塩原温泉情報

塩原温泉の様々な情報をお知らせ致します。

塩原温泉情報のブログへようこそ!

このブログは塩原温泉の旬な話題やイベント情報などをいち早く皆さまにお届けするブログです。

塩原温泉最近の話題


【お知らせ】
露天風呂 不動の湯(福渡)について
利用できるのは、7月16日〜10月31日の土日祝です。

塩原のかたりべ定期口演・・・6月13日(月)・27日(月)
◆10:00・11:00 (場所:塩原温泉まちめぐり案内所別室)

琴アンサンブル・メイプル定期演奏会・・・7月7日(木)
◆10:00〜12:00 (場所:塩原温泉まちめぐり案内所)


塩原温泉 『夏のスタンプラリー』 絶賛開催中です

20160625153429-0001

夏のスタンプラリーが始まりました。
春に引き続きスタンプ設置箇所は以下の3つです。
・千本松牧場
・もみじ谷大吊橋
・塩原もの語り館

このスタンプラリーでは3ヶ所全のスタンプを集めると賞品がもらえます。
賞品は場所によって違うので、どこで受け取るかはあなたしだいです。
ささやかなものではありますが、オリジナルのものですので記念になること間違いなし。

スタンプシートは1人1枚なのでご家族みんなで集め、それぞれの場所で賞品をゲットしてみるのも面白いかもしれません。

また、このスタンプ設置場所は遊べたり、ダイナミックな景色が見られたり、美味しいものが食べられたりしますので、是非ともそれぞれを満喫してみて下さい。
※もちろんスタンプだけを集める楽しみ方も歓迎です。

塩原温泉 『季節の果実が実りました』

IMG_20160624_125843

塩原の温泉街は標高が500m〜600mです。
上の原や新湯などは900mくらいの高さです。

なので、標高の低い場所と農作物の植生が少し違います。
例えば柿。
塩原では甘柿を植えても渋柿しかできません。
寒さなのか、昼夜の寒暖差なのか、不思議なものです。
その寒暖差を利用して大根などは甘みの強い美味し物ができます。

さて、この時期ですと梅の実りが見られます。
どういうわけか、今年は豊作です。
数もさることながら、大きい実が多いですね。






IMG_20160624_125909

こちらは栗の花。
花見の花ではありませんが、見事に咲いているので、思わず載せてしまいました。
栗も豊作かもしれません。
※栗は熊の餌になってしまうので、落ちた実はちゃんと収穫しないといけません←山あるある
ちなみに柿も猿を寄せてしまうので、たとえ渋くても収穫しなくてはなりません←熟すと食べる
しかしながら、ゆずは鳥獣被害に遭いにくいそうです。
さすがの猿も食べません。
とは言ったものの、ゆずは気候が合わないのか塩原では取れません。
西那須野や矢板辺りが北限のようです。





IMG_20160624_130143
こちらはクルミです。
この青い実の中に硬い殻の実が入っています。
クルミは秋に自然に落ちてから収穫し、殻を出して乾燥させます。

子供の頃は、良く殻割りをさせられました。
クルミ割り器など便利な道具はないので、金槌で叩いていました。
散々と指を叩き、痛い思いをしながら金槌の使い方を学んだものです。


塩原にお越しの際は果樹などの植生に注目しても面白いかもしれません。

塩原温泉 『新しいトンネルへの工事がまもなく始まります』

20160519122459-0001


最近のトンネル工事は昔に比べて工期が短いですよね。
塩原から上三依に抜ける『尾頭トンネル』(昭和63年完成)は出来るまで待ち遠しかったですが、何年か前に出来た『がま石トンネル』はあっと言う間でした。
もしかすると歳をとったから時間経過が少なく感じたのかもしれませんが。

さて、その『がま石トンネル』ですが、2011年の9月に開通しました。
もう5年経つんですね。
塩原に来たことある方は分かると思いますが、塩原へは国道400号(塩原バレーライン)を通って来るのが一般的です。
その400号は渓谷沿いの好景観な道ですが、大雨などで川が氾濫したり、土砂が崩れたりして通れなくなることがあり、またそういう時はとても危険です。
なので、トンネルを掘ろうということになったのです。
計画では3本。
がま石トンネルはその1つ目です。
そして、2つめはまだ通れませんが、貫通はしています。
3つ目は計画のままです。

