IMG_3875











出身国・・・・・チェコ
ジャンル・・・・メロディックパワー/スピードメタル
発売年・・・・・2016年


1. King Of Persia
2. The Choice
3. In The Name Of God
4. Flying
5. A Farewell That Wasn't Meant To Be
6. Children Of The Light
7. Siren Call
8. Live To Tell The Tale
9. Unwelcome
10. Out Of This World
11. The Last Goodbye
12. Live To Tell The Tale
13. Anyplace, Anywhere, Anytime


旧東欧チェコ出身の5人組パワー・メタル・バンド“シンフォニティー”による、実に8年ぶりとなるセカンド・アルバム。2016年4月の来日AVANTASIA公演にも帯同したSINBLEEDのハービー・ランハンス(vo)を新たに迎え、オラフ・ヘイヤーとのツイン・ヴォーカル体制が実現。
以上、Amazonからの転載(笑)
とりあえず1曲ずつ解説してみます。

1. King Of Persia
いきなり9分の大曲。
後半の盛り上がり方は、このアルバムで1番気に入っている部分です。

2. The Choice
この曲が先行MVになってましたが、正直前作までのファンの方はコレでがっかりしたと思います💧やっぱりツインボーカルの1人、新加入のハービー ランハンスの影響でしょうか...?
普通にカッコイイ曲ですが、持ち味であった泣きメロ、クサメロが全くありません。

3. In The Name Of God
4. Flying
5. A Farewell That Wasn't Meant To Be
この3曲は特に特徴の無いミドルな曲です💧

6. Children Of The Light
キタ━─━─━ヾ(o✪‿✪o)シ━─━─━ッ♪
このバンドに求めてるのはこういう泣きメロ疾走曲ですよ!
ギターも歌メロも泣きまくってます!
間違いなくこのアルバム1番の曲でしょう!!

7. Siren Call
短いバラード曲。
またコレはコレでなかなか泣ける曲です♪

8. Live To Tell The Tale
まぁ普通にカッコ良いミドルな曲です。
やっぱり泣きメロが欲しい...。

9. Unwelcome
おぉ!っと思わせる出だしからの疾走曲ですが、サビメロが少しイマイチ...。しかしSymphonity独特の泣きメロは健在です。
しかしやっぱりこういうメロディーはハービーよりオラフの方が合ってる気がします。

10. Out Of This World
11. The Last Goodbye
12. Live To Tell The Tale
10,11曲目はインスト。12曲目は8曲目のDemoですね💧

13. Anyplace, Anywhere, Anytime
この曲もボートラですがなかなか良いミドルな曲。アルバム発売前からYoutubeでライブ動画があったので、この曲だけオラフの1人ヴォーカルかな?(違うかも 笑)

うん、まぁ前作やその前の前身バンド、Nemesisを期待したら肩透かし喰らいますね(笑)
前作でオラフはこのバンドには合ってないかなぁと思いましたが、新加入ヴォーカルのハービーはもっと合ってないですね(笑)
でも6曲目だけは悶絶泣きメロ疾走曲で良いですね!!


パワー・・・・・・★★★★★★
スピード・・・・・★★★★★★★
メロディー・・・・★★★★★★★★
クオリティー・・・★★★★★★★★★
満足度・・・・・・★★★★★★★

おすすめの曲・・・1.6曲目