中国史

2018年09月30日

血の色の貞節 ―夏侯令女―

 三国志の魏に、曹文叔という人がいた。彼は魏の権臣曹爽の従弟であり、夏侯文寧の娘令女を娶っていた。この「夏侯令女」というフルネームは、『三国志演義』では「夏侯令の むすめ 」と誤読されている。
 令女の夫文叔は若くして亡くなった。彼女は「絶対に再婚しない」という思いを示すために、髪をバッサリと切った。現代の日本人男性は自らの髪に対する執着心のある人が少なくないが、日本には「髪は女の命」という言葉がある。しかし、実際には長髪が似合わない女性は男性と同様にいるのだ。それはさておき、令女は喪が明けてから「女の命」を自ら断ち切ったのだが、実家の者たちは「あの娘はまだ若いし、子供がいないから」と再婚先を見つけようとした。しかし、令女自身は「絶対に再婚しません」と言い、何と、即座に刀で自らの両耳を切り落としてしまった。
 この時点で、現代人の私は理解不能である。令女は、夫の従兄である曹爽のもとに身を寄せたが、曹爽自身は多分、この猛烈な義理の従妹を持て余していたのだろう。多分、令女の実家のみならず、嫁ぎ先である曹家もまた、やたらと強情な嫁を内心「お荷物」だと思っていただろう。

 さて、司馬懿の政敵だった曹爽が粛清されてから、令女の叔父は朝廷に訴え、令女と曹氏一族との婚姻関係を断ち切り、無理やり姪を家に引き取った。
「しょせん、私は『ただの女』。だけど、私は男たちを渡り歩くあばずれ女どもとは人種が違う」
 しかし、親の心子知らず。彼女の父文寧は、娘が女盛りを過ぎて「枯れていく」のを惜しんだ。
「お前はまだ若い。このまま枯れていくのは惜しいではないか?」
 家の者たちは再び令女に再婚を勧めた。彼女は涙を流しつつ、答えた。
「分かりました」
 家の者たちは安心して、油断したが、これから行われるのは彼女の「復讐」だった。彼女は自分の寝室に戻り、刀で自分の鼻を削ぎ落とし、布団をかぶって横になる。令女の母親は娘を呼ぶが、返事がない。まるで「ただの屍のようだ」。そう、夏侯令女は象徴的に自らを葬り去った。すなわち「外見的な自殺」である。
「私は最後まで節操を貫きたい」
 曹氏一族の敵である司馬懿は、この「美談」に感動し、彼女が曹氏一族の跡取りとしての養子を迎えるのを許した。令女の「名声」は天下に鳴り響いた…と、正史『三国志』にはある。

 さて、この過激な「貞女」に対しては色々とツッコミどころはある。要するに、前夫よりもレベルやランクが劣る男を再婚相手として押し付けられるのがプライドが許さないというのもあったのではないのか? それに、自分の肉体を損ねてまで再婚を拒むなんて、自分で去勢して斉の桓公の寵臣になったクソ野郎とどう違うのか?
 しかし、令女はおそらくは自分を「お荷物」扱いする実家と婚家双方に対する激しい怒りがあったのではなかろうか? よほどの激情がない限りは、このような「外見的な自己去勢」はあり得ない。
 私は「ブス」の男性版は実質的に「ブ男」ではなく「無能な男」だと思うが、それと似たような見方として、女性にとっての「去勢」は「生殖能力をなくす事」ではなく「容姿を損ねる事」である。昔のロシアのキリスト教の異端派「スコプツィ」なんて、男性が文字通り去勢するのに対して、女性は乳房や陰核、小陰唇などを切除したというのだ。そう、明確に子宮や卵巣を摘出したというのではない。つまりは、本当に生殖能力を奪ったのではない。

 多分、令女は女を単なる「嫁」並びにその卵としか見なさない世間に対する激しい怒りがあっただろう。しかし、再婚を拒む口実としての出家は仏教が普及する以前の時代ではあり得なかったし、ましてやフェミニズムなど微塵もない時代である。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年07月15日

ドラゴンファイト!