それで、その2つ目のトンネルと1つ目のトンネルをつなぐ工事がいよいよ始まるのです。

画像の図のトンネル左側が川にぶつかっているのが分かるでしょうか?
そこから先のトンネルは出来ているので、その間の川に橋を架けるのです。

この場所は塩原でも屈指の谷深さで、100mくらいの高さがあります。
従来の道路からでもこの渓谷を覗き込むと身がすくみます。

ここはがま石トンネルと並行している旧道『大正浪漫街道』の出口付近です。
大正浪漫街道の散策図の左橋は工事の拠点としてプレハブ小屋などが置かれたので、ここを通る際はご注意ください。
通行止めにはなりませんので、勇気のある方はこの谷深い渓谷を覗いてみてください。
※くれぐれも落ちないようにしてください。



塩原温泉 『東京で広報活動をしてきました』

IMG_20160621_142701

今回のブログは塩原の広報活動の一部をお伝えします。
昨日(6/21)東京で『記者クラブ外来発表』というものがありました。
簡単に言えば、色々な記者を招き、それぞれの県が観光PRをするというものです。

場所は東京にある『都道府県会館』。
都道府県会館には、ほぼすべての各都道府県の事務所が入っていて、情報発信等を行っている出先機関の集合体のようなものだと言えば良いでしょうか。

PRする県は関東甲信越の10県。
そのうち5県はその会館に入っている事務所の職員による案内で、
残りの5県は各県から観光関係者が赴き熱いPRをします。
前者を県発表、後者を外来発表と呼んでおり、外来発表がこの会のメインのようなものです。

今回、栃木は外来ということで我々は塩原のPRをしてきました。
※栃木からは他に湯西川と鹿沼もPRしました

ちなみに、外来発表は各県12分(5県で1時間の計算)。
栃木は3地区にプラスし、会館の栃木県事務所の職員による案内もあるので、全部で発表は4つになります。

ゆえに1地区3分です。

小学生のころ、3分間スピーチというものがありました。
その3分はとても長く、何を話していいか悩んだものです。
一方、外来発表は何日も前から何を宣伝しようか考え、資料を用意し、当日は朝から出かけ、帰りは夜になるという手間のかかる行事です。
その3分はとても短いと思いませんか?
なので、そりゃあもうどこの地区も気合を入れてPRしてきます。

IMG_20160621_143712
ゆるキャラを出してくる県もあれば、くのいちを出してくる県もあり、傍観する立場なら面白いイベントです。





そんな中、塩原は夏の目玉商品として、ハンターマウンテンの『ゆりパーク』を売り込んできました。

20160622165236-0001

さすがにゆるキャラやコスプレは出しませんでしたが、塩原Tシャツを着込んで発表してきました。
※画像はありません





IMG_20160621_133820
発表の後は情報交換です。
色々な記者や他の県の方々に塩原を売り込んできました。
まあ、売り込むというより、挨拶して楽しく話をしたといったところでしょうか。

それにしても、観光が大好きな私は他の県のPRを見て、どこもかしこも旅行したくなってしまいました。
これじゃ、売り込むどころか売り込まれたようなものですね。




















追記 

記者の方から写真を送ってもらってのでアップします。

25-IMG_1210

塩原温泉 『ニッコウキスゲ』を見ることができます

19
塩原の温泉街から車で約20分。
咲き競う植物たちの桃源郷。
塩原自慢の植物園、『上三依水生植物園』の情報をお届けします。

写真は6月20日のものです。
黄色い花は『ニッコウキスゲ』です。





19
こちらは『コマクサ』です。





無題
『青色ホタルブクロ』です。





無題1
『スイレン』です。


他にもたくさんの草花が見られます。
「マツムシソウ」・「青色ホタルブクロ」・「イワベンケイ」・「オダマキ」・
「コウホネ」・「ハマナス」・「ムラサキツユクサ」・「スイレン」・
「コマクサ」・「キョウガノコ」・「フウロソウ」・「タマガワホトトギス」・
「モモバキキョウ」・「ハナケマンソウ」・「ニッコウキスゲ」・
「アスチルベ」・「ホタルブクロ」・「ヤマボウシ」・「ウツギ」・他


また、ただ今、園内資料館にて写真展『ヒマラヤの青いケシとその仲間たち』を行っています。

豊かな自然あふれる園内、暑い日でも爽やかに涼しい楽園です。

ホームページで園内のライブカメラの映像を見ることができますので、開花状況の参考になさってみてはいかがですか。
ホームページはこちら←クリック。




Archives
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