県道中塩原板室那須線(通称:塩那スカイライン)の紅葉の状況をお伝えします。こちらも中腹から山頂にかけてはずい分と色鮮やかになってきました。

 塩那スカイラインは、国道400号線の中塩原分岐部から約7kmほどが一般に開放されており、最終的には駐車場があって行き止まりになっていますが、高低差がなんと500mほどあって、車窓からの眺めがぐんぐん高い位置へと変わっていくのが本当に楽しい道なんです。この写真を撮った場所は終点にかなり近い場所ですが、標高はおそらく1,000mくらいのところだと思います。昨日の記事に出した日塩モミジラインでも、やはり1,000m付近を境に急に葉の色づきに急に変化がみられます。

今週末あたりには、さらに黄葉が進みそうですよね。ちなみに、写っている車は僕の愛車“ヴィッツ”君です。
 今日は夕方、AMラジオの栃木放送に出演して、塩原の紅葉の今の状況と今後の見込みについて案内をしました。「日塩モミジラインは今週末から今月いっぱいが良さそう」そして「塩原温泉街は11月5日の前後あたりがいいのでは」というお話をしてみました。紅葉の状況は日々変化していくので、予測というのはとても難しいですが、紅葉を楽しみに塩原温泉を訪れる人々のために、なるべく的確なアドバイスをしたいと思っています。
 最後に、今日のイチオシです。鮮やかな赤に釘づけになりました。