「斉人」太史慈

2018年04月19日

夏姫と西施

 私が昔、ヤフー知恵袋に投稿した質問を元に、今回の記事を書く。中国・春秋時代の美女の代表格として、夏姫と西施がいるが、果たして、どちらが春秋No.1の美女にふさわしいだろうか?
 私は知恵袋に二人を比較する質問を投稿した時にはこう思った。個人的には、素朴で可憐なイメージのある西施の方を選びたい。どうせ夏姫は上流階級出身で、美容にお金と手間暇をかけられた上に、豊富な男性関係もあったから、その「美女」評判はある程度「水増し」されている可能性があるのではないのか? 庶民の娘である私はそう邪推した。
 それに対して、西施は野良仕事をする庶民階級出身で、セレブ美女の夏姫のように高度な美容技術に頼るだけの経済的・時間的余裕はおそらくなかっただろう。それにも関わらず絶世の美女とされるのだから、すごいのではないだろうか? 何しろ、上流階級の男性は地位と財力にものを言わせて、美女を手に入れ、子どもを産ませられる。それが何代も続いた結果、美男美女が産まれやすくなる。高貴な出自の夏姫が「美女」であるのは「お約束」であって、庶民出身の西施ほどの意外性はない。

 まあ、そもそも「勝ち組」に多い容姿が美男美女扱いされやすいというのがあるか。昔の日本でも、上流階級に多い弥生系の顔が美男美女だとされ、庶民に多い縄文系の顔がその逆だとされたのだ。現在だと、白人の容姿が「美男美女」の基準とされている。人間の容姿について語るのに欠かせないのがヒエラルキーの問題だ。

 話は夏姫と西施に戻すが、どちらが春秋時代を代表する美女か? 仮に当時写真技術があってそれが現存していたとしても(あるいは西洋美術のような写実的な肖像画があったとしても)、共に現代人の美意識に合う美貌だったとは限らない。何しろ、昭和の時代の「正統派美人」でさえも平成の時代にはウケないのだ。こんなんじゃ、外見的問題だけではない。その「歴史上の人物」としての立場が問題だ。そう、美女を「伝説」たらしめるのは本人の容姿ではなく「立場」なのだ。
 西施には架空人物疑惑がある。しかし、夏姫は『春秋左氏伝』などに記録されている。そんな夏姫は「モノ」のように男性たちにたらい回しにされる事によって、意図せずに当時の中国の国際情勢に影響を与えた。それに対して、西施は、越王勾践が宿敵呉王夫差に献上した無名の美女たちを元に創造された人物に過ぎなかっただろう。

 よくよく考えてみると、歴史上の美女たちは純粋に「美女である」というだけでは記録に残らない。まずは、本人の社会的地位がある。その地位に基づき、いかに社会に(世界に)影響を与えたかが問題だ。その点からして、西施よりも夏姫の方が春秋時代を象徴する美女だったのかもしれない。

shion_faust at 00:00│中国史 | 女性史
「斉人」太史慈