英国・アイルランド史

2018年07月15日

ドラゴンファイト!

 関羽の「おセレブ様」嫌いの要因になってしまったかもしれない恐るべき本『春秋左氏伝』に、変な話がある。
 紀元前523年、要するに中国の春秋時代だが、鄭の国で洪水があった。そして、街の外で2匹の龍が現れて、街の外でドタバタ争っていた。鄭の人々は「おっかないからお祓いしましょうよう」とお上に訴えたが、当時の鄭の名宰相子産は「我々人間には関係ない事だからほっときなさい」と却下した。

 この話、アーサリアンの私にとっては聞き捨てならないネタである。

「アーサー王伝説の王莽」ヴォーティガン王は塔の建設を命じたが、途中で崩れてなかなか完成しない。早速会議を開くが、なぜか「人間の父親がいない子供を人身御供にしましょう」という提案があった。それで探し出されたのがマーリン少年である。
 マーリンは夢魔が人間の女性に産ませた子供であり、予言の力を含めた魔力を持っていた。ヴォーティガンの前に連れて来られた彼は、塔の様子を見て言う。
「陛下、この塔の基礎に問題があります。中を掘り返してください」
 ヴォーティガンはマーリンに言われた通りに、作業員たちに地面を掘らせた。すると、中には池があり、赤と白の2匹の龍がいた。ただし、『ブリタニア列王史』では『左伝』とは違って2匹の龍は眠っていた。
 しかし、龍たちは目覚め、早速喧嘩をおっ始めた。最初は白龍が優勢だったが、赤龍は徐々に白龍を押し返していった。
 マーリン曰く、赤龍はブリトン人を表し、白龍は侵略者であるサクソン人を表している。「白龍」サクソン人はブリトン人を征服していくが、やがては「コーンウォールの猪」がサクソン人たちを打ち破るだろう。

 この「コーンウォールの猪」とは、後のアーサー王の事である。アーサー自身の名前は「熊」を意味するケルト系の単語と関連付けられるが、なぜか「猪」である。ヴォーティガンは、アーサーの伯父と父であるアウレリウス&ユーサー・ペンドラゴン兄弟の長兄コンスタンスを弑逆して簒奪者になっていたが、ブルターニュに亡命していた兄弟はブリタニアに戻り、ヴォーティガンに雇われていた火事場泥棒サクソン人を破り、要塞に追い込んだヴォーティガンを要塞ごと焼き殺した。
 その後、マーリンはペンドラゴン兄弟に仕えて、ストーンヘンジを建設した。いわゆる「アーサー王伝説」の本番はそれからの話である。

 さて、話を『春秋左氏伝』の2匹の龍たちの話に戻すが、ひょっとして、これはマーリンと龍の話の元ネタだったのではないかと、私は怪しむ。何しろ、孟嘗君の誕生日の話はモードレッドに酷似しているし、『ブリタニア列王史』には、飢えた主君を助けるために自らの腿の肉を切り取って調理して食べさせるという、介子推(晋の文公の忠臣)そっくりの話もあるのだ(ただし、これはアーサー王の死後の話だ)。
 2匹の龍の話といい、モードレッドの設定といい、ひょっとして中国起源ではないかと、私は邪推する。もちろん、単なる偶然の一致の可能性も高いが、あるいは双方に「第三者たる共通の起源」があった可能性もある。ついでに戦国時代の田斉の君王后には、アレクサンダー大王がゴルディオスの結び目をぶった斬ったエピソードと同工異曲の話がある(秦から送られた玉製の知恵の輪を金槌で叩いて「解いた」)が、こちらはアレクサンダーの話が中国に伝わって変化したものかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年03月28日

魔女の祟り

 加藤恭子氏の『アーサー王伝説紀行』(中公新書)に、興味深い怪談エピソードがある。ただし、この話はアーサー王伝説とは無関係だ。
 18世紀の英国に、鉱山で財を成した一族がいた。このミシェル家の何代目かの当主に一人の息子がいたが、彼は家のメイドだった少女を妊娠させ、産褥死させてしまった。
 これに怒ったのが、少女の母親であるセリーナという女性だったのだが、何と彼女は魔女だった。セリーナは娘の仇であるミシェル家の者たちに呪いをかけ、不幸続きのミシェル家は屋敷を手放して南アフリカに移住した。しかし、魔女の呪いは遠い異国にまで及んだ。

