2018年08月15日

サークルクラッシャーはあちこちにいる

キャンベルさん 同性愛公表、自民議員の発言を批判…「スッキリ」出演

 日本文学研究者のロバート・キャンベル東大名誉教授がブログで自身が同性愛者であることを公表し、自民党の衆院議員が「同性愛は趣味みたいなもの」と発言したのに対して批判をしたという。私はキャンベル氏のカミングアウトに対しては「ふーん、そうなの」としか思わず、特に驚きはなかった。しかし、仮にキャンベル氏と同姓の他の有名人、すなわちスーパーモデルのナオミ・キャンベルがそのようなカミングアウトをしたならば、私はものすごーく驚いてしまっただろう。
 なぜなら、スーパーモデルなどの「女たちの仁義なき戦い」の世界で修羅場をくぐり抜けている人ならば、大なり小なり「女の敵は女」という感覚があるだろうからだ。
 私が勝間和代氏に同性パートナーがいるというニュースを知って大いに驚いたのは、要するに「そういう事」である。とはいえ、前漢の武帝という「男の権力者」の嫌なエキスを煮詰めて作り上げられたような人物にだって同性の愛人はいたのだし、性的指向と人間性は別問題だ。そもそも、武帝の祖父であり、名君として名高い文帝にだって同性の愛人はいたのだ。しかし、この文帝には実に苦々しい「ダブルスタンダード」があった。

 倹約家の文帝は、女性の側室たちの服装の制限をした。裾を引きずる贅沢な着物を着るのを禁じたのだが、男性の愛人に対しては、経済的事情も含めて色々と甘やかした。そして、ある占い師の「このお方は困窮して餓死します」という予言を聞き、その愛人 鄧通 とう とう に銅山(!)を贈り、自由に銭を鋳造する権利(‼)を認めた。
 しかし、予言を避けても裏目に出る話は色々とあるんだなぁ。例えば、ギリシャ神話のオイディプス王の話が典型例だが、鄧通の場合もこのパターンだ。文帝の息子景帝などの恨みを買っていた彼は、文帝の死後、本来ならば違法である銭の自家鋳造などの罪により失脚し、全財産を没収されて、占い師の予言とほぼ同様に死んでしまった。

 とりあえず、まあ。文帝の過ちとは別に「同性の愛人だからダメ」というのではない。異性愛だって、こんな不正の要因になるのは珍しくない。というか、異性愛が原因のトラブルの方がはるかに多い。
 それはさておき、なぜ女性やゲイ男性は異性愛男性社会で差別されるのか? それはおそらく「サークルクラッシャー」という概念のせいだろう。サークルクラッシャーとは主に、男性ホモソーシャルにおける「女性」のあり方の一つだが、古代ギリシャの政治家アルキビアデスは「男性版サークルクラッシャー」だったようだ。
『史記』の佞幸列伝には前漢歴代皇帝たちの同性の愛人たちが取り上げられているが、私が思うに、前漢皇帝たちは呂后などの猛女たちに辟易して、同性愛を「癒やし」にしたのだろう。深澤真紀氏が『日本の女は100年たっても面白い』(KKベストセラーズ)で指摘しているように、男性同性愛の文化は女性蔑視と表裏一体にある。その典型例が古代ギリシャの男性同性愛文化だった。

shion_faust at 00:00|Permalink雑記 

2018年07月21日

なして、この読み方なの?

『ファイブスター物語』のエルディアイ・ツバンツヒは、主君アマテラスのミカドの食事係である。ひょっとしてこの設定、天照大神の食事係とされる豊受大神がモデルなのか?
 豊受大神のモデルは、邪馬台国の卑弥呼の後継者 壱与 いよ もしくは 台与 とよ だとされるようだが、この女王の名前は「イヨ」「トヨ」のどちらが正しかったのか? 豊受大神のモデルならば「トヨ」の方が多分正解だろう。そもそも、本当に「イヨ」が正しければ、三国志の杜預の名前をわざわざ「 ヨ」などと濁らせて読む必要はないだろうし。
 他に三国志関係者で名前の読み方が特殊な人として、儒学者の鄭玄がいる。この人の名前は普通の日本語読みだと「テイゲン」だが、一般的にはなぜか「ジョウゲン」である。なして?

