魔女の祟り天道に是も非もない

2018年03月29日

こんなところに出生疑惑

「始皇帝の実父は呂不韋だ」という説は疑わしい。なぜなら、呂不韋の息子にしては生まれるのが遅過ぎたからだ。

 前漢の武帝の後継者昭帝は、母親が妊娠して14ヶ月経ってから生まれたという事らしいが、これは怪しい。昭帝の母親は無実の罪で処刑されたとされるが、実は何らかの秘密があったのではないのか? 身も蓋もない推測をするなら、昭帝の母親は武帝以外の男性と肉体関係を持って昭帝を身ごもったのではなかろうか? 何しろ、始皇帝の母親には偽宦官 嫪毐 ろう あい との隠し子を生んだエピソードがあるのだ(ただし、昭襄王の母親宣太后にも同様の話があるので、ちょっと疑わしい)。武帝が昭帝の母親を処刑したのは、もしかすると昭帝の出生の秘密を封印するためだったのではなかろうか?
 司馬遷が「始皇帝の実父は呂不韋だった」という説(これもまた、楚の春申君と酷似した話なので疑わしいが)を記したのは、実は武帝・昭帝親子の疑惑を暗示するものだったのではないかと、私は邪推する。

 そういえば、『マルドゥック・スクランブル』のバロットも怪しいなぁ…。本当にあの父親は当人の実父なのか? バロットは人工授精で生まれたという設定だし、『マルドゥック・ヴェロシティ』でも、その辺の怪しさを匂わすエピソードがあったし、実に気になるのね。
 さらに、『ファイブスター物語』14巻でのカイエンのものすごい憤怒の表情(自分の出生の秘密を知ってバランシェを殺そうとした)からして、やはり(カイエンに酷似した出自の)『真・女神転生Ⅱ』の主人公たちは自分を生み出した奴らに対して復讐して当然だろうと思うね。そのメガテンの主要スタッフさんの一人が多神教優位論をこじらせてネトウヨ化してしまったのを知った時にはガッカリしたけど、私は『Ⅱ』の時点でメガテニストをやめたから、別に未練はない。

 日本史で出生疑惑といえば、豊臣秀頼がいる。秀吉は男性不妊症だった可能性が高いようなので、淀殿が別の男性との不倫関係で秀頼を生んだという疑惑だけど、石田三成が実父だという説はそれこそ呂不韋が元ネタじゃないの? 淀殿の乳母の息子だった大野治長が一番の有力候補のようだが、もしかすると無名の誰かが実父だったかもしれないね。下手すりゃ、淀殿自身にも分からなかったのかも…?
 しかし、呂后と審食其にしても、淀殿と誰かにしても、「悪女には性的スキャンダルが付きもの」という偏見でガセネタをでっち上げられた可能性が高い。そもそも悪女=性的に奔放とは限らないし、エッセイストの酒井順子氏は『たのしい・わるくち』(文春文庫)で「ヤリマンにあまり悪い人はいません」と書いている。確かにね、性的に奔放な女性よりも、逆に過剰に性的方面に対して潔癖な女性の方が性格がキツそうだよね。
 私が思うに、宮城谷昌光氏の小説のヒロインになった夏姫には特に「悪女」という印象がない。なぜなら、『春秋左氏伝』などの本を読む限りでは、夏姫という人からは悪女が「悪女」たり得る必要最低限の条件である「自分の意志」が感じられないからだ(モノのように男性たちの間をたらい回しにされている辺りがね)。それに対して、夏姫の娘の姑である「叔向の母」の方が、よっぽど性格がキツそうな気がする(どうやら息子はそんな母親の気の強さを受け継いだらしい)。融通の利かない風紀委員タイプなのね。

shion_faust at 00:00│中国史 | 日本史
魔女の祟り天道に是も非もない