 関羽の「おセレブ様」嫌いの要因になってしまったかもしれない恐るべき本『春秋左氏伝』に、変な話がある。
 紀元前523年、要するに中国の春秋時代だが、鄭の国で洪水があった。そして、街の外で2匹の龍が現れて、街の外でドタバタ争っていた。鄭の人々は「おっかないからお祓いしましょうよう」とお上に訴えたが、当時の鄭の名宰相子産は「我々人間には関係ない事だからほっときなさい」と却下した。

 この話、アーサリアンの私にとっては聞き捨てならないネタである。

「アーサー王伝説の王莽」ヴォーティガン王は塔の建設を命じたが、途中で崩れてなかなか完成しない。早速会議を開くが、なぜか「人間の父親がいない子供を人身御供にしましょう」という提案があった。それで探し出されたのがマーリン少年である。
 マーリンは夢魔が人間の女性に産ませた子供であり、予言の力を含めた魔力を持っていた。ヴォーティガンの前に連れて来られた彼は、塔の様子を見て言う。
「陛下、この塔の基礎に問題があります。中を掘り返してください」
 ヴォーティガンはマーリンに言われた通りに、作業員たちに地面を掘らせた。すると、中には池があり、赤と白の2匹の龍がいた。ただし、『ブリタニア列王史』では『左伝』とは違って2匹の龍は眠っていた。
 しかし、龍たちは目覚め、早速喧嘩をおっ始めた。最初は白龍が優勢だったが、赤龍は徐々に白龍を押し返していった。
 マーリン曰く、赤龍はブリトン人を表し、白龍は侵略者であるサクソン人を表している。「白龍」サクソン人はブリトン人を征服していくが、やがては「コーンウォールの猪」がサクソン人たちを打ち破るだろう。

 この「コーンウォールの猪」とは、後のアーサー王の事である。アーサー自身の名前は「熊」を意味するケルト系の単語と関連付けられるが、なぜか「猪」である。ヴォーティガンは、アーサーの伯父と父であるアウレリウス&ユーサー・ペンドラゴン兄弟の長兄コンスタンスを弑逆して簒奪者になっていたが、ブルターニュに亡命していた兄弟はブリタニアに戻り、ヴォーティガンに雇われていた火事場泥棒サクソン人を破り、要塞に追い込んだヴォーティガンを要塞ごと焼き殺した。
 その後、マーリンはペンドラゴン兄弟に仕えて、ストーンヘンジを建設した。いわゆる「アーサー王伝説」の本番はそれからの話である。

 さて、話を『春秋左氏伝』の2匹の龍たちの話に戻すが、ひょっとして、これはマーリンと龍の話の元ネタだったのではないかと、私は怪しむ。何しろ、孟嘗君の誕生日の話はモードレッドに酷似しているし、『ブリタニア列王史』には、飢えた主君を助けるために自らの腿の肉を切り取って調理して食べさせるという、介子推(晋の文公の忠臣)そっくりの話もあるのだ(ただし、これはアーサー王の死後の話だ)。
 2匹の龍の話といい、モードレッドの設定といい、ひょっとして中国起源ではないかと、私は邪推する。もちろん、単なる偶然の一致の可能性も高いが、あるいは双方に「第三者たる共通の起源」があった可能性もある。ついでに戦国時代の田斉の君王后には、アレクサンダー大王がゴルディオスの結び目をぶった斬ったエピソードと同工異曲の話がある(秦から送られた玉製の知恵の輪を金槌で叩いて「解いた」)が、こちらはアレクサンダーの話が中国に伝わって変化したものかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年07月12日

