エロいオバちゃんの伝説黄金の女神 ―グスタフ・クリムト『パラス・アテナ』―

2018年07月12日

どこかで見たような「幽霊」

 古代中国・西周の宣王は、大臣の杜伯を無実の罪で処刑した。3年後、王が狩りをしていると、白い馬車に乗り、赤い衣冠を身に着けた伊達男(?)がこちらに向かって来た。謎の男は赤い弓矢を構え、王をにらみつける。
「あれは…まさか、杜伯の怨霊か!?」
 杜伯の幽霊らしき男は、赤い弓矢で王を射殺した。ここまでスタイリッシュな(?)怨霊なんて、あたしゃ見た事がないぞ。鮮やかな紅白のコントラストがいかにも神話的だなぁ。バーバラ・ウォーカー『神話・伝承事典』(大修館書店)とかでも、白・赤・黒の3色というのは「聖なる色」とされているし、この杜伯の「王殺し」は歴史的というよりも神話的な話のように思えるね。

 コーエー出版部の今はなき歴史投稿雑誌シリーズの3番目「ダ・ガマ」誌に、次のような読者投稿があった。ある日の朝、大久保利通は仕事に出かけようとしたが、まだ幼い娘が泣き出した。どれだけあやしても泣き止まないので、大久保は娘と一緒に馬車に乗って庭を一周した(それ相応の広さがあったのだな)。そして、娘が泣き止むと、馬車から降ろして、そのまま出勤した。
 その頃、江藤新平の弟がたまたま上京していた。彼は大久保に処刑された兄と瓜二つだったが、自分が泊まっている宿の近くの紀の国坂を大久保が出勤で通ると聞き、一目見ようと道の脇に立って待っていた。しばらくして、大久保の馬車がやってきたが、大久保は見覚えある顔を見て顔面蒼白になった。
「え、江藤が化けて出た!?」
 大久保はすぐさま道筋を変えたが、彼は紀尾井坂で暗殺された。

 さて、この大久保さんと江藤兄弟の話で、私は思った。杜伯、実はなりすまし? ひょっとして、宣王を射殺した「杜伯の怨霊」とは、実は杜伯の身内が変装したのではないかと、私は思う。春秋時代の予譲みたいな(故人とは赤の他人の)刺客だった可能性もゼロではないが、この時代(西周時代)だと、赤の他人が予譲のような刺客になるというのは考えづらいかもしれない。

shion_faust at 00:00│日本史 | 中国史
エロいオバちゃんの伝説黄金の女神 ―グスタフ・クリムト『パラス・アテナ』―