という図式を持ち込むなんて、どんだけ「女が嫌いな女」という図式を好む男がいるんだ!?
 このような話題では、『タッチ』の浅倉南や『ドラえもん』のしずかちゃんのようなヒロインが槍玉に挙げられるが、要するに、男性人気が高い上に、作品内で同性同士の友人関係が描かれないヒロインが好かれないのだ。ただ、聞くところによると、原作のしずかちゃんには同性の親友のエピソードがあるらしい。私は今の声優さんたちのアニメ版『ドラえもん』を観ていないので、昔に比べてどう変わっているかは知らないが、今のアニメ版しずかちゃんには女友達がいるのかな?

 前述の掲示板では少女漫画や乙女ゲームなどのヒロインやライバルや脇役などの名前も挙げられていたが、女性向けフィクションのヒロインが必ずしも同性人気を得るようなタイプとは限らない。むしろ、ヒロイン自身がイケメンキャラクターたちの引き立て役になっている場合も少なくないだろう。男性向けの「ハーレム系」恋愛フィクションの男性主人公が女性キャラクターたちの引き立て役になっているのと同じだ。

 我が最愛の漫画『ファイブスター物語』の作者である永野護氏は1巻の後書きで「男にとって都合の良い女性キャラクターは避けたい」とコメントしていた。この言葉は一見女性キャラクターの描写を(ファティマスーツのデザインのように)制限しているようだが、実はむしろキャラクターの多種多彩な描写を可能にしている。下手に「都合の良い理想像」を作らない分、かえって多様性が成り立つのだ。もちろん、同じ事は男性キャラクターにも当てはまる。この漫画に出てくる魅力的な男性キャラクターたちは単なる「女にとって都合の良い男」ではない。
 私が宮城谷昌光氏の女性観並びに女性キャラクターを苦手としているのは、永野氏の描く女性キャラクターたちに魅了されているのが一番の原因だ。宮城谷作品のヒロインたちはまさしく「男のための女」だが(特に楽毅の奥さんなんて、楽毅の息子の母親以外の存在意義がない)、FSSヒロインたちはあくまでも「彼女たち自身のための女」なのだ。どれだけ一人の男を一途に愛そうとも、彼女たちはあくまでも彼女たち自身のために存在する。FSSには友人(というか味方)にしたいと思える女性キャラクターは何人かいるが、私が「友人にしたい」と思えた宮城谷ヒロインは『孟嘗君』の白圭の妹くらいのもんだね。
 そういえば、ある作家さん(確か桐野夏生氏だったかな?)がある小説新人賞の選考で、ある応募作品を「女を物語作りの道具にしてはならない」と批判していた。まあ、これは何も女性キャラクターだけに限らない。外国人や障害者や性的マイノリティなどの「非主流派」キャラクターの存在にも言えるだろう。

三日月

 私は疑問に思う。三国志の張遼曰く「あの短足将軍は誰だ?」…って、なしてわざわざ敵将の脚の短さに注目するのか!? 大乱戦の中、わざわざ敵将(孫権)の脚の短さをマジマジと観察するなんて、何だか怖いわ! もし仮にこの人が現代にいたら、女性のウエストサイズを正確に見抜きそうで怖いよ(笑)。
 そういえば、何年か前の某バラエティ番組で、青木さやかさんが一般人女性のウエストを見て数字を推測して、それがだいたい当てはまるというのがあったけど、ウエスト60cmを「そんなに細くない」と思い込んでいる男性はリアル女体を知らない人だと言って良い。グラビアアイドルとかで公称ウエストサイズ58〜60cmの人たちは多いが、宇多田ヒカルさんは「わざわざ数字なんて見なくても、実際の体型を見れば分かるっしょ?」なんて言っていたらしいね。
 ただ、このスリーサイズという「数字」に対するこだわりは、男性的な美意識だろう。女性が自らの「身体性」と「数字」を結びつけるのは、スリーサイズよりもむしろ体重の問題がほとんどだが、男性は女性ほど女性の体重の数値には関心がない(男性向け雑誌では女性の体重はさほど話題にならない)。あくまでもヴィジュアルが大事で、実際の体重はよっぽどの肥満でもない限りはどうでも良いのだろう。

 さて、話は張遼と孫権の話に戻すが、孫権の短足が有名になっちまったのは十中八九張遼のせいだろう。しかし、張遼自身はわざわざ他人にそんな事を吹聴するような人ではなさそうだし、李典や楽進もそうだろう。しかし、きっと別の誰かが孫権の短足話を吹聴して、それが史書に残ってしまったのだろう。

このページのトップヘ