どこかで見たような「幽霊」

 古代中国・西周の宣王は、大臣の杜伯を無実の罪で処刑した。3年後、王が狩りをしていると、白い馬車に乗り、赤い衣冠を身に着けた伊達男(?)がこちらに向かって来た。謎の男は赤い弓矢を構え、王をにらみつける。
「あれは…まさか、杜伯の怨霊か!?」
 杜伯の幽霊らしき男は、赤い弓矢で王を射殺した。ここまでスタイリッシュな(?)怨霊なんて、あたしゃ見た事がないぞ。鮮やかな紅白のコントラストがいかにも神話的だなぁ。バーバラ・ウォーカー『神話・伝承事典』(大修館書店)とかでも、白・赤・黒の3色というのは「聖なる色」とされているし、この杜伯の「王殺し」は歴史的というよりも神話的な話のように思えるね。

 コーエー出版部の今はなき歴史投稿雑誌シリーズの3番目「ダ・ガマ」誌に、次のような読者投稿があった。ある日の朝、大久保利通は仕事に出かけようとしたが、まだ幼い娘が泣き出した。どれだけあやしても泣き止まないので、大久保は娘と一緒に馬車に乗って庭を一周した(それ相応の広さがあったのだな)。そして、娘が泣き止むと、馬車から降ろして、そのまま出勤した。
 その頃、江藤新平の弟がたまたま上京していた。彼は大久保に処刑された兄と瓜二つだったが、自分が泊まっている宿の近くの紀の国坂を大久保が出勤で通ると聞き、一目見ようと道の脇に立って待っていた。しばらくして、大久保の馬車がやってきたが、大久保は見覚えある顔を見て顔面蒼白になった。
「え、江藤が化けて出た!?」
 大久保はすぐさま道筋を変えたが、彼は紀尾井坂で暗殺された。

 さて、この大久保さんと江藤兄弟の話で、私は思った。杜伯、実はなりすまし? ひょっとして、宣王を射殺した「杜伯の怨霊」とは、実は杜伯の身内が変装したのではないかと、私は思う。春秋時代の予譲みたいな(故人とは赤の他人の)刺客だった可能性もゼロではないが、この時代(西周時代)だと、赤の他人が予譲のような刺客になるというのは考えづらいかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年06月25日

エロいオバちゃんの伝説

 私は中学時代、近所の公民館の図書室の本を読んで衝撃を受けた。
 始皇帝の母親って、エロいオバちゃんだったのね!?
 確か、永井路子氏の本だったような記憶があるが、始皇帝の母親が「ご立派な」愛人とのドスケベライフを送っていたという記述に、私は度肝を抜かれたのだ。このオバちゃんと愛人のインパクトが強過ぎて、発端になった呂不韋の事など記憶に残らなかったのだが、当時のウブな中学生には刺激が強過ぎた。
 しかし、20世紀の私は彼女の本名など知らなかった。成人してから『史記』を読んでも、本名など載っていない。そして、私は21世紀を迎えた。

「趙姫」「趙太后」って…誰? いつの間にか、そんな名前があったとは? 『史記』には始皇帝の母親の本名なんて書いていないのに、いつの間にかそんな名前が一般的に使われるようになっているのに、私は困惑した。

 現在、始皇帝の母親は「趙姫」「趙太后」と呼ばれているが、『史記』にはこの呼び名はない。「趙国出身だから」とか「趙王室と同じ趙氏である秦王室に嫁いだから」とかの理由で便宜上これら呼び名が使われているようだが、もう一つ小説などで使われる「朱姫」「朱太后」という呼び名の由来はどこにあるのだろうか?
 日本では安西篤子氏や塚本靑史氏の小説、王欣太氏の漫画『達人伝』などで「朱姫」が使われているが、元ネタになった記述は中国の史書か何かにあるのだろうか?
 そんな疑問のある私は、ヤフー知恵袋でこのような質問をして回答があった。
 すると、文学・古典カテゴリーの大物回答者様からリンク先にある回答をいただいた。

