塩原温泉情報

塩原温泉の様々な情報をお知らせ致します。

塩原温泉情報のブログへようこそ!

このブログは塩原温泉の旬な話題やイベント情報などをいち早く皆さまにお届けするブログです。

塩原温泉最近の話題


【お知らせ】
露天風呂 不動の湯(福渡)について
平成28年の利用期間は10月30日で終了となりました。
 
◆『塩原温泉竹取物語』竹灯籠イルミネーション・・・12月24(土)〜2月28日(火) 
 18:00・21:00 (場所:塩原温泉街)
 竹取物語ページはこちら

◆『塩原のんびり湯っくり雛めぐり』・・・2月4日〜4月3日(月)
 ※前期2/4〜3/4、後期3/4〜4/3
 雛めぐりページはこちら

◆チェーン脱着サービス・・・平成28年12月〜平成29年3月
 塩原に宿泊のお客様。無料でタイヤチェーンを脱着します。
 詳細はこちらをご覧ください。

琴アンサンブル・メイプル定期演奏会・・・3月2日(木)
◆10:00〜12:00 (場所:塩原温泉まちめぐり案内所)


塩原温泉セミナー 温泉ソムリエの温泉自慢

48689ac8002


150の源泉、6種類の泉質、7色の温泉、ロケーションや浴槽も多種多様の塩原温
泉は、温泉の宝庫です。
温泉を知れば湯めぐりがもっと楽しく、そしてもっと好きになるはず。
塩原在住の温泉ソムリエが、温泉の基礎をていねいにやさしくお教えします♪


セミナー内容(約90分)

・温泉とは?
・泉質の違いについて
・七色温泉の秘密
・美人の湯の秘密
・塩原だからできる湯めぐり入浴法
・安全な入浴法

開催日  4月〜6月の土曜日 ※4月29日を除く
開催時間 11時〜12時30分
開催場所 塩原温泉観光交流室(旅館組合2階)那須塩原市塩原675-9
講習費用 無料
定員 各回20名
主催 塩原温泉旅館組合
申し込み 前日17時までに電話予約  0287-32-4000(塩原温泉観光協会)

塩原湯けむり餃子祭り!!

0011

第5回目となる「塩原湯けむり餃子祭り〜宇都宮餃子がやってくる〜 」を塩原温泉湯っ歩の里で開催します。

今年も塩原温泉と宇都宮餃子が協力タッグを組み餃子祭りを行います。325日(土)26日(日)の2日間、宇都宮餃子会のブースでは1200円(4個入り)で実演販売いたします。
 

 

また、塩原温泉と宇都宮餃子会のコラボ企画として、飲用 許可の温泉水で作った「温泉水餃子」を2個入り100円で販売いたします。塩原温泉にご宿泊 や協賛商店ご利用のお客様には無料配布(各日先着500名様)いたします。

さらに塩原温泉のご当地グルメ「とて焼」も販売。宇都宮と塩原のご当地グルメの競演も楽しみです 。

生乳生産額本州一の那須塩原市産の「ホットミルク」や温泉水を使用した「温泉ホットドリンクバー」もご用意いたします。塩原で温泉と餃子を満喫してください。


【塩原湯けむり餃子祭り 】
 日程 平成29年3月25日(土)・26日(日)
 時間 10時〜16
 場所 塩原温泉 湯っ歩の里
 栃木県那須塩原市塩原602-1
 電話 0287-32-4000(塩原温泉観光協会)
    0287-32-3101(湯っ歩の里)
 主催 塩原温泉観光協会 協同組合宇都宮餃子会
 後援 下野新聞社 塩原温泉旅館協同組合
 協力 ハンターマウンテン塩原 北関東綜合警備保障

    栃木プロジェクトプロ 千本松牧場

    キリンビール栃木支社

温泉タオルできました(塩原もの語り館)

170318温泉タオル1

塩原もの語り館の施設の一角には、気軽に温泉が楽しめる「足湯」があります。もちろん無料!

ふらりと立ち寄ったときに、お手元にタオルがなくても大丈夫です。お待たせしておりました「温泉タオル」がこのほど完成し、3月18日から販売を開始しました。

白地のタオルに「源泉遺産 塩原温泉郷」のロゴをプリントしたすっきりしたデザインに仕上がっています。
※湯桶は演出上のもので、販売はしておりません。あしからず。

販売価格は1枚250円(税込)です。塩原温泉を訪れた記念や、お友達などへのお土産としても喜ばれそう。

桃の節句イベント大好評でした!!

去る3月4日に塩原のんびり湯っくり雛めぐりのイベントの1つ「桃の節句イベント」が行われました。琴演奏や十二単着替え体験、和服で散策体験など盛りだくさんの内容でした。

IMG_6131
もの語り館での琴演奏の様子

IMG_6134
午後の部はかなり混み合いました


自分はもの語り館にいたため、十二単着替え体験を見ることが出来ませんでしたが、
当日飛び込み参加のお客様を含めると、15名ほどのお客様が十二単体験をされたそうです 。
着付けにかなり時間がかかるものなので、着付け役の方は昼食もとれない程だったようです。
予想外の混みように各会場大慌ての 桃の節句イベントでした。

また、もの語り館の展示室入場者数をみると例年のこの時期と比べ入場者はなんと3倍!
自分たちの努力によって観光資源は生み出せるんだと、こちらも勉強させていただいたイベントとなりました!!
 

真壁にてお雛さま見学して来ました!!

ご報告が遅くなりましたが、塩原の観光協会及び旅館関係者で今年度の『塩原温泉のんびり湯っくり雛めぐり』をさらに盛り上げるため、茨城県桜川市真壁にてお雛さまを見学して来ました。
お雛さまイベントでは大先輩の真壁のひなまつりを見て、これからのとり組み方について各自
いろいろと思うところがあったようです。
DSC_1373
外からでも見えるような工夫。



DSC_1391

DSC_1398
この2枚の写真を良く見てください!
 なんと江戸時代です。少なくとも約150年以上前のお雛さまということになります。
徳川家が治めていた時代から存在するお雛さまと考えると 感慨深いものがありますね!

DSC_1435
こちらは帰りに寄った栃木県の益子での写真。
古民家の長座敷をうまく利用した荘厳なお雛さま。


さて、では塩原は今後どうするのか…

私なりの見解は真壁、益子のような保存状態が良い古民家を利用してのひなまつりはできない(真似できない)とすればやはりお雛さまを巡っていただくことで、温泉地ならではのサービスが受けられることに塩原という土地の利点があるように思います。
今回の雛めぐりに関しても、巡っていただくことで宿泊無料券の抽選会に参加できるというサービスがあります。
協会の窓口にてスタンプラリーの用紙にスタンプを押しているときにも、お客様から「本当に当選したらどうしましょう!!」なんて言葉をいただきました。
どうしましょうと言わず、当選したら来てください(笑)
とまあ冗談はさておき、今後も雛めぐり×温泉をテーマに入浴や宿泊のサービスを盛り込んだイベントに進化させてゆきたいと考えております。
なんだか決意表明のようになってしまいましたね…
 
Archives
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