ドラゴンファイト!サークルクラッシャーはあちこちにいる

2018年07月21日

なして、この読み方なの?

『ファイブスター物語』のエルディアイ・ツバンツヒは、主君アマテラスのミカドの食事係である。ひょっとしてこの設定、天照大神の食事係とされる豊受大神がモデルなのか?
 豊受大神のモデルは、邪馬台国の卑弥呼の後継者 壱与 いよ もしくは 台与 とよ だとされるようだが、この女王の名前は「イヨ」「トヨ」のどちらが正しかったのか? 豊受大神のモデルならば「トヨ」の方が多分正解だろう。そもそも、本当に「イヨ」が正しければ、三国志の杜預の名前をわざわざ「 ヨ」などと濁らせて読む必要はないだろうし。
 他に三国志関係者で名前の読み方が特殊な人として、儒学者の鄭玄がいる。この人の名前は普通の日本語読みだと「テイゲン」だが、一般的にはなぜか「ジョウゲン」である。なして?

 ヤフー知恵袋にフランス王妃イザボー・ド・バヴィエールの名前についての質問があった。イザボーの本名は「エリザベート」だが、そのスペイン系やポルトガル系の形である「イザベル」ではなく「イザボー」という男性形の語尾(ボー(beau)はベル(belle)の男性形)の呼び名になったのはなぜかというのだが、どうやら「女の風上にも置けない性悪名誉男性」という意味の蔑称として「イザボー」と呼ばれたようだ。しかし、現在のインターネット界でフェミニストの女性たちから「名誉男性」呼ばわりされるような女性はむしろ「女らしい女」そのもののタイプが多いような気がするなぁ…。

 中国史の花形が「名宰相」ならば、西洋史の花形は「女王」や「王妃」だろう。
 前漢の武帝は宰相たちを次々と粛清した。それゆえにか、後に「巫蠱の乱」で皇后衛子夫を無実の罪で自殺させたのが目立たない(息子である皇太子と佞臣江充の方がずっと目立っている)。当時の中国の王侯貴族は一夫多妻制(厳密に言えば「一夫一妻多妾制」)だったので、武帝が無実の罪で皇后衛子夫を処刑したのは「他に代わりなどいくらでもいるから」という事だったのだろう(ひどい)。
 武帝劉徹の英国版はヘンリー8世とエリザベス1世親子だが、ヘンリーは王妃をとっかえひっかえして粛清したのが一番の特徴だ。おかげで(?)宰相のトマス・クロムウェル(あのオリバー・クロムウェルの大伯父)を処刑したのが目立たない。うーん、やはり西洋史の花形は宰相ではなく王妃なんだろうな。

shion_faust at 00:00│雑記 
ドラゴンファイト!サークルクラッシャーはあちこちにいる