《明代の余邵魚《周朝秘史》に朱氏、朱姫の名が使われていました。

第106回「不韋計取朱姬女、朱氏生政於邯鄲」
朱家有一女名姬,生得絕美,不如即來與兒為妾,待其有娠,獻與異人。
→朱家に姫という名の娘がいて、絶世の美人だった。呂不韋は、自分の妾にするよりも、妊娠を待って異人(始皇帝の父、子楚)に献上した。朱氏は政を邯鄲で生んだ。(政は、始皇帝嬴政)
https://ctext.org/wiki.pl?if=gb&chapter=411659&searchu=%E6%9C%B1

 とりあえず、安西篤子氏の創作ではない名前である。では、ご回答にある余邵魚の創作か? まあ、これ以上追求するのもしょうがないか。
 それはさておき、始皇帝の母親である太后の性的スキャンダルが事実かどうかは眉唾ものだと見なした方が良いかもしれない。「悪女には性的スキャンダルが付きもの」という偏見に基づくでっち上げの可能性も考えられるのだ。同様の事は称徳(孝謙)天皇と道鏡の伝説にも言える。

《追記》
 ウィキペディアを見ると、孝謙天皇は女性の地位向上に尽力し、多くの実績のある有力な女性に位階勲などを与えたそうだ。ひょっとして、「フェミニストだから悪女のレッテルを貼られた」のか? ヒドいね。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年04月19日

夏姫と西施

 私が昔、ヤフー知恵袋に投稿した質問を元に、今回の記事を書く。中国・春秋時代の美女の代表格として、夏姫と西施がいるが、果たして、どちらが春秋No.1の美女にふさわしいだろうか?
 私は知恵袋に二人を比較する質問を投稿した時にはこう思った。個人的には、素朴で可憐なイメージのある西施の方を選びたい。どうせ夏姫は上流階級出身で、美容にお金と手間暇をかけられた上に、豊富な男性関係もあったから、その「美女」評判はある程度「水増し」されている可能性があるのではないのか? 庶民の娘である私はそう邪推した。
 それに対して、西施は野良仕事をする庶民階級出身で、セレブ美女の夏姫のように高度な美容技術に頼るだけの経済的・時間的余裕はおそらくなかっただろう。それにも関わらず絶世の美女とされるのだから、すごいのではないだろうか? 何しろ、上流階級の男性は地位と財力にものを言わせて、美女を手に入れ、子どもを産ませられる。それが何代も続いた結果、美男美女が産まれやすくなる。高貴な出自の夏姫が「美女」であるのは「お約束」であって、庶民出身の西施ほどの意外性はない。

 まあ、そもそも「勝ち組」に多い容姿が美男美女扱いされやすいというのがあるか。昔の日本でも、上流階級に多い弥生系の顔が美男美女だとされ、庶民に多い縄文系の顔がその逆だとされたのだ。現在だと、白人の容姿が「美男美女」の基準とされている。人間の容姿について語るのに欠かせないのがヒエラルキーの問題だ。

 話は夏姫と西施に戻すが、どちらが春秋時代を代表する美女か? 仮に当時写真技術があってそれが現存していたとしても(あるいは西洋美術のような写実的な肖像画があったとしても)、共に現代人の美意識に合う美貌だったとは限らない。何しろ、昭和の時代の「正統派美人」でさえも平成の時代にはウケないのだ。こんなんじゃ、外見的問題だけではない。その「歴史上の人物」としての立場が問題だ。そう、美女を「伝説」たらしめるのは本人の容姿ではなく「立場」なのだ。
 西施には架空人物疑惑がある。しかし、夏姫は『春秋左氏伝』などに記録されている。そんな夏姫は「モノ」のように男性たちにたらい回しにされる事によって、意図せずに当時の中国の国際情勢に影響を与えた。それに対して、西施は、越王勾践が宿敵呉王夫差に献上した無名の美女たちを元に創造された人物に過ぎなかっただろう。

 よくよく考えてみると、歴史上の美女たちは純粋に「美女である」というだけでは記録に残らない。まずは、本人の社会的地位がある。その地位に基づき、いかに社会に(世界に)影響を与えたかが問題だ。その点からして、西施よりも夏姫の方が春秋時代を象徴する美女だったのかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink