最初にご注意!これは10月22日の朝撮影したものですので、今日現在はもっと赤く黄色く色づきが増しています。
 標高990mの大沼。新緑が美しく、夏は涼しく、冬には一面の銀世界…どの季節に訪れても心を休めることのできる素敵な場所です。その沼を見下ろすように、高さ1,184mの新湯富士(あらゆふじ)。塩原自然研究路(ハイキングコース)が整備され、新湯温泉神社側から山を越えてくることもできます。

 この日は天気がとても良く、ハンターマウンテン塩原の山頂遊歩道を歩いてきましたが、その前に立ち寄ったのがこの場所でした。まだ少し紅葉の見頃には早かったのですが、僕が歩いたわずかな時間帯、風がほとんどなかったために息を呑むような鏡の世界が目の前に広がったのでした。
 この数日の冷え込みにより、新湯富士の紅葉はかなり良い状態になっていると思われます。そして大沼周辺も、11月初旬あたりにはぐるり360度の紅葉が見られるのではないかと期待しています。ぜひ足を運んでみてください。
クリックすると元のサイズで表示します