やっぱりへとへと日記

白髪お爺ちゃんのたわ言にお付き合いいただいた方が
いるのにびっくりでした(笑)
カッコ笑い・・・ではなく、ここはきちんと感謝申し上げねばね。

現在の状況をご説明しますね。
ここ1週間ほどは一般道ではステアリングの重さの急な変動は起きて
おりません。
「ん?・・・さてはヤツも買い換えられる危機感を察知して改心した
のかいな?」などと楽観的な考えも浮かんだりして・・・・
「おし、休みの水曜日に高速道路を走行してSAで休憩して・・・の
パターンでステアリングの重さを再検証してやろうかいな」・・が火曜日
の事でありまして。

頂戴したアドバイスは至極まっとうなご意見でした。
ひとつは国産の大排気量のセダン、フーガ、シーマ辺りは値段も安い
静か、故障も少ないんじゃないですか?・・・との御説。
まさに!昨日カーセンサーで調べてみました。
確かに高くはなく、信頼性も十分にありそうです。
でもね、でもでも・・・・ジャガー菌に脳を犯されたこの私、
どうにもこうにもあの車体の厚み?ふくらみ?・・・ダメだわぁ。

もうひとつのご意見はメルセデスのEクラス、W211世代の後期はいいんじゃ
ないすか?値段も安いし・・・とのご意見も頂戴しました。
確かに!しかしね、W211は300Eを所有してたんです。
あの車は車体後ろの剛性不足か、リアサスペンションの煮詰め不足からなのか
不整路を走行するとリアから「ボコボコボコボコ」というドラミング音が
発生するのですね。
それに嫌気が差し手放しちゃった事があります。
W211ならば500E ?・・・あれならちょいと食指を伸ばしてもいいかな?
エアサスだし、排気量は余裕しゃくしゃくだし。
問題はどうしても運転が「オラオラ~~」系に陥るリスクを避けられない
って事ね(笑)

さてさて老人の朝は早い。
水曜日の午前5時に自宅を出発。
幕張インターから京葉道路、そこから東関東道、大栄ICから常磐道へ・・
守谷SAで休憩を取り、車に戻ってエンジンをかけ、「さ、どうじゃろかい?」
とステアリングを操作するとビックリ!!「やっぱり重くなっちゃう(笑)」
自然治癒は無いのね、車の場合はさ。
そこから店へ寄って精度調整をして帰宅しました。

車内でつくずく考えたのはこういう事でした。
すべてに完璧な車を追うから欠点にイラつくん。
You Tubeのベストカーチャンネルで、水野さんが評論していた新型アクアでも
右にハンドルを回した時と、左にステアリングを切った時のバランスが
おかしいとおしゃってました。
どちらかを余計に回さないと同じように回れない・・とね。
新車ですらかくの如きですからね、26年前の老婆のステアリングの重さの
唐突な変化もむべなるかな・・・・なのかなぁ。

思うに発生のタイミングは承知できているのですからね、SAで休憩後
極低速域でステアリングをグイグイと回して重さを乗り越えればOKなんだよな。
いずれにしてもダブルシックスの車検が今年の7月。
それまでに突然「恋に落ちるかもしれず」「落ちないかもしれず」・・・
ワカンネや。

絶世の美女でも片付けが全く駄目な人もいますやねぇ?
亡くなったカミさんもそうでした。
いや美女のほうではなく、片付けダメな方ね(笑)
してみりゃ全てに欠点のないモノなんて世の中ないのかもしれませんな。
問題はそれを甘受できるか出来ないかって点だわな。
私の場合は加齢と共に「車買い替えエネルギー」の減衰の顕著さを
認識しておる今日この頃ですわ・・・はあぁ~~~寂しいさみしい(笑)

それにしても「ジャガー菌」のしつこさよ(笑)

70095717453022052200100


ここでいう後半戦とは、「千葉県あいうえおRUN」というおバカ
ランニングのそれであります。
改めてご説明しますと、「乗り換えNEXT」というウェブサイトに
掲載されている千葉県内の駅名を、あいうえお順に辿るように走りましょう
という企画が進行中なのであります。

昨日降り立ったのが前半戦の最終駅「野田市駅」
東武アーバンパークライン、昔の東武野田線の駅ですな。
なにぬねの・・・まで終え後半は、はひふへほ、なのですが、駅はそれぞれ
こんな感じ・・・興味があれば地図で調べてみて、すんごい飛ばされっぷり
ですから。

「は」 京葉高速鉄道 飯山満(はさま)駅  難読ですな。

「ひ」 成田線  東我孫子駅  こんな駅あったんだ・・・

「ふ」 東金線  福俵(ふくたわら)駅  九十九里浜のそば!

「へ」 流山線  平和台駅  右から左上へ・・・遠ぉ!

「ほ」 内房線  保田(ほた)駅  左上から真下へ・・これまた!

ついでに言うと、保田の次が「舞浜」なんです。
平和台から保田まで走った道をまた戻る・・・のだけはヤダ!ってわけで
保田からのルートにはちょいとひねりを加えました。

それはね、海を渡るのだぁ!・・・モーゼじゃありませんよ(笑)
保田から千葉寄りにちょいと戻ると浜金谷、浜金谷には何がある?
へへへ・・・そう!東京湾フェリーがあるのだよ。
東京湾フェリーで対岸の久里浜へ渡って、千葉県あいうえおRUNなのに
神奈川県を走るという中々に興味深いルートを設定したのです。
ちょっといいでしょ?

実はこの東京湾フェリー、亡くなったカミさんとの初デートで乗船した
思い出がありまして。
鴨川シーワールドからの東京湾フェリーだったな、確か。
当時の愛車はフィアットパンダスーパー、FFのダブルサンルーフ・・・
ペッコペコの車体で風通しが良く、エアコンが全く効かないという
イタリアンな自動車でした(笑)
気が付けば30数年前の話なのかぁ・・・・・茫々としちゃうね。

昨日のRUNでは武蔵野線の東松戸駅までたどり着いております。
次回は飯山満駅を攻略後、北総線の小室駅までの予定なのだ~。


files20220414093010

大問題発生!なのであります。
いや実を言えば以前から気が付いてはいたのです。
何がって?
ダイムラーに良くない兆候が出るようになったのですわ。

それはね、こういう感じなのです。
高速道を一定時間運転して・・・「ちょっとトイレ」とSA
に車を停めますわな。
すっきりして車に戻りエンジンを始動。
車を動かそうとす、る、と・・・ステアリングがお・お・重い~
急に重ステになっちゃうのですよ。
これね、不思議なのは重くなるのは決まってステアリングを時計回り
に回した時のみなのです。
しかもある種の「重さの山」を越えると普通になっちゃう。

あれやこれや調べてみるとジャガー、ダイムラーはこのステアリング
ラック系が弱いらしいのです。
しかしステアリングポンプからの異音はなし、高圧ホースの漏れも
無し、発生はたま~に・・・・
たま~になのだけれど、最近は一般道でも「お!コンビニ寄ろう」と
時計周りにステアリングを切ると「お・お・重い」となっちゃうん。
なんだか最近は嫌な緊張感と共にステアリングを切るようになっちゃった。

木曜日でしたか、古いジャガーの整備では有名な神奈川県にあるショップに
症状を説明し、アドバイスを求めました。
しかし帰ってきた返答は捗々しいものではなく、実に奥歯にモノが挟まって
デンタルフロスを使っても取れない感じ?
ようするにハッキリとは言いませんけれども「そこは治し様がないです」
って事のようです。
どうりで購入店に数度メールで問い合わせても返答がないわけであります。

さあどうする!?

1・このままダイムラーを所有し続ける

2・危なくてしょうがないから車を買い替える

3・他の修理屋さんを調べて駄目もとできいてみる

以上の選択肢が現状では想定されるのですがね、皆さんならどうします?
俺?
決めかねてます。

1は40%、2も40%・・だけれどこれといった欲しい車が無い・・・・
3は残り20%だけれど完治の可能性はそう高くはないと思われ・・・・

どうすりゃいいのよこの私・・・・
なに?どうとでもすればいいって?・・・・・そりゃそうなんすけれどもね。
以前代車で借りたゼロクラウン、これが妙に気になるのです最近(笑)
安いしね、国産だから安心だし。
でも車に対する熱情は捨てないと所有する事は難しそうな車だよね。
亡くなった自動車評論家の徳大寺さんが「最後の車はクラウン」と
おしゃっていたそうですが、実際にはどうだったのでしょうね?

他人の不幸は蜜の味・・・・とばかりにアドバイスいただければありがたいです。
言っておきますけれど価格的に非常識な車を薦めるのは駄目です。
フェラーリ、マゼラッティー、ロールスロイスこんなのはハナっから対象外です。
安くて、壊れなくて、静かで、乗り心地が良くて、他人とかぶらないような・・・
そんな車、ねぇ~~かなぁ~~。

このページのトップヘ