「極悪パーシヴァル」呉起君子のお人形

2017年01月12日

怖い数字

三日月

 私は疑問に思う。三国志の張遼曰く「あの短足将軍は誰だ?」…って、なしてわざわざ敵将の脚の短さに注目するのか!? 大乱戦の中、わざわざ敵将(孫権)の脚の短さをマジマジと観察するなんて、何だか怖いわ! もし仮にこの人が現代にいたら、女性のウエストサイズを正確に見抜きそうで怖いよ(笑)。
 そういえば、何年か前の某バラエティ番組で、青木さやかさんが一般人女性のウエストを見て数字を推測して、それがだいたい当てはまるというのがあったけど、ウエスト60cmを「そんなに細くない」と思い込んでいる男性はリアル女体を知らない人だと言って良い。グラビアアイドルとかで公称ウエストサイズ58〜60cmの人たちは多いが、宇多田ヒカルさんは「わざわざ数字なんて見なくても、実際の体型を見れば分かるっしょ?」なんて言っていたらしいね。
 ただ、このスリーサイズという「数字」に対するこだわりは、男性的な美意識だろう。女性が自らの「身体性」と「数字」を結びつけるのは、スリーサイズよりもむしろ体重の問題がほとんどだが、男性は女性ほど女性の体重の数値には関心がない(男性向け雑誌では女性の体重はさほど話題にならない)。あくまでもヴィジュアルが大事で、実際の体重はよっぽどの肥満でもない限りはどうでも良いのだろう。

 さて、話は張遼と孫権の話に戻すが、孫権の短足が有名になっちまったのは十中八九張遼のせいだろう。しかし、張遼自身はわざわざ他人にそんな事を吹聴するような人ではなさそうだし、李典や楽進もそうだろう。しかし、きっと別の誰かが孫権の短足話を吹聴して、それが史書に残ってしまったのだろう。

shion_faust at 00:00│中国史 
「極悪パーシヴァル」呉起君子のお人形