「麗しの君子」楽毅世紀の対決、韓信VSハンニバル

2017年11月17日

毛が生えている話

 前漢の宣帝は武帝の曾孫であり、前漢王朝の中興の祖とされている。この「宣」という諡について、あるブロガーさんは「中興の祖に贈られるものだ」と書いていた。
 待てよ? 前漢の宣帝は確かに中興の祖だが、西晋の「宣帝」司馬懿は違うんじゃないの? 魏の立場からすりゃ逆賊同然だし、西晋からすりゃ王朝の「プレ創業者」だから、どちらにせよ「中興の祖」ではない。
 私はヤフー知恵袋の中国史カテゴリーで「こりゃどういう事ですかい?」と質問したが、あるお方が「『宣』という諡号は『聖善周聞(優れた善行が広く伝わった)』という意味で、中興を意味する諡号ではない」という回答をくださった。前漢の宣帝が「中興の祖」と認識されたのは後漢以降なのだというのだ。なるほど。

 その宣帝には色々と逸話がある。
 宣帝こと 劉病已 りゅう へいい または 劉詢 りゅう じゅん は、祖父である皇太子が無実の罪で殺されたため、獄中で育てられた。そんな赤ん坊の宣帝自身も殺されそうだったが、かろうじて救われ、一応は皇族としての戸籍を認められた。
 とは言え、彼はぬくぬくと温室育ちで生きてきたのではない。彼は勉強家だったが、同時に民間のヤンキー兄ちゃんたちとの交流があり、高祖劉邦のように世間を知っていた。半分皇族、半分民間人のような微妙な立場の彼には、変な身体的特徴があった。

 彼の足の裏には毛が生えており、ピカピカ光っていたというのだ。

 普通、人間の手のひらや足の裏には毛が生えない。人工植毛でもしない限りはあり得ない。多分、宣帝の足の裏の毛の話は、当人が毛深かったのを強調するために作られたのだろうが、そもそも、なしてわざわざ皇帝の体の毛深さをアピールするのか、よく分からん。
 そういえば私は、何かの本で変な話を読んだ覚えがある。

 ある人が毛生え薬を手に入れた。その粉末を指先につけると、その指は歯ブラシとして使えるようになった。このハイパーな毛生え薬を巡って、何人もの人たちがつかみ合いの大喧嘩をした。
 そして、地面に問題のブツがぶちまけられたところに、一人の男性が尻餅をついてしまった。
「ギャー!!」
 その男性のお尻は見事に毛がボーボーに生えてしまった。

 まさか、ヤンキー民間人時代の宣帝もそれで…!? まさかね。

shion_faust at 00:00│中国史 
「麗しの君子」楽毅世紀の対決、韓信VSハンニバル