2018年07月15日

ドラゴンファイト!

 関羽の「おセレブ様」嫌いの要因になってしまったかもしれない恐るべき本『春秋左氏伝』に、変な話がある。
 紀元前523年、要するに中国の春秋時代だが、鄭の国で洪水があった。そして、街の外で2匹の龍が現れて、ドタバタ争っていた。鄭の人々は「おっかないからお祓いしましょうよう」とお上に訴えたが、当時の鄭の名宰相子産は「我々人間には関係ない事だからほっときなさい」と却下した。

 この話、アーサリアンの私にとっては聞き捨てならないネタである。

「アーサー王伝説の王莽」ヴォーティガン王は塔の建設を命じたが、途中で崩れてなかなか完成しない。早速会議を開くが、なぜか「人間の父親がいない子供を人身御供にしましょう」という提案があった。それで探し出されたのがマーリン少年である。
 マーリンは夢魔が人間の女性に産ませた子供であり、予言の力を含めた魔力を持っていた。ヴォーティガンの前に連れて来られた彼は、塔の様子を見て言う。
「陛下、この塔の基礎に問題があります。中を掘り返してください」
 ヴォーティガンはマーリンに言われた通りに、作業員たちに地面を掘らせた。すると、中には池があり、赤と白の2匹の龍がいた。ただし、『ブリタニア列王史』では『左伝』とは違って2匹の龍は眠っていた。
 しかし、龍たちは目覚め、早速喧嘩をおっ始めた。最初は白龍が優勢だったが、赤龍は徐々に白龍を押し返していった。
 マーリン曰く、赤龍はブリトン人を表し、白龍は侵略者であるサクソン人を表している。「白龍」サクソン人はブリトン人を征服していくが、やがては「コーンウォールの猪」がサクソン人たちを打ち破るだろう。

 この「コーンウォールの猪」とは、後のアーサー王の事である。アーサー自身の名前は「熊」を意味するケルト系の単語と関連付けられるが、なぜか「猪」である。ヴォーティガンは、アーサーの伯父と父であるアウレリウス&ユーサー・ペンドラゴン兄弟の長兄コンスタンスを弑逆して簒奪者になっていたが、ブルターニュに亡命していた兄弟はブリタニアに戻り、ヴォーティガンに雇われていた火事場泥棒サクソン人を破り、要塞に追い込んだヴォーティガンを要塞ごと焼き殺した。
 その後、マーリンはペンドラゴン兄弟に仕えて、ストーンヘンジを建設した。いわゆる「アーサー王伝説」の本番はそれからの話である。

 さて、話を『春秋左氏伝』の2匹の龍たちの話に戻すが、ひょっとして、これはマーリンと龍の話の元ネタだったのではないかと、私は怪しむ。何しろ、孟嘗君の誕生日の話はモードレッドに酷似しているし、『ブリタニア列王史』には、飢えた主君を助けるために自らの腿の肉を切り取って調理して食べさせるという、介子推(晋の文公の忠臣)そっくりの話もあるのだ(ただし、これはアーサー王の死後の話だ)。
 2匹の龍の話といい、モードレッドの設定といい、ひょっとして中国起源ではないかと、私は邪推する。もちろん、単なる偶然の一致の可能性も高いが、あるいは双方に「第三者たる共通の起源」があった可能性もある。ついでに戦国時代の田斉の君王后には、アレクサンダー大王がゴルディオスの結び目をぶった斬ったエピソードと同工異曲の話がある(秦から送られた玉製の知恵の輪を金槌で叩いて「解いた」)が、こちらはアレクサンダーの話が中国に伝わって変化したものかもしれない。

2018年07月13日

黄金の女神 ―グスタフ・クリムト『パラス・アテナ』―

グスタフ・クリムト『パラス・アテナ』
 私は2009年7月末に、札幌の芸術の森美術館に行ってきた。ここでは「ウィーン世紀末展」を開催していたが、一番の目玉であり、お目当てなのがグスタフ・クリムトの『パラス・アテナ』だった。
 私は本に載っている写真から、この絵がタダモノじゃないのを感じていた。ギリシャ神話のアテナとは、清廉潔白なイメージを売り物にしていた処女神である。しかし、クリムトが描いたアテナはあまりにも「 宿命の女 ファム・ファタール 」イメージが強過ぎる。ハッキリ言って、別の女神様のようだ。
 そんなド迫力満点の女神様を拝むべく、私は芸術の森美術館に行ってきた。

