shioura_sのブログ

しんちゃんのカラクリ探検隊はカラクリ人形作家が発信しているサイトです。動くおもちゃ、からくり人形、ネイティブアメリカン、フットサル、旅行、映画を中心に探検するサイトです。

新刊 キッズペディア『もっと大図解』が送られてきました。

001今年も、年に一度のキッズペディアを我が家のポストで発見しました。長年表紙のイラスト造形を担当してきましたが、今回もこの造形を制作し始めた時期は、なんと連休前ですから完成までとても長くかかり、ようやく刊行される訳です。今回の表紙は二転三転案の決定が変わり、最終的にこの本の担当者と営業担当者などさまざまな意見が出されてようやく完成しました。これまではある程度自由にイメージさせていただき進行したのですが、、さてどうなるでしょうか、みなさんに喜んで手に取っていただけると良いのですか。中の記事もたくさんの発見があるとおもいますよ。
それから、以前出したキッズペィア『こども大図鑑大図解』の姉妹本として考えられています。

『まるごと家のなか絵本』電子書籍出版

14年ほど連載していた記事をまとめた本を出すことができました。アトムニュースというPR師です、アトムリビンテックという企業が出版している企業誌です。私はその中の数ページを担当していただきまして、すでに4〜5年になります。そのなかで人気があったページを再度編集し直して、目標として絵本のようなページ作りをこころがけ制作を進め、ようやく楽しい本が完成しました。もしお時間があったら開いてみてください、新しい発見がそこにあるかもしれませんよ。

『まるごと家のなか絵本』電子書籍出版
しおうらしんたろう5かぎ1

豊洲市場移転と大和寿司取材の思い出

img120いろいろあった築地から豊洲へと市場が移転しました。この報道を
テレビで見ていると大和寿司さんも豊洲に移転されたことを知りました。
今から10年ほど前に大和寿司さんを取材したことを思い出したので、取材記をブログにあげて記念にしようと考えました。
このときは築地の市場にあった大和寿司さんへ、夜中の1時に入れさせていただき、寿司やさんの丸一日をスケッチで取材したものです。寿司屋さんの掃除からはじまり、マグロの仕入れにも立ち会い、また購入した魚達の丁寧な下ごしらえを取材しながら、見えないところでこんなに手がかかっていたのかと驚きでした。img121そして夜中にも関わらず午前3時くらいからお客さんが押し寄せててきます。場内の卸のひと達が多いうのですが、時間とともに来店する人種が代わってきます、4時以降になると銀座の夜のお仕事を終えた人たちらしきで店内は混み合ってきます。私は板さんの邪魔にならないようにしながらも、手さばきや仕草を見逃さないように細かく観察したことを思い出します。
この当時テレビで『料理の鉄人』という番組が高視聴率を上げていたので、出版社としては街場の鉄人も取り上げても良いかもしれないとう発想から始まった企画、友人でもあるオフィスハルの後藤さんから、何店か取材して欲しいと頼まれた記憶が有り、そこでこの本が出版されました。
今はテレビを見ながら、機会があったら今度は客として豊洲の大和寿司さんを訪ねてみようと思っています。
img122img123img118

星野リゾート初体験

DSCN3143
浜名湖畔にある、星野リゾート界・遠州へ行ってきました。普通ではなかなか何度も泊まれる宿ではないので、今回は浜名湖といるレアな場所を選び、親族旅行をした来ました。お感じたことはやはり落ち着いた宿の作りと方針が感じあっれ、不思議なことに館内が騒がしくなく落ち着いていることに驚きます。でもたくさんの人が泊まっているはずなに、なぜか各場所にいっても静かでした。
お茶席体験や、ボート、温泉、美味しい食事など、一所でゆっくりと楽しめた休日でした。DSCN3146DSCN3155

ミスタードナッツのゴブリン・グラス

03ミスタードナッツがグラスのプレゼントをしていた時代、このグラスプレゼントののイラストを担当しました。そのほかパッキン付きにビンも有りました。
まだ美術学校を卒業したてで、この仕事をいただきチャレンジさせてもらった思い出もグラスでもあるので、引き出しの隅に
眠っていた物を引っ張り出して、今回はネットにあげることにしました。02
このゴブリンのイラストでマンガ、クライアントは「アメリカンコミックのような乾いた笑いが欲しい」との注文があり、その当時ネットは無いので、ファックスの前で本社ダスキン神戸だったかもしれませんが、何日もやり取りをし100案ほどもコンテを描き、決まったのがこの3.案でした。01

KARAKURI塩浦カラクリ作品集2018

1 ブログこの約20年間に創作してきた作品をまとめた作品集を出すことにしました。タイトルは『KARAKURI塩浦カラクリ作品集』kindle電子書籍にて信出版より120ページ¥564ーにて発売されました。カラクリ作品は、はじめ何もわからないまま見よう見まねで手探りしカラクリの動かすことを始めましたが、試行錯誤を重ねるうちに多くの作品が誕生し、また同じカラクリを創作する仲間に恵まれ刺激を受けながらも自分らしい塩浦カラクリを作り続けて来ました。これまでの作品数は大小取り混ぜれば約200点以上になるかとは思いますが、次なるステップのためにもこれまでの作品を愛でてあげようと思いまとめました。お時間がございましたらご覧ください、なおアマゾンプライム会員は無料で見られますが、他の方は電子書籍で見てください。
記事検索
プロフィール

シン

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