中村うさぎ

2017年12月12日

恐るべき「姥皮女」薄姫

 私が昔働いていた工場で同僚だった女性がいた。その人は旦那さんとの離婚訴訟があったのだが、担当弁護士さんから「下手に毅然とした姿勢を取るとかえって不利になりますよ」と忠告されたそうだ。そして、問題の元旦那さんはうまい具合に(?)弱々しい姿勢を取っていたらしい。

 んで、私は思った。

 長宗我部元親が大河ドラマの主役になれないのは、ズバリ、あの前漢の呂后と同じ事をやらかしたからではないのか? いや、「人豚」ではない。自分の息子と孫娘(実の叔父と姪の関係)を結婚させたのがマズいからでないかい? 何しろ、テレビで古代エジプト特番を放送しても、当時の王族の近親結婚についてほとんど触れないからねぇ…? クリスチャン・ジャック氏の古代エジプト小説でも、うまい具合にその辺を避けているし。
 いや、元親は関係ない。古代エジプトネタも関係ない。問題は呂后だ。呂后は夫劉邦の愛妾だった戚夫人を虐殺したし、他の側室たちをも粛清したが、なぜか薄姫とその息子(後の文帝)を殺さなかった。なぜ? ただ単に、薄姫が高祖劉邦に愛されなかったから、呂后は彼女を敵視しなかったのだろうが、果たして、それだけか?
 劉邦の庶長子劉肥は、呂后に毒殺されそうだったが、異母弟(呂后の息子)恵帝にかばわれて陰謀を知り、酔ったフリをして退席し、後に呂后の娘(恵帝の姉で、恵帝の皇后になった女性の母親)に自分の領地の一部を献上し、粛清をまぬがれた。まるで、鴻門の会の再現ではないのか?

 多分、薄姫も劉肥と同じく、鴻門の会もどきの状況で弱気なキャラクターを演じて呂后を安心/油断させたのだろう。おそらく、「残虐な悪女」になる前の呂后は元々サバサバした姉御肌タイプの女性だったのだろう。戦国七雄の魏王室の血を引く薄姫は、女社会における「政治力」を磨いてきたのだろうが(余談だが、男性である韓非子が下手な現代人女性フェミニストよりもはるかに「女社会」の厳しさを知っていたのは、王家の一員として後宮で育ったからである)、戚夫人はただ劉邦に依存するしかなかった。
 作家の中村うさぎ氏は、女性の女社会における保身術を日本の昔話になぞらえて「姥皮」と表現した。他の女性たちの嫉妬心やその他諸々の悪感情を煽らないために、わざと自らの女性としての魅力の「ドレスダウン」をする姿勢を取るものだ。例えば、他の女性から「あなた、胸大きいね?」と言われると、すかさず己の腹の皮をつかんで「お腹の方が立派だよ〜!」と言って自らを笑い者に仕立て上げるような演技である。
 うさぎさんはこの「姥皮」を日本人女性特有の保身術ではないかと仮定したが、私は薄姫は(意外と単純な)呂后を欺くために「姥皮」をかぶっていたのではないかと思う。呂后は、自分の夫のライバルだった項羽と同じく、自分より「弱い」人間に対して寛容だったのかもしれない。そんな彼女にとっては、戚夫人は同性としてかなりの「強敵」だったのだろう。

 多分、薄姫は女社会での保身術を持たない戚夫人(やその他同性たち)を反面教師にして生き延びたのだろう。そして、その賢明さが名君文帝を育てたのだろう。もしかすると、彼女は呂后以上に恐ろしい女性だったのかもしれない。

shion_faust at 00:00|Permalink