 ヤフー知恵袋にフランス王妃イザボー・ド・バヴィエールの名前についての質問があった。イザボーの本名は「エリザベート」だが、そのスペイン系やポルトガル系の形である「イザベル」ではなく「イザボー」という男性形の語尾(ボー(beau)はベル(belle)の男性形)の呼び名になったのはなぜかというのだが、どうやら「女の風上にも置けない性悪名誉男性」という意味の蔑称として「イザボー」と呼ばれたようだ。しかし、現在のインターネット界でフェミニストの女性たちから「名誉男性」呼ばわりされるような女性はむしろ「女らしい女」そのもののタイプが多いような気がするなぁ…。

 中国史の花形が「名宰相」ならば、西洋史の花形は「女王」や「王妃」だろう。
 前漢の武帝は宰相たちを次々と粛清した。それゆえにか、後に「巫蠱の乱」で皇后衛子夫を無実の罪で自殺させたのが目立たない(息子である皇太子と佞臣江充の方がずっと目立っている)。当時の中国の王侯貴族は一夫多妻制(厳密に言えば「一夫一妻多妾制」)だったので、武帝が無実の罪で皇后衛子夫を処刑したのは「他に代わりなどいくらでもいるから」という事だったのだろう(ひどい)。
 武帝劉徹の英国版はヘンリー8世とエリザベス1世親子だが、ヘンリーは王妃をとっかえひっかえして粛清したのが一番の特徴だ。おかげで(?)宰相のトマス・クロムウェル(あのオリバー・クロムウェルの大伯父)を処刑したのが目立たない。うーん、やはり西洋史の花形は宰相ではなく王妃なんだろうな。

shion_faust at 00:00|Permalink雑記 

2018年07月15日

ドラゴンファイト!

 関羽の「おセレブ様」嫌いの要因になってしまったかもしれない恐るべき本『春秋左氏伝』に、変な話がある。
 紀元前523年、要するに中国の春秋時代だが、鄭の国で洪水があった。そして、街の外で2匹の龍が現れて、街の外でドタバタ争っていた。鄭の人々は「おっかないからお祓いしましょうよう」とお上に訴えたが、当時の鄭の名宰相子産は「我々人間には関係ない事だからほっときなさい」と却下した。

 この話、アーサリアンの私にとっては聞き捨てならないネタである。

「アーサー王伝説の王莽」ヴォーティガン王は塔の建設を命じたが、途中で崩れてなかなか完成しない。早速会議を開くが、なぜか「人間の父親がいない子供を人身御供にしましょう」という提案があった。それで探し出されたのがマーリン少年である。
 マーリンは夢魔が人間の女性に産ませた子供であり、予言の力を含めた魔力を持っていた。ヴォーティガンの前に連れて来られた彼は、塔の様子を見て言う。
「陛下、この塔の基礎に問題があります。中を掘り返してください」
 ヴォーティガンはマーリンに言われた通りに、作業員たちに地面を掘らせた。すると、中には池があり、赤と白の2匹の龍がいた。ただし、『ブリタニア列王史』では『左伝』とは違って2匹の龍は眠っていた。
 しかし、龍たちは目覚め、早速喧嘩をおっ始めた。最初は白龍が優勢だったが、赤龍は徐々に白龍を押し返していった。
 マーリン曰く、赤龍はブリトン人を表し、白龍は侵略者であるサクソン人を表している。「白龍」サクソン人はブリトン人を征服していくが、やがては「コーンウォールの猪」がサクソン人たちを打ち破るだろう。

 この「コーンウォールの猪」とは、後のアーサー王の事である。アーサー自身の名前は「熊」を意味するケルト系の単語と関連付けられるが、なぜか「猪」である。ヴォーティガンは、アーサーの伯父と父であるアウレリウス&ユーサー・ペンドラゴン兄弟の長兄コンスタンスを弑逆して簒奪者になっていたが、ブルターニュに亡命していた兄弟はブリタニアに戻り、ヴォーティガンに雇われていた火事場泥棒サクソン人を破り、要塞に追い込んだヴォーティガンを要塞ごと焼き殺した。
 その後、マーリンはペンドラゴン兄弟に仕えて、ストーンヘンジを建設した。いわゆる「アーサー王伝説」の本番はそれからの話である。

 さて、話を『春秋左氏伝』の2匹の龍たちの話に戻すが、ひょっとして、これはマーリンと龍の話の元ネタだったのではないかと、私は怪しむ。何しろ、孟嘗君の誕生日の話はモードレッドに酷似しているし、『ブリタニア列王史』には、飢えた主君を助けるために自らの腿の肉を切り取って調理して食べさせるという、介子推(晋の文公の忠臣)そっくりの話もあるのだ(ただし、これはアーサー王の死後の話だ)。
 2匹の龍の話といい、モードレッドの設定といい、ひょっとして中国起源ではないかと、私は邪推する。もちろん、単なる偶然の一致の可能性も高いが、あるいは双方に「第三者たる共通の起源」があった可能性もある。ついでに戦国時代の田斉の君王后には、アレクサンダー大王がゴルディオスの結び目をぶった斬ったエピソードと同工異曲の話がある(秦から送られた玉製の知恵の輪を金槌で叩いて「解いた」)が、こちらはアレクサンダーの話が中国に伝わって変化したものかもしれない。