 時は現代。ミシェル家の当主は魔女の呪いを解くために、魔女セリーナの墓を探し出し、鉄の杭を打ち込んだ。

 その後、魔女の呪いがどうなったかは分からないが、私はこれを読んで「ああ、やっぱり御霊信仰って『異教的』なんだな」と思った。だって、恨みを飲んで死んだ人間を丁重に弔わずに、「悪魔」扱いして強引に祟りを鎮圧しようとするんだよ? これじゃあ、あまりにもセリーナさん母娘が気の毒過ぎる。
 少なくとも、日本で同様の事態があれば、仏教なり神道なりのやり方で死者の無念を慰めて供養するんじゃないかな。せめて、キリスト教的な慈悲でセリーナさん親子を供養した方が良かったんじゃないのか、と思うが、もしかするとセリーナさんは 新異教主義 ネオペイガニズム に基づく魔女だったから、キリスト教式の供養は通用しないのかもしれない。

 とは言え、果たして我が国における御霊信仰とは本当に判官びいきなどの慈悲に基づくものなのか、結構怪しい。韓非子チックな意地悪目線で見るなら、人間とは恨みを抱いて死んだ人間の霊魂からも無理やりご利益を引きずり出したがる強欲な生き物という事になるだろう。まあ、そもそも「宗教」並びに「有神論」自体がそうかもしれないが、だからと言って無神論者が無欲だとは限らない。
 無神論者や唯物論者には有神論者に対してマウンティングしたい欲求があるからこそ「無神論者」や「唯物論者」でいるのだろうから、結局はたいていの人間は欲張りという事になるだろう。「全ての道はローマに通ず」ならぬ、全てのイデオロギーやその他価値観は欲望に通じるのだ。

《余談》
 私が昔読んだ雑誌にこういう話があった。日露戦争から戻ってきた人が、自分が戦争で殺したロシア軍将校に祟られた。しかし、その人はキリスト教ではなく日本式のやり方でそのロシア人将校を供養したら祟りが収まったという。要するに、やり方を超えて真心が伝わったのだろう。
 ちなみに西洋の吸血鬼に対して十字架が効力を発揮するのは、あくまでも十字架を用いる人間の「信仰心」に基づくものらしい。つまりは、キリスト教徒ではない無宗教者や無神論者が十字架を吸血鬼に突きつけても効果はないという事だ。

shion_faust at 00:00|Permalink

2018年03月21日

D.G.ロセッティの「なめとんのかおんどりゃ⁉」伝説

 いわゆる「ラファエル前派」と呼ばれる画家集団には、色々な問題児がいた。その中で特に札付きの問題児と言えるのが、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティだろう。何しろ、自分のサークル仲間のウィリアム・モリス(ラファエル前派としては比較的マトモだった人)の妻ジェーンと不倫関係になった上に、自身の妻リジーを自殺同然に死なせてしまったクソ野郎なのだ。もう一人の愛人ファニー・コーンフォースも、このクソ野郎の被害者である。
 私は日本画家の上村松園を尊敬しているが、このクソ野郎ロセッティなんぞ全く尊敬なんぞしとらん。絵は素晴らしいが、とんでもないダメンズである。そんなクソ野郎の画学生時代のふざけたエピソードがある。

 ロセッティ青年は、ある日、学校を休んだ。翌日、ある教師に「なぜ休んだ?」と訊かれたが、このクソガキは実に人を食った返事をした。
「いやあ~、僕、『なまくら病』の発作が起こったんスよ(笑)」
 そして、先生が背を向けると、ロセッティはポケットから紙の束を取り出し、クラスメイトたちに配った。このクソガキは前日、家で自作詩を紙切れに書いていたのだ。

 やれやれ。その後のロセッティ画伯のクソ野郎伝説について書く気力がないや。それはさておき、誰かが「芸能界とは一般人として生きていけない人間の受け皿だ」と言っていたけど、それは芸能界以外にも言えると思う。まさしく「芸は身を助ける」だ。文学であれ、美術であれ、その世界における表現者たちの中には、一般人社会で生きていくには何かが過剰で何かが足りない人たちが少なからずいるようだ。
 ある作家は「漢の三傑」の一人淮陰侯韓信を「戦争芸術家」と評したが、なるほど、これは良くも悪くも韓信という人物にふさわしい。軍事の才能は一流だが、それ以外ではロセッティと同様に人間的な弱さをさらけ出す。ただでさえ、「天才」と呼ばれる人間は人間的な欠陥が目立つ人が少なくないのだ(だからこそ、楽毅のように「人格者」と「天才」を兼ねた人は貴重なのだ)。永野護氏風に表現するなら「ピーキーな性能」である。
 そんな「芸術家」たちと比べると、「普通の人」は突出した何かを持たない代わりに精神的に安定している場合が多い。ただし、今の日本ではその「普通の人」たちも精神的に病んでいる場合が少なくないが、たいていの「普通の人」は非凡な才能を持たない代償として一般人社会で生きていくための要領の良さを持っているのだ。

shion_faust at 00:00|Permalink