 あの日はあまりにもクソ暑かった。しかし、アテナは氷のように冷徹だった。このド迫力、一般的な女神アテナのイメージよりもむしろ、バビロニアのイシュタル女神のイメージに近い。まあ、「処女神だけど大人の女」という微妙な立場の設定の女神様だからこそ、このような危うい妖艶な美女に描かれたのだろうか?
 鎧が金貨の塊になっているのは、知恵が富を産む、日本の弁才天が「弁財天」とも表記されるようなものだからなのだろうか? そういえば、アメリカが資本主義大国にして軍事大国になったのは、まさしく世界中から優れた人材を集めたからに他ならないだろう。
 アテナの手には勝利の女神ニケが乗っているが、私は実物を見て初めてその足元に青い炎(もしくはオーラ?)が描かれているのに気づいた。それまでは、この絵が載っている本を読んでも気にも止めなかったけど、実際に見なきゃ分からんものはあるんだね。

 さて、私は展示品を一通り見終わってからバスに乗って帰ろうとしたが、その日は北海道にあるまじき猛暑で、私は危うく熱中症で行き倒れになりそうだった。水分補給として自販機でジュースを買って飲み、バスの到着がそんなに遅くなかったので、私は無事に家に帰る事が出来た。やれやれ。

shion_faust at 00:00|Permalink美術史 | ドイツ・中欧史

2018年07月12日

どこかで見たような「幽霊」

 古代中国・西周の宣王は、大臣の杜伯を無実の罪で処刑した。3年後、王が狩りをしていると、白い馬車に乗り、赤い衣冠を身に着けた伊達男(?)がこちらに向かって来た。謎の男は赤い弓矢を構え、王をにらみつける。
「あれは…まさか、杜伯の怨霊か!?」
 杜伯の幽霊らしき男は、赤い弓矢で王を射殺した。ここまでスタイリッシュな(?)怨霊なんて、あたしゃ見た事がないぞ。鮮やかな紅白のコントラストがいかにも神話的だなぁ。バーバラ・ウォーカー『神話・伝承事典』(大修館書店)とかでも、白・赤・黒の3色というのは「聖なる色」とされているし、この杜伯の「王殺し」は歴史的というよりも神話的な話のように思えるね。

 コーエー出版部の今はなき歴史投稿雑誌シリーズの3番目「ダ・ガマ」誌に、次のような読者投稿があった。ある日の朝、大久保利通は仕事に出かけようとしたが、まだ幼い娘が泣き出した。どれだけあやしても泣き止まないので、大久保は娘と一緒に馬車に乗って庭を一周した(それ相応の広さがあったのだな)。そして、娘が泣き止むと、馬車から降ろして、そのまま出勤した。
 その頃、江藤新平の弟がたまたま上京していた。彼は大久保に処刑された兄と瓜二つだったが、自分が泊まっている宿の近くの紀の国坂を大久保が出勤で通ると聞き、一目見ようと道の脇に立って待っていた。しばらくして、大久保の馬車がやってきたが、大久保は見覚えある顔を見て顔面蒼白になった。
「え、江藤が化けて出た!?」
 大久保はすぐさま道筋を変えたが、彼は紀尾井坂で暗殺された。

 さて、この大久保さんと江藤兄弟の話で、私は思った。杜伯、実はなりすまし? ひょっとして、宣王を射殺した「杜伯の怨霊」とは、実は杜伯の身内が変装したのではないかと、私は思う。春秋時代の予譲みたいな(故人とは赤の他人の)刺客だった可能性もゼロではないが、この時代(西周時代)だと、赤の他人が予譲のような刺客になるというのは考えづらいかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink日本史 | 中国史