塩原温泉情報

色々な情報をお届けします

塩原温泉情報のブログへようこそ!

このブログは塩原温泉の旬な話題やイベント情報などをいち早く皆さまにお届けするブログです。

塩原温泉最近の話題


【お知らせ】

◆塩原高原大根キャンペーン
 9月20日(水)〜11月23日(木)まで
 詳しくはこちら←をご覧ください。


◆古式湯まつり
 9月24日(日)
 詳しくはこちら←をご覧ください。


◆与謝野晶子・寛展
 7月23日(日)〜1月7日(日)まで
 8:30〜18:00 (場所:塩原もの語り館)
 大人300円/子供200円


◆琴アンサンブル・定期公演・・・10月5日(木)
 10:00〜12:00 (場所:塩原温泉バスターミナル)


塩原温泉 『湯まつり』地元住民(源泉所有者など)の関わり方

折込用 分湯の案内(B4)_000001

9月24日(日)に行われる『古式湯まつり』。
先日、このブログで大まかな行事の案内をしました。
その時の記事はこちら←をご覧ください。
さて、この湯まつり、お客様が見て楽しめるような行事なのですが、本来は住民の温泉に感謝する気持ちが形になったものなのです。
お客さまが見るおまつりのメインは行列と分湯式でしょう。
古式の装束を纏った関係者が行列をなして御神湯を運ぶ『分湯行列』。
そして、メイン会場で行われる『分湯式』では巫女がお湯を汲んだり、舞が奉納されたりと華やかなシーンが盛りだくさん。
その一方で、メイン会場の正面入り口では地元関係者に御神湯を配っています。
この関係者というのは日ごろから温泉の恩恵を受けている旅館・ホテルや源泉所有者などです。
時代と共にお湯へのありがたみを重んじる事が少なくなってきたかも知れませんが、それでも多くの住民は初穂料をのし袋にしっかりと入れ、正装に身を包んでお湯をいただきに来ます。
塩原には8つの温泉神社があり、それぞれの地区で御神湯を持ち帰り、お湯の恵みに感謝の気持ちを捧げます。
地区により違いはあるでしょうが、温泉神社に御神湯を奉納したり、そのお湯を住民に配ったりします。
中には直会(なおらい)という神事の後の飲食会を開き、住民みんなでお湯への感謝を分かち合う地区もあります。
さすがに、その飲食会をお客様が見るのは無理ですが、華やかなイベントと並行して行われている地元関係者の分湯にはお湯と共に歩んできた塩原の精神がぎっしりと詰まっていますので、気になる方は是非ともご覧ください。

塩原温泉 『大沼公園』 情報

09大沼通行止め解除チラシ (1)_000001

塩原の自然名所の1つ『大沼公園』があります。
火山活動で出来た湿地帯のような場所で、ヨシの群生やどこにも流れ出ることのない沼地が広がり、西の方角には新湯富士(あらゆふじ)という富士山型の山が臨みます。
四季折々の動植物が見られ、これからの季節は草紅葉への移り変わりが楽しめるでしょう。
さて、大沼公園は沼のまわりに木道が整備されています。
先日、その木道の工事が行われ、しばらく通れない場所がありました。
それが、本日9/20に通れるようになったのです。
どのような木道になったのかまだ見ていませんが、きっと新品の綺麗な木道になったのでしょう。
皆さんも是非、出来たての木道や展望デッキを踏みしめながら、大沼の自然をお楽しみください。


塩原温泉 『上三依水生植物園』 開花情報

29年版 開花情報一般用 (1)_000001
秋を感じる今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしですか?
一気に気温が下がり、かと思ったら日中は夏のような陽気もあり、体がついていかないですよね。
くれぐれも体調には気を付けて、元気いっぱいで塩原にお越しください。
塩原の温泉は種類が豊富で寒い日でも体がポカポカになるものや、これからの乾燥の季節、お肌がしっとりスベスベになるものもあります。
温泉を楽しんだら、今度は観光もお楽しみください。
塩原には自然、歴史、文化など様々な観光が楽しめます。
詳しくは公式ホームページ(観光)←をご覧ください。

さて、先日、お客様から「花の見られるところはありますか」という問い合わせがありました。
夏も終わり、花の減ってきているこの季節、お客様も「ないですよね〜」とダメ元ムード。
ご安心ください、あります。
『上三依水生植物園』という山野草の咲くところがあるのです。
もちろん、春や夏に比べると減ってはいますが、11月ころまでは何かしらの花が咲いています。
植物園から開花情報をいただいたのでご案内します。






19
オヤマリンドウです。








19
ヤマトリカブトです。


塩原温泉 『暖かい一日でした』

IMG_6655
今朝、玄関を出るとフワッと暖かい空気に襲われました。
台風が過ぎ、天気予報は夏の陽気になると言っていた通り。
時折風の強い時もありましたが、青空が高く清々しい一日でした。






IMG_6656
ご覧ください、この青空を。
敬老の日の祝日、皆さんはいかがお過ごしですか。
こういう日は外で過ごしたいですね。
とはいえ、雨の影響で地盤が緩んでいることもあるので、山歩きは控えめにした方がいいかもしれません。





IMG_6657
塩原を流れるメインの『箒川』。
水量が多くなっていますが、夕方には濁りがかなり取れ、平穏に向かっています。
大水の後は川底が洗われ、塩原特有の青白い岩盤が綺麗に見えます。






IMG_6658
気温の変化が激しい季節です。
くれぐれも体調には気を付けて、元気に塩原へお越しください。

塩原温泉 『古式湯まつり』 

20170916083353-0001
9月24日(日)に古式湯まつりが行われます。
このお祭りは塩原の発祥とされる源泉から湯をくみ、各温泉神社に奉納するものです。
塩原の住民がお湯の恵みに感謝し、古式ゆかしく執り行われます。
大まかな行事の行程は以下の通り。





IMG_20160925_111210
11時:『湯汲み式』 塩原温泉発祥の地である元湯地区で神聖な「御神湯」を汲む儀式





IMG_20160925_121257
12時:『御神湯奉納』 「御神湯」を塩原の鎮守である「塩原八幡宮」に奉納し、湯の恵みに感謝する儀式






DSC_9230
14時:『分湯行列』 「御神湯」を各地区に分ける(分湯)式場へ移動する儀式
塩原支所から「湯っ歩の里」という会場までの約1kmを御神湯を担いで歩きます。






IMG_20160925_155400
15時:『分湯式』 「御神湯」を分湯する儀式
会場では分湯の儀式の他にも巫女舞や雅楽演奏もあります。
また、源泉所有者や温泉利用者にも御神湯が分け与えられます。






20170916083359-0001
この日は温泉の恵みに感謝し、上記の施設で無料入浴ができる『温泉ふるまい』があります。
大変な混雑が予想されますので、ゆとりを持って、マナーを守ってお楽しみください。
なお、混雑の状況によっては安全などを配慮し、入場を制限する場合がありますのでご了承ください。
Archives